« いつまで仕事を続けるのか。 | トップページ | オンニョさんの詩「ふるさと」 »

手作りするということ。


2011_072300012011_08210001

 ここのところ、定期的にお会いする方です。いつも手作りの服を着ていらっしゃいます。ほとんどが古い着物、時にあまり布なども駆使してのリフォームだと言われます。帽子もおそろいで作っていらっしゃいます。いつもいつもあんまり素敵なので、写真を撮らせていただきました。ブログでアップすることもO.K.して下さいました。

 この方は75才です。とても若々しくて素敵で、お会いするのが楽しみです。私は、着るものでも食べるものでも、こつこつと手作りをして楽しんでいらっしゃる方が好きです。自分もそうありたいと思います。

 振り返ってみれば、私の母もそうでした。家に帰ると、いつも机に布を広げてあれこれ考えながら、布を切ったり縫ったりして、姉と私と妹の三人姉妹の服を作ってくれていました。時には編み物でセーターやベストなどを編んでくれていました。

 今となったら、これは母の楽しみでもあったのだということがよくわかります。私も、そんな母の影響か、小さいときから編み物をしたり手芸で財布やお人形やバッグを作って使っていました。一人目の子どもが生まれる前には、あれこれ手作りして生まれてくるのを待っていました。

 今、私はさっぱりそれらのことが出来ません。いつかは私も、と思いながらぜんぜん出来ません。だから、自分でお洋服を作って着ていらっしゃる方をとても尊敬し、うらやましく思います。だったら、すればいいじゃないと自分でも思うのですが、、、。いつかは、ね!!

 昨夜は親しい方の就職のお祝いの会でした。久々に、何年ぶりかでカラオケを歌いました。楽しいひと時でした。皆さんお上手で、私も練習してレパートリーを増やしたいと思いました。

 今、明日が締め切りの原稿に追われています。八月で学校での講演がないのを感謝しながら、クリニックにこもっています。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ


|

« いつまで仕事を続けるのか。 | トップページ | オンニョさんの詩「ふるさと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/52563310

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りするということ。:

« いつまで仕事を続けるのか。 | トップページ | オンニョさんの詩「ふるさと」 »