« 一品持ち寄り女子会? | トップページ | 作日、京都にて。 »

京都にて。いろいろと。

 京都です。京都に来たと言ってもホテルにこもって、12時になったら講演に出かけます。さっさと原稿を仕上げてたら、どこか一か所にでも観光に行けるのに何て思いながら、相変わらずの怠け者でいるので、あとで苦しむことになってしまいます。
Dscn0832_1024x768 
 昨夜、診療を終えて遅い新幹線に乗って。新幹線は自由席はすごく混んでいて、やっと空いている席を見つけて、さっそくごはんを食べました。ごはんは新幹線のロビーで売っていた京寿司のアナゴとばってらの盛り合わせ。私はばってら好きです。1350円のが売れ残りだから1000円になっていました。さて、食事をしながらふとお隣を見ると、女性の前の袋におもしろそうな本が入れてあります。

「男女賃金差別裁判」のようなタイトルの雑誌です。つい、お声をかけました。おもしろそうな本ですねえと言うと、どうぞと、見せてくださいました。全国でたくさんの女性たちが賃金差別や昇進差別の裁判を闘っています。このようなネットワークもあるのだなあと思いながら、

「私も裁判をしたことがあるので・・・とってもしんどかったです。」と話しかけました。その方は、九州の大学の先生でした。それも、社会学、女性に関する研究をなさっている方だったのです。それからは、話が弾んで。女性行政、キャンパスハラスメント、性教育・・・さらには、宿敵と思ってきた許せない男のこともその方はよくご存じでした。思わぬ情報もいただきました。後で、私の裁判の本をお送りすることを約束しました・・・。

 なんと、本当にたまたま座った新幹線の席で、このような出会いがあることに驚きもし、偶然に感謝しました。それにしても、社会にはその先生だけでなく、頑張っている女性たちがたくさんいるですねえ。本当に勇気付られました。

 さて、京都について、すぐにまたまた「やまとの湯」です。京都のやまとの湯にはあかすりがあります。ホテルから予約をし、タクシーで飛んで行きました。露天風呂で暖まったあと、あかすりの部屋に行くと、

「あらまあ、また私だよ。」と、いつもの女性が私も見るなり言いましたよ。覚えていて下さるのですね。「四人も五人もいるのに、いつも私だなんて。」私は今回で三回目ですが、そのたびにその女性に当たります。ソウルから来て頑張っている女性。息子を日本に留学させ、その息子は京都のそうそうたる大学の学生です。その女性のあかすりの腕一本で、自分と息子の生活を支えています。

 時間をたっぷりのコースをお願いしたので、あかすりだけでなく、マッサージがすっごく丁寧で。裸に温かい蒸タオルをおいて、その上から、ごりごりと。また、裸に石鹸ですべらせながら細かくこりこりと。全身をマッサージ、顔もマッサージ、頭もシャンプーしながマッサージ。もう気持ちよくって、ついうとうとです。

 私が産婦人科医だということはもっうしゃべっていたので、一人の若いあかすりの女性から体の相談をされました。その話をした後、その女性が、私を見ながら、「やっぱりよく勉強している人は顔が違うねえ、きれいだわ。その笑い顔もきれい。」と言ったのですよ。

 この前介護保険の保険証が来て、あと二週間足らずで、老人の仲間入りするような年になって、そんな言葉は聞いていないし、もう縁がないものと思っていました。思いがけず、裸でいるときにそんなことを言われて、私、年甲斐もなくうれしくなりました。年を取ると顔は自分で作るもの。その人の生き様が顔に出るものと思っています。お世辞かもしれないけれど、その韓国の女性にそんなことを言ってもらって、すっかり元気が出ましたよ。

 今日は、京都府立支援学校の先生たちの研修会の講師です。障がいを持っている生徒の性教育。私は、専門ではなく日頃生徒たちと接している先生たちの方が、うんと分かっていらっしゃることと思っています。ただ、性教育の基本は一緒。先生たちのバックグラウンドをより大きく、深くするためのお役に立てれば、と思います。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 一品持ち寄り女子会? | トップページ | 作日、京都にて。 »

コメント

nancyこと松浦です。

先生は本当に美しいです。
私も結構イイトシになりましたので、
美しく年齢を重ねていくむずかしさを痛感。
先生は憧れですよ。

先日、中国新聞文化センターの講座の申し込みしました。
お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: nancy | 2012年3月22日 (木) 17時32分

先生良かったですね。時々天使が舞い降りて、素敵な人や素敵なメッセージをもらえることがありますよね。いつも頑張ってるご褒美に。あかすりの女性のかたは、内面をちゃんと見ることをきっといつもされているんだと思います。だから先生の美しさが一目でわかったんでしょう。素敵なお話です。私は先日、ある支援学校の先生とツーショット写真を撮らせてもらったのですが、憧れの人だったのでめちゃくちゃ緊張してしまい、コチコチのヘン顔になってしょんぼりしてしまいました、トホホ・・・。

投稿: スヌーピー | 2012年3月23日 (金) 06時31分

nancyさま
わあ、お会いできるのですね。張り切って準備しますね。彼の展示会、行けなくってごめんなさい。残念!!です。またの機会を教えてくださいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月24日 (土) 08時38分

スヌーピーさま
いつもありがとうございます。そうですね。一回しかない機会の写真がうまく写っていないと悲しいですよね。私もそんなことがたびたびあります。芸能人の方などは、何十枚も写した中で、一番いいのを掲載するそうですから。私たち素人が一回でいいお顔って無理ですよね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月24日 (土) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/54280840

この記事へのトラックバック一覧です: 京都にて。いろいろと。:

« 一品持ち寄り女子会? | トップページ | 作日、京都にて。 »