« 講演録から。男の子の性教育その① | トップページ | 講演録から。男の子の性教育その③ »

講演録から。男の子の性教育その②

 昨日の続きです。今日は、包茎について。

『それから、包茎も大変です。美容整形外科での包茎の手術、今、全国でトラブルが起こっています。若者向けの雑誌には、包茎の手術の宣伝がいっぱい出ていますし、フリーダイアルで、相談に乗ってもいます。

 多くの若者が必死でアルバイトをして、大金を溜め込んで、受けなくてもいい手術を高額で受けて、その後遺症で悩む若者の存在が、思春期学会で問題になり初めて、もう13年以上になるでしょうか。今では、その手術の被害者の会というのもあちこちで作られていて、ネットで大切な情報を公開しています。一度包茎、手術、被害者でパンと検索してみてください。どわぁとでます。

 ひとつは、手術の方法ですね。包皮、皮を切りすぎちゃって、あとまだペニスも成長しますから、皮が足りなくなって、勃起したときに引きつって、セックスもできなくなってしまったという後遺症ですね。この手術の方法ともう一つは料金です。安いお金でつっておいて、患者さんが来たら、このお金だったらこの手術、このお金だったらこの手術、金額をどんどんどんどん吊り上げていって、法外な値段のローンを組ませて、というものです。

 今、全国の消費生活センターがこの仲裁に乗り出していて、東京都と熊本で和解が成立したというこういうデータも出ています。すごいですよ。包茎の手術。120万とか150万とか180万とか200万とか。そんな値段で。

 だから、いいですか、ペニスは日ごろは皮をかぶっててもいいのですよ。皮をかぶってても、手を使って皮を引っ張って頭の部分が出てくればそれでいいわけだし、勃起したときに、頭が出てくれば、それでいい。今はまだでも、君たちはとにかく毎日、お風呂に入ったとき、ひっぱりなさい。ひっぱって、ちゃんと石鹸で洗って、戻しておくという。それを毎日毎日していたら、だんだんと広がってくるからと。これは、性教育に取り組んでいる泌尿器科のドクターにそう習っていました。

 ところが、そう言ってたら、一年ちょっと前くらいに大阪での家族計画協会の、家族計画指導セミナーで、私は講師していたのですね。その時に、他の講師の話を聞いててびっくりしたのです。私は当時一日一回お風呂でひっぱりなさいと言っていたら、その先生は毎日毎日トイレに行くたびに引っ張れって。おしっこするたびに引っ張ってしろ、毎日四回でも、五回でも引っ張っていたら、そのうちずっと亀頭が出るようになるから、と言われてて、あ、そうだったのか私は甘かったな、と気づきました。それから私もそういうふうに言うようにしています。

 もし、くっついたりしていて、全然広がらなくて、おしっこがでる穴しかあいてないというような時には洗えないので、垢がたまって、赤くなって、痛くなって、亀頭包皮炎といいます、その炎症を繰り返すようだったら、そんな人は、もしかしたら手術を受けたほうがいいかも知れないね。そういう人だけは。

 そういう人は美容整形外科のフリーダイアルに電話したりしないで、泌尿器科に行って診てもらってください。もし泌尿器科で手術をしたほうがいいよと言われたら、どこで手術を受けたらいいですか、ということをそのドクターに尋ねなさいと。今はほとんどの泌尿器科で手術をしてくれていますから、ということも伝えておきます。

 本来なら、こういうサイズや包茎については、子どもがまだ小さいうちに、ペニスも発育しないうちに、子育ての中でちゃんと伝えておかなければならないものなのですよね。でも、どうも日本の大人たちはこんなことに無頓着で、だから、なんにも知らない、教えられないままに思春期になり、悩むのですね。思春期の悩みというのは、大人になったときに、なぜこんな小さなことであんなに悩んだのだろうと思うくらい、些細なことが増幅されます。ペニスの悩みが時には自殺を考えるほど、大きな悩みになったりするのですね。

 だから、今、こんな話を君たちにするのは、悩んでいる人がいたら、悩まなくっていいんだよ、と言いたいのと同時に、君たちだっていつかは大人になり、多くの人は親になるだろう。自分が親になったときには、こんなことをちゃんと自分の子どもたちに伝えられるような、そんな親になってね、という願いをこめて話しているんだからね、とそう言います。』


2011_12150005昨日は万葉中学の三年生に話をしました。素敵な建物。そこのランチルームで机を取っ払って話しました。もう、体育館だと寒いので、暖房があるところで、という配慮がうれしかったです。生徒たちは、静かに、真剣に話しを聞いてくれました。

 広島に帰って、郷ひろみのディナーショー、もう、息が詰まりそうでした。また詳しい報告は、このシリーズが済んでからお話ししますね。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ


|

« 講演録から。男の子の性教育その① | トップページ | 講演録から。男の子の性教育その③ »

コメント

男の子を持つ親として、なにも分からずで、きっちり勉強させていただきました!!!この記事にこのシリーズに感謝!!
カンの赤みも塗り薬のおかげか、きれいに治りました。
今では、自分で皮ひっぱってます(笑)
子供が成長していく過程で、ちゃんと親が子供に伝えなきゃいけん事、ここでしっかり勉強します(・∀・)♪+.゚みよこ先生、ありがとう!

投稿: コガッチ | 2011年12月16日 (金) 11時29分

昨日の
講演会ありがとうございました
私は悩みがあったけど
ちょうど良いタイミングで
先生が話してくださったおかけで
解決することができました!
来年も来ていただきたいです(*^-^)

投稿: 北陸の黒い弾丸 | 2011年12月16日 (金) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/53495282

この記事へのトラックバック一覧です: 講演録から。男の子の性教育その②:

« 講演録から。男の子の性教育その① | トップページ | 講演録から。男の子の性教育その③ »