« キャンパス・セクシャル・ハラスメント全国ネットワーク全国集会 | トップページ | シンポジウム「大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育」 »

スクール・セクハラについて・続き

 昨日の続きです。亀井さんの配布されたプリントの最後には、次のように書かれています。

『 「二次被害は一次被害と同等の加害行為である」

 数々の二次被害をもたらす言葉が使われ、被害者は周囲のあらゆる人間関係から孤立させられていくことになります。
 被害者であるのに、まるで加害者であるかのような扱いをされて多くの被害者は口を閉ざしてしまうことに繋がっていきます。何よりも性暴力であるセクシャル・ハラスメントという問題を理解し、被害者がそれ以上つらい思いをしなくていいように、被害を相談でき受けとめられる社会に育っていくことを願います。』

 その二次被害の続きを転載しますね。

《保護者や教員が教育委員会に相談した時》

・子どもさんが作り話をしていることも考えられますよ
・校長先生は立場上、そんなことはしないでしょう
・いくらなんでもそんなことまでしないどしょう
・大変なことがおこりましたね、では校長先生に確認してもらいましょう
・児童生徒は商品みたいなものなので手を出すなと一追う指導はしています
・腺腹の防止規程を下さいと言うと→校名・名前・使途を書くように言われた
・親子間のコミュニケーションが取れていないから子どもが注意を引こうとしている
・未だそんなことを言っているんですか、校長からは『何もしていない』と担任は言っていると報告が来ています。何かの勘違いでしょ

《職場で教職員が告発した時》

・そんな重箱の隅をつつくようなことわしていたら職場がギスギスするだけ
・細かいことを言ったら教育は何も出来なくなる
・あいつは(被害者は)○○先生のことがすきだと言ってたから、自分から誘ったのではないか
・最近、○○先生から厳しく指導を受けていたから仕返しかも知れませんね
・べつに、大したことはないでしょう。レイプされたわけでもないんだし
・単にスキンシップのつもりでしょう
・あれは、補助ですよ。そんなことを言われたら補助もできませんね

《加害者が同僚や管理職から事実を聞かれた時》

・そんなつもりはなかった
・イヤだったらイヤだと言ってくれたらよかったのに
・スキン・シップ、愛情表現、指導、補助・・・抗弁として
・可愛がって何が悪い
・そんなことを言われたら、何も出来ないですよ

《保護者間》

・そんな小さなことに目くじら立てなくてもいいのとちがう
・あなたがこんなことを言ったから○○先生は辞めさせられた。あの先生が大好きだったのに
・離任式には、花束を持っていくわ
・大したことではないのに、先生が気の毒ですね

《生徒間》

・あなたのせいで、大好きな先生がいなくなった
・おまえがつまらないことを言ったから先生は転勤させられた。どうしてくれるの。謝れ!
・大切な顧問がいなくなって部活ができなくなった。お前のせいだ!

《公的機関の相談員》

・学校の先生は、辞めて欲しい生徒にそんなことをするんですよ、だからあなたが辞めればよかったの
・進学校は体育会系の先生が多いから体罰だって、セクハラだってやるのよ
・そんなことをする先生は特殊に人だよ
・訴えたらあなたに何かしてきそうよ、泣き寝入りしておく方がいいね
・学校は難しいから何もできない、訴えてもダメよ
・教育委員会には言わないほうがいいね

さらに、亀井さんのお話は性教育の必要性も話されました。

 性教育をすることで、性被害の知識を持つこと・・・セクハラ・痴漢・強姦など
     男子の被害もあることも

 防止教育の視点   被害を受ける側 加害行為をする側

 強姦神話の常態化に歯止めを(たとえば強姦は衝動的な行為であるという神話、実際は通報された強姦事件の 四分の三は計画的なものであることなど)

 さらに現代のネット被害にも言及されました。性被害が報道されると、必ず被害者に問題があったという書き込  みなど、被害者の誹謗中傷がなされ、それによって被害者が傷つけられていきます。

このような講義を受けて、私も深く同意しました。

さて、全国集会の午後のシンポジウムについて。私は、とても残念なことを報告しなければと思っています。明日そのことを怒りと悲しみをもって書きます。

2011_09050003昨日、音♪さんの皮の作品展に行きました。バッグがすんごっく素敵!!そこでランチをしました。お勧めですよ。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ


|

« キャンパス・セクシャル・ハラスメント全国ネットワーク全国集会 | トップページ | シンポジウム「大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育」 »

コメント

わぁ~ありがとうございますnote
先生お忙しいのにいらしてくださったのですねhappy01
飽きっぽい私が若い生徒さん達に混ぜてもらって
まだ続けていますcoldsweats01

セクハラ先生が身近にいました。
悔しいけれど今もどこかの中学校で
普通に教師の顔でいると思いますsweat02

投稿: 音♪ | 2011年9月 6日 (火) 14時29分

音♪さま
展示会、よかったですよ。あの大きいバッグ、姉がほしがっていました。展示だけとなっていたのが、ザンネン。とても軽いのは、あれは何の皮ですか?また会ったときに教えて下さいね。セクハラ先生、今も子どもたちが被害に合っているのでしょうか。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年9月 9日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/52659541

この記事へのトラックバック一覧です: スクール・セクハラについて・続き:

« キャンパス・セクシャル・ハラスメント全国ネットワーク全国集会 | トップページ | シンポジウム「大学生とセクシャル・ハラスメント、加害者を出さない教育」 »