« 「原発なしで暮らしたい」会場から。 | トップページ | ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 »

地球環境大賞「東京電力株式会社」

 「第20回地球環境大賞は東京電力株式会社様」と聞いたときには、ホント、ブラックジョークだと思いました。さすがに4月5日に予定されていた授賞式は延期とはなったものの、一体、この受賞はどうなるのか注目していました。

 やっと東電が受賞辞退を申し入れたと発表されました。地球環境大賞のHPと辞退についての発表です。

 とてもえらい大学教授などが委員となって選考されたそうですが、全く、もう・・・言葉を失います。受賞理由は、原発とは異なるプロジェクトだったようですが。一方で、これだけ原発を推進してきて、とうとう大事故を起こしてしまった、その「東電」によりによって「地球環境大賞」なのですよ!!情けなくって、笑ってしまいます。

 もう、原発はクリーンなエネルギーだなんて、本当に言わないで下さい!!これだけ地球環境を破壊するものは戦争、核兵器、そして原発と言ってもいいと思います。もし、上関に原発が作られたなら、瀬戸内海は大きく変わらざるを得ないでしょう。もし、事故が起こったなら、瀬戸内海全部が死滅してしまいます。

 昨日、朝の番組をみていたら、「ドイツが脱原発を決めた」と報道されました。原発推進派であったメルケル首相が方針を変えると発表したと。それを受けたみ〇〇〇たさんが、「大丈夫なんですかね、ドイツは」と言いました。そして、「今ドイツでは、その二割が原発での発電で、それを他の発電に切り替えていくそうだ」と若い人が言ったら、み〇〇〇たさんは、「それとろうそくと。」と言って、ひっひっひと笑ったのです。

 今、まだ震災の被災地では、電気が来ていなくて、ろうそくの生活をしている人もいます。その人たちに対して、とても失礼な「ひっひっひ」でした。それに、原発推進派の方たちが言っているような、原発がなくなったら、まるでみんな電気が使えなくなってろうそくの生活になるというような言い方は、絶対におかしいのです。

 今、日本でも、他の方法での発電の方が多いのですね。それを原発での発電を5割に持って行こうと強引に他の方法の開発や運転をやめさせて、さらに強引に原発を作ろうとしていたのが、これまでの日本なのです。

 一旦事故がおこったら、とてつもない犠牲を人々やあらゆる生き物や地球環境に負わせるのが原発なのだと、もういやというほど思い知っているのに。

2011_04240006  先日の「原発なしで暮らしたい」会場で戴いたチラシです。袋の中でサイダーがこぼれてボロボロになって見苦しいのですが。面白い!マサイ族のナンバー2と上関の原発に反対し続けて頑張っている祝島の人たちとのコラボです。 5月21日は広島の大光寺で、22日は山口県光市で。

 すっごく行って見たいけど、私は仕事でいけません。残念。お知らせまで。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「原発なしで暮らしたい」会場から。 | トップページ | ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 »

コメント

私はどうもみのもんたが好きになれません。
どうしてでしょうか。

投稿: 元安川 | 2011年4月26日 (火) 10時31分

独占を許されながら世界一高い電気を売り、電力の自由化にも反対し、自然エネルギーの普及も妨げてきた東電側(歴代の役員、株主、融資をしてきた銀行、支えてきた官僚組織、政治家、天下り団体、独占企業から莫大な広告費をもらって事実を伝えてこなかったマスコミ、御用学者)は殆んど犯罪者です。

アメリカのシンクタンクも、既に太陽光発電は原子力よりコストの安い発電方法だと報告しています。送電網を別会社にして、発電を自由化すれば、自然エネルギーが増えて、日本の電気代は何分の一になり日本の製造業の国際競争力も上がるはずです。

さらにアメリカでは、大震災で失われた電力の供給を回復するには原子力や火力の発電所を再稼働、新設するよりも省エネや再生可能エネルギー、小規模分散型の発電を拡大する方が供給を早期に実現できる上に年間の費用も安く済むとの報告書も上がっています。

http://www.nautilus.org/

投稿: 松田 | 2011年4月26日 (火) 19時52分

こんにちわ
そうそう!これこれ。

そういうアフリカやインドの方って
自然との共存のプロですよね!

そういう師から学べばいいって思うんです。

原発賛成反対なんておかしい。
よいところもあって悪いところもあった。
だから次に進むんです。

ろうそくの時代。いいじゃないですか!
素敵です。火のもとの管理をきちんとしていたらろうそくもまたありがたいです。
だって、ろうそくの蝋がなければマッチになります。
マッチがなければk自分で石をこすって火をおこさないといけないんですよね。

ろうそくで笑うなんてろうそくに失礼!
ろうそく、作れるのかな?●●●んたさん・・・。

投稿: A | 2011年5月 1日 (日) 21時29分

私の広島の実家も、計算して、トータル的によければ、家の電気をソーラーに変える工事をするそうです。
出費はかかりますが、将来的によければ、
今大きな出費になっても工事する意味はあるって言って、いま相談中だそうです。

そういう万が一のために、若い頃から貯金をしていた両親だそうで、私にも、貯金をしておきなさいよと。何かあったときに他人の迷惑にならないように。と言っています。

広島の田舎で、自分で庭に植えた野菜を食べ、休日にはつりに行って魚を釣って食べていた日々。(女一人ですが)
都会は、モノが高い!高い!
・・・・頑張らねば・・・。

投稿: A | 2011年5月 1日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/51496936

この記事へのトラックバック一覧です: 地球環境大賞「東京電力株式会社」:

« 「原発なしで暮らしたい」会場から。 | トップページ | ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 »