« さよなら釜山 | トップページ | 釜山のチャガルチ市場。 »

釜山のご報告。

 昨夜は午後7時に博多港に着き、それから車で午前0時半に家に着きました。一週間前の11日の夜に家を出て、ほぼ6日間出かけていました。家に猫がいる間はこんなことは出来なかったのですが、今は誰も家で待っている人はいません。

 たった一泊二日の釜山でしたが、その分ぎゅーぎゅーに詰め込んで楽しんで来ました。

2011_08150005 着いてすぐにホテルまで行き、チェックインまで荷物を預かってもらって、近くであわび粥を食べ、歩いてホテルの周りを散策しました。丁度行った日は韓国は光復節。日本の支配から解放された祝日です。ホテルの周りはとてもにぎやかで、すでに屋台も出ていました。屋台はソウルと少し違って天ぷらとキンパ(のり巻き)が多く出ていました。美味しそう!空腹だったら買って食べるのですが。

 二時のチェックインを済ますとすぐにタクシーでヘウンデの温泉へ。山の上のあるVESTA。お風呂から釜山の海が見えて、とてもきれいでお気に入りのお風呂です。そこも祭日でとてもにぎわっていました。前回来たときよりもリニューアルされて浴室ももっと広くなって浴槽は五つ。私が以前すべって転んで肋骨を折ったヒノキ風呂ももっと広くなっていました。冷たいプールでは子どもたちが泳いでいます。ここは地の人が主で、日本語は全く聞こえませんでした。

 そこでアカスリをしてもらいました。今回はフルコースで、マッサージやパックなども、体のすべてのメンテナンスをお願いしました。アカスリのベットに横になろうとすると、そこのリーダー格のおば様に「お久しぶりでございます。」と挨拶されてびっくりしました。よく覚えていて下さって!

 頭も顔も丁寧にマッサージをしてもらって、顔はキューリのパックがひんやりと気持ちよくって。体中にはパフェのようなとてもおいしそうなクリームが全身に塗られたり。何度もお湯をかけたり、こすったり揉んだり。特に、きっとミントのオイルだと思いますが、それを全身にぬった後に熱いくらいのお湯につけたタオルで全身を包まれ、その上からマッサージです。暖かいのにスースーして、不思議な感覚でとっても気持ちよくって。

 初めてなのですが、今回はオッパイもむんずとつかまれて揉まれました。子どもを生んだ後のマンママッサージ以来ですね。今でもオッパイをもまれると痛いということがよく分かりましたよ。

 長時間のアカスリとマッサージで何だか大運動をしたように疲れてしまいました。体も顔もすべすべ、しっとりです。

 その後サウナが沢山あるフロアにいきました。多くの家族連れやカップルがごろごろしています。夫はすでにそこでぐっすりと眠っていました。夫もアカスリとマッサージをしてもらったそうです。写真はそこからガラス越しに外の海を写したものです。

 そのフロアには食堂もあります。私はこれも楽しみのパッピンス、カキ氷を買って四人で食べました。

2011_08150006 スプーンはカレーを食べる大きいものです。果物や小豆やお餅などがどっさり入っています。大きくて、四人で食べても精一杯です。これで5000ウォン、400円弱です。

 このフロアには、周囲にいろいろな温度のサウナ、汗蒸幕や酸素部屋やインターネット部屋などもあります。皆さん一日中ふろに入ったり昼寝したり、ご飯を食べたり、ごろごろとゆっくりするのですね。

 そこからまたタクシーで一旦ホテルに戻って、今度はチャガルチ市場にいきました。

 先ほども言ったように、光復節で、タクシーではラジオがニュースや特集をしています。当然ではありますが、日本がしきりに出てきます。イルボン、イルボンと言っています。特に、今注目の竹島、独島のことを言っていますが、私の乏しい語学力では、よく分かりません。何だか、申し訳ないような、縮こまるような思いでしたが。たった一つ、韓国と日本は過去いろいろあったけれど、今は友好関係にあるという人もいたと思います。そう聞こえた時には、ほっとしました。

 チャガルチ市場での大ご馳走、また明日報告しますね。

 


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« さよなら釜山 | トップページ | 釜山のチャガルチ市場。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/52498483

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山のご報告。:

« さよなら釜山 | トップページ | 釜山のチャガルチ市場。 »