« 敦賀市長の講演と前福島県知事のブログ | トップページ | 8.6ヒロシマー平和の夕べーのご案内② »

8.6ヒロシマー平和の夕べーのご案内①

Img206_2

広島の8月6日、毎年行っているーヒロシマ平和の夕べーのご案内のプリントが出来ました。

 今年も早くから取組んでいましたが、今年はより意義のあるものになりそうです。

 メインのお話しは、まんが「はだしのゲン」の中沢啓治さんにお出いただけることになりました。これまでいろいろと中沢さんのお話をうかがって来ましたが、ゲンは中沢さんそのものです。中沢さんは、ゲンと全く同じくあの原爆で、お父様とお姉さまと弟をなくされました。ご自分は、本当に偶然が重なって、奇跡的に命を取り留めることが出来ました。

 妊娠中のお母様も、漫画と同じく、被爆のショックでその日に道端で赤ちゃんを産みました。その赤ちゃんも、やがて亡くなしってしまいます。

 住むところも失い、食べるものもない中で、中沢さんはそれでも必死にたくましく生きてこられました。

 先日のブログに書きましたが、中沢さんのインタビューのドキュメントDVDができました。

 その中で、弟が玄関のところで、おもちゃの船を持って「ジャンジャン、じゃがいもさつまいも」とうたいながら遊んでいたこと。だから、玄関のところでつぶれた家に頭を挟まれて、そのまま焼け死んでしまったこと。お父様とお姉さまと、弟の頭の骨を掘り出したときに背中が何ともいえない、ぞーっと寒くなったことなどを語られています。

 また、小学生だった中沢さんは、あの原爆ドームがかっこうの遊び場であったこと、ある日遊んでいて、先輩がそこから落ちてしまい、以後そこで遊ぶことを禁じられてしまったことなどをも語っています。すべてゲンは中沢さんそのものです。

 中沢さんは、昨年、肺がんの手術を受けられました。その後病状が悪化し、危篤状態にもなりましたが、奇跡的に回復されています。

 この会8.6平和の夕べで話していただくことをお願いすると、すぐに、喜んで了承して下さいました。中沢さんは、「それまで生きていますから。」と笑顔で言ってくださったのです。

 皆様の前で、私がインタビューをする形でお話しを伺う予定です。

 どうぞ皆様、今年の8.6には、ヒロシマへ。そして午後3時半から広島YMCA・国際文化ホールに集まって下さいますように。ほかの出演の方々については明日、またお話しますね。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 敦賀市長の講演と前福島県知事のブログ | トップページ | 8.6ヒロシマー平和の夕べーのご案内② »

コメント

今年の8・6には 参加できるように頑張ります。中沢さんのおはなしをお声を聞きたいです。私の2歳だった姉は 母のお手伝いで 玄関に味噌汁にいれる ジャガイモをとりにいってて 「ピカ・ドン!」 屋根の梁が落ちた出来た小さな区間に守られたて 今なお生かされています。母のお腹にいた私も無事に生かされてる意味を思う時 「未来の子ども達に 解決できない放射性廃棄物を残す原子力発電は もう止めなければ」と。あの世に行って原爆で亡くなられた沢山の方々に 会わせる顔がありません

投稿: yuumin | 2011年5月10日 (火) 11時36分

広島で小学生~思春期まで過しました。
こどもながらに、原爆は怖く、
たいして事情もしらない果敢な時期にいやというほど映像を埋め込まれ、つらく苦しい子供時代でした。結構まじめに受け止める性格だったのもあってか、毎晩原爆の映像にうなされていました。
正直・・・それはイヤでした。苦しく、吐いていた時期もあります。大人になった今も、夏になるとうなされています。
みんながみんなそうではないと思いますが・・・つらくなる子供もいるのです・・・。

そして、大人になり驚いたのは、そういう原爆の教育をされるのは広島と長崎のみ。
他の県の学校ではそんなのしません。
少しだけです。
他の県にとっては、他県の過去なんです。。。

しょうがないのもあるかもしれない。
私だって、東京大空襲だって、詳しくは知りません・・・。
人間は、目先の利益や楽に走ってしまいがちですよね・・。原発だって同じです。
何もしらない若く、他県のものが意義を唱えていますが、実際にその当時の人の流れを知っている人は、自分たちも利益にあやかってしまったので、声を大にして反発は言えないと思います。

すぎたことは仕方ないです。
これから、他人事ではなく、日本全体でみんなが考えられるように発信があればいいと思います。
フランスのサミット対策で、浜岡原発を止めた首相。真意はどうであれ、止めたことには変わりないので、いいのですが、東京のいらないネオンや垂れ流し電気のために、地方がまた苦労することはなんだか、悲しいです。

投稿: A | 2011年5月10日 (火) 19時47分

先生、行きます!

投稿: アン | 2011年5月10日 (火) 21時42分

Yuuminさま
ぜひぜひいらっして下さいませ。来てくださったらとても嬉しいです。できればフロアーから発言して下さったらみんなよろこびます。ヒロシマの胎内被爆者で、玄海原発のプルサーマルに反対の運動をしている、その立場から。ダメでしょうか。発言はダメでも、お会いできれば嬉しいです。ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年5月13日 (金) 16時43分

Aさま
いつもコメントありがとうございます。ええ、平和教育は段々されなくなって、今では広島と長崎くらいになってしまっています。私は平和教育と人権教育と性教育はその根はつながっていると思っています。すべて命を考えることなのですね。原発については、他県の若い人は何も知らないで異義を唱えているとは限りませんよ。若い人でも、彼らなりに考えているのではないでしょうか。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年5月13日 (金) 17時16分

アンさま。
ありがとうございます。来られたら、ぜひお声をかけて下さいね。直接お会いできたら嬉しいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年5月13日 (金) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/51615130

この記事へのトラックバック一覧です: 8.6ヒロシマー平和の夕べーのご案内①:

« 敦賀市長の講演と前福島県知事のブログ | トップページ | 8.6ヒロシマー平和の夕べーのご案内② »