« 台湾の漢字 | トップページ | ソウルです。 »

道上文和先生が亡くなってしまって。

2011_11260001 またまた、大切な人が亡くなってしまいました。
 昨日診療後四方先生を乗っけて光市へ車を走らせました。光の産婦人科の道上先生が昨日急に亡くなったと、信じられないような知らせを頂きました。

 道上病院は、私も四方先生も何度も当直や外来に行った大好きな病院です。大きくてきれいで、スタッフはみんな優秀で仲よくって親切で、ホテルのシェフだった方が作るご飯はむちゃくちゃおいしいし。なにもかも素敵な病院です。お産の費用も安いし、広島からでも産みに行く人がいるくらいです。

 道上先生はまた、背が高くてハンサムでやさしくて、大変人気がある方でした。

 その前夜まで、今度また増築する話しをしていて、そして朝突然具合が悪くなって、救急車が来たときには、もう心肺停止状態だったと。あまりに急でした。先生は、いつも病院に泊まりこんでいて、家に帰るのは、年に数日だけだったと。沢山のお産を扱って、いつも過労でした。きっと先生の突然の死は過労死に違いないと思います。

 お通夜は大変な人で、部屋にはとても入りきらず、隣の部屋で大型画面で撮影してそれを見ている状態でしたが、それでも入りきらず、私たちも立っていました。先生の人徳だと思います。皆さんだれもがお元気いっぱいだった先生のあまりに突然の死が信じられないことでしょう。

 お嬢さんはまだ医学生です。スタッフは皆さん大泣きで、本当に痛々しい限りでした。

 私は今日のお葬式には参列できません。昨日、無理してでも行ってよかったと思いました。お世話になった先生にお別れが出来ました。

 今日、私はちょっとソウルに行ってきます。どうしても出席したい会があって。朝の飛行機で行って、集会にでて、その後懇親会などで深夜まで。明日帰ります。明日の月曜日の外来は四方先生が来て下さいます。暖かい台湾と違ってソウルは寒そうです。今回初めて一人で行きます。何回も韓国には行っていますが、一人は初めて。ちょっと不安かな?空港からリムジンに乗ってホテルへ。後は地下鉄です。出来るかしら。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 台湾の漢字 | トップページ | ソウルです。 »

コメント

おはようございます。
昨夜は大変な事が起きたのですね。
そして今日はソウルにと先生もお身体大変と思いますがよろしくお願い致します。
オンニョさんもお待ちです。
約束頂いた韓国での朗読会に出席して頂いて申し訳ない余り感謝で一杯です。
有難うございます。
お帰りになったら又お話聞かせてください。
オンニョさんにもよろしくお伝え下さいね。

投稿: 原っ葉 | 2011年11月27日 (日) 06時23分

里帰り出産で、2人の子をみちがみ医院で出産しました。
このブログで初めて道上院長の訃報を知りました。
里帰りの間だけお世話になったに過ぎない私でも、ものすごくショックです。
道上先生は、いつも気さくで陽気で穏やかで・・・。
ほんの数回診察と回診でお世話になっただけなのに、そのほんの数回の会話の一言一言がとてもココロに残っています。
産前は不安がる私に「大丈夫、大丈夫。ちゃんと診ますから。楽しいお産をしようね」
陣痛時の内心では「あれ、これもう生まれちゃうよーーー♪」
産後は、下腹引っ込めエクササイズの仕方を。
ものすごく忙しくて疲れていらっしゃったでしょうに、きっと病院を訪れるすべての人に、同じトーンで温かく丁寧に、楽しく接していらっしゃったのでしょうね。
施設サービスは極上で、低価格のみちがみ医院で出産したことを、広島ではいつも自慢しています。
道上先生にはもう感謝の気持ちでいっぱいです。
とにかくショックで信じられない気持ちでいっぱいですが、天国でゆっくり休んでいただけますように。
河野先生も、とてもとてもお忙しいでしょうが、くれぐれもお身体には気をつけてくださいね。

投稿: たすか | 2011年11月27日 (日) 22時21分

私は去年みちがみで息子を出産しました。40時間かかり子供の心肺も弱っていましたが無事に産む事ができみちがみ先生には感謝しております。人当たりもよくひょうひょうとした先生で大好きだったので病院の雰囲気も好きだし、小児科もずっとみちがみに通っていました。
ママさん友達から訃報を聞き信じられなかったのですが…今ブログを読ませて頂いて死を実感しました。とても悲しいです…私も中に入れなくてもよかったから先生に感謝の気持ちも込めお別れしにいけばよかったかなと今後悔してます。先生のご冥福をお祈り致します。

投稿: ゆうママ | 2011年11月27日 (日) 23時29分

道上先生の急逝の知らせは本当にショッキングなニュースでした。私は今年の1月に5人目を出産しました。道上病院で5人ともお世話になりました。特に5人目を妊娠した時、高齢と人数も今どき5人も育てるなんてと実家の父母、主人の両親とも冷ややかな反応で私も体力的に不安も落ち込んでいた折、道上先生の「おめでとう!これからの日本をになっていく大切な子供だから、上の子もいるから大変だろうけど頑張ろうね。不安な事があったらなんでも言いなさいよ。体を大事にして休める時は横になる!」と本当に喜んでくださるその言葉に勇気付けられ思わず泣いてしまいました。おかげさまで、現在も育児に奮闘できているのに。
道上先生にお会いするとほっとして温かさをたくさんいただいて、感謝感謝でありました。これほどの先生に出会えたのは本当にありがたいことです。でも、私以上にご家族の方やスタッフの方々の悲しみははかりしれないものがあります。どうか道上先生のご遺志を継いでいただいて、これから産む妊婦さんの心のよりどころとしてこれまでどおりの道上病院を存続していただきたいです。河野先生どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: のんママ | 2011年12月 2日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/53343065

この記事へのトラックバック一覧です: 道上文和先生が亡くなってしまって。:

« 台湾の漢字 | トップページ | ソウルです。 »