« このごろ食べたものです。 | トップページ | 講演の準備完了です。 »

「知事抹殺」

2011_05160002  やっと読み終わりました。なかなか手に入らないと友人に聞き、いつかは読みたいと思っていました。ところが、佐藤栄佐久さんのブログを読んで、重版されたことを知り、ゆめ書房のはるめさんに電話で取り寄せをお願いし、早速に届けて頂きました。

 何と、何と。読みながら、何回涙したことでしょうか。福島県民を守るために、これほどまでに巨大な権力と戦い、ついに力つき、でも、今なんとか踏ん張って生きている人がここにいる。私は今、深い感動に包まれています。

 読みながら、様々な思いが湧き上がって来ました。権力と闘うということが、どれだけ大変なことか。さらに、東京と地方、原発への思い、家族、部下、県民への深い愛情。一面、こうして日本の原子力政策は続けられてきたのだと、あらためて怒りが湧いてきます。

 うわあ、これは!としょっぱなからびっくりしたのが、プロローグです。まず、これに打ちのめされ、ああ、早く読みたい!と気持ちがはやりました。そこの一部だけ引用します。

『 福島県会津の山間部は、豪雪地帯である。

 この地方に伝わる習慣に「墓碑標」がある。

 地方では「墓印」と呼ばれているが、冬、この一帯は墓地の場所がわからなくなるぐらいに雪に埋もれてしまうので、墓のある場所に積もった雪に、長い杉の細木を刺すのである。雪に刺さりやすいように、枝はすべて落とされているが、先端だけには葉を残しておく。積もった雪の上に杉の葉が出ているので、見つけやすいのである。

 積雪地帯では、雪が積もっているときには墓参りはしない。

 では、いつ役に立つのか。

 その墓をもつ家に、死者が出た時である。墓碑標のあるところを掘っていけば、墓が出てくる。昔は土葬をしたので、墓を雪から掘り出した後、さらに墓穴を掘るのである。

 だから墓碑標は、亡くなる人が出そうな家が立てる。しかし、その家の老人が自ら「立てておいてくれ」と頼むことも多いのだそうだ。(略)

 有権者の信任によって生かされてきた私は、死んだ。(略)

 ここに墓がある。

 本書は、私をめぐる、たくさんの「墓碑標」の物語である。』(引用終わり)

 これだけで、もう涙が出そうです。多くの人に読んでいただきたい本です。

2011_05170002  昨日、浜松から木製品が届きました。今回の講演会を企画して下さった中学の先生は、浜松の中心部から二時間もかかる山奥の学校に勤務していらっしゃるそうです。

 その先生のお友達に、このような木製品を作る方がいらっしゃるのだと。いいにおいのするヒノキの積み木、きれいに面取りがしてある立方体が百個入っています。臼と杵。洗濯板。お椀と箸置き。何と素敵な!積み木は早速クリニックの待合室のキッズコーナーに置きました。子ども達が遊んでくれるでしょう。臼と杵は、どう使おうか、考えています。お餅をつきたいなあ、と思っているのですが。

 とっても嬉しいのですが、恐縮してしまいました。ありがたいことです。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« このごろ食べたものです。 | トップページ | 講演の準備完了です。 »

コメント

先生、またまた凄い本をご紹介くださいまして、ありがとうございます。
私も早速取り寄せて読んで見たいと思います。

AERA(アエラ)の臨時増刊「原発と日本人」100人の証言 「それでも原発は必要か」を今読んでいます。
私の友人が当時福島医大に入院しており、彼の証言もよせられています。
多くの人の意見が掲載されていて、いろいろと考えさせられる内容です。

投稿: のぞみ | 2011年5月18日 (水) 19時22分

「知事抹殺」本日入手いたしました。
私の来週の読書予定本です。
いい本のご紹介ありがとうございました。

投稿: shiozy | 2011年5月18日 (水) 21時30分

PRAY FOR JAPANは読まれましたか?講談社から出版された被災後のtwitterをまとめた本です。一読してみて下さい。

投稿: ひさまつ | 2011年5月19日 (木) 02時44分

これがあの検察の証拠偽造との噂のある事件のですね。
この間あったのは、初めてではなく先輩検事の真似をしたのに、幼稚だからバレただけなんでしょうね。
この本を読みたいなら、ゆめ書房さんに申し込むんですね。
連絡先は、shiozy さんのブログのリンクから?

投稿: やんじ | 2011年5月19日 (木) 06時31分

知事抹殺は真実だと思います。それは東京電力と自民党政府の起こした福島第一原発の人災をみれば、誰でもわかります。自民党時代、政府の意向に従わない、地方政府の首長のなかには、殺された方もいます。佐藤さんは元高級役人だったから、この程度(生きて、普通の生活をしており、出版も出来る)で済んでいます。これも民主党だから、話題になったのでしょう。我々はネットの力を生かして、このような正しい情報を広め、為政者達が、佐藤さんにしたようなことが二度とおこらないように、監視する必要があります。がんばってください。

投稿: とおりすがり | 2011年5月22日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/51702429

この記事へのトラックバック一覧です: 「知事抹殺」:

« このごろ食べたものです。 | トップページ | 講演の準備完了です。 »