« 手紙① | トップページ | 高松に向かっています »

手紙②

  私たちは、「平和の夕べ」のプログラムとして、高齢化する被爆者の問題、被爆の原体験の継承をはかりながら、常に必ず原発の問題も欠かしませんでした。毎年、先生のお仲間でいらっしゃる、今中先生、小林先生たちに来て頂いてお話を伺ってまいりました。

 関連企画としては、毎年被爆電車に乗って電車内被爆者の実行委員の一人に話を伺うということ、さらに山口原水禁の企画に同調して、前日に上関原発予定地と祝島に行き、原発反対を頑張っている猟師さんたちとの交流も図って参りました。

 私は個人的には、上関、祝島、大分の地熱発電所、愛媛と島根の風力発電所、さらに広島県北の小規模水力発電所、島根原発などの見学に行き、また、これまでの被爆者運動の中での反原発の運動への取り組みなどの検証も行って参りました。

 そんなときに、あの大変な東電福島原発の事故が起こりました。

 昨年は漫画「はだしのゲン」の作者の中沢啓治さんのお話を伺いました。中沢さんは、チェルノブイリの被害者の甲状腺がんでもう直ぐ亡くなるという少女たちにも会っていらっしゃいました。

 さらに、この事故の前に8.6.での講演をお願いしていた小林先生に、この福島原発のお話しを伺いました。最後に私は質問をしました。「福島の子どもたちはどうなのでしょうか。そのまま福島にとどまっていいのでしょうか」と。
まだまだ大変な状況が続いている今、さらにこの問題を考え、行動しなければ、と思っています。

 そんな今、今年の8.6.には、どうしても○○先生のお話を伺いたいと、強く熱望しています。この前のKさんたちの会での中国新聞社ホールでの先生のお話は、必死で聞かせていただきました。

 さらに8.6.という広島にとってはとても大切な日に、ぜひ先生のお話を多くの方に聞いていただきたいと思っています。

先生には、沢山の講演依頼も殺到していることと思います。大変心苦しいのですが、どうぞ、先生には、私たちの熱い思いを汲んでいただきますように、伏してお願い申し上げます。

朗報をいただけますように・・・。

まだまだ厳しい寒さが続くことと思います。どうぞ、ご自愛くださいませ。

 2012年2月1日

                      河野美代子  』


Photo  そして、朗報をいただけました!! 今年の「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」の「平和講演」は小出裕章先生(京大原子炉実験所助教)です!! 小出先生のお話を直接聴くことができます。ああ、もう、ほんっとにうれしいです。私たちは、またまたこの日本であらたな被爆者を沢山作り出してしまいました。原発は、次々と新たな問題が起こり続けています。8.6.の広島で、原発について、さらにキチンと受け止めたいと思います。(この素敵な画像は、ネットから頂きました。)


 もちろん、まだまだ他の方たちへの出演の依頼へのお返事を頂いています。これから折を見て、順にご紹介しますね。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ


|

« 手紙① | トップページ | 高松に向かっています »

コメント

昨晩、広島から帰佐して 手紙①を拝見し、これは小出先生に違いない と思ってたら・・・やはり今朝、小出裕章先生! しかも 8・6に来て頂いて 講演して頂けるそうで 本当に良かったです。
 佐賀ではあさって2月11日です。
開場に入りきれるか・・・を心配しておられます。
 このブログを見てくださっている 皆さま 万障をくりあわせて 一度 小出先生のお話を聴いてみてください。 

投稿: yuumin | 2012年2月 9日 (木) 09時41分

河野先生いつも有難う御座います。
8.6のメインゲストがきまりましたね、お手数をかけました。

投稿: けいじ | 2012年2月 9日 (木) 09時54分

昨年、尾道にも小出先生においでいただき、ご講演していただきました。
日本の原発の現状がいかに大変な状況であるか詳しくお話ししていただき、尾道市公会堂は超満員で、みなさん熱心に聞き入りました。
その後も「フクシマから考える一歩の会」が設立されていて活動が続いています。
3月31日には肥田舜太郎先生がご講演に来られる予定です。
私もぜひお話しを聞きたいと思っています。
8月6日の小出先生のお話をぜひ多くの方に聞いていただきたいですね。

投稿: のぞみ | 2012年2月 9日 (木) 13時33分

今年も参加させていただきます。
小出先生のお話を直接聞けるなんて、嬉しいです。
会場は大丈夫なんでしょうか?

投稿: やんじ | 2012年2月 9日 (木) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/53938742

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙②:

« 手紙① | トップページ | 高松に向かっています »