« 「原発なしで暮らしたい」 | トップページ | 「原発なしで暮らしたい」会場から。 »

「地熱発電」について知りたいです。

 とてもいいお天気です。昨日お知らせした「原発なしで暮らしたい」イベントは、好転に恵まれて、きっと沢山の方が来られることでしょう。

 原発の事故のことが頭から離れません。もしも福島でこれ以上のことが起こったら。もしも、言われているように東海地震が起こって浜岡原発に事故が起こったら・・・。そうしたら、東京にいる娘達とは会えなくなるのかしら、などと、つらつらと頭に浮かびます。「浜岡原発にならか起こったら。そうしたら、とにかく日本海側へ逃げて、どこかから飛行機で広島に帰ってくることしかないね。でも、そのためにはお金がいるから。少しは、手元にお金を持っていないとね。」そんな話を先日も娘としました。取り越し苦労に終わることを祈ります。

 自分なりに、自然エネルギーのことを考えています。

Geothmap1 水や太陽や風だけでなく、「地熱」。日本の地熱発電は、東北と九州で行われています。これがどんなものなのか、日本には、世界で三番目に地熱エネルギーの埋蔵量があるといわれていますが、それがまだまだ利用されていない状況です。将来的にどうなのか、もっと知りたいと思います。これを進めるためらは、何が障害となっているのかも。できれば、この連休中に九州に帰ったときに、地熱発電所の見学に行きたいと思っています。

ここにも詳しく出ています。

 今日は当番医。今から出かけます。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「原発なしで暮らしたい」 | トップページ | 「原発なしで暮らしたい」会場から。 »

コメント

 東京、広島、福岡etc各地で原子力発電に頼らない未来への行動が起こっています。

 多くの尊い命の犠牲と 被曝のリスクを負いながらも事故処理にあたって下さってる現場の方々、そして辛抱強く避難生活に耐えて下さっている方々に 唯一報いることが出来るのが 《再生可能な自然エネルギーへの転換》 です。

 それは誰にでも わずか30秒で出来ることです。
各人が 自然エネルギーへ シフトしようと 決心することです。
 心が決まれば 事態は動き始めます。

 原子力発電をやめると蝋燭の時代にもどる・・なんて、全く科学的でない事をいう人たちがいます。

  その方達には 静かに問いかけてみましょう。
「あなたのお家の地下に 原子力発電から生まれる放射性廃棄物を 埋めさせてくれますか?」って。

 次世代の子ども達に安全な未来を作ることは 今を生きる大人たちの責任なのですもの。

投稿: yuumin | 2011年4月24日 (日) 22時13分

ソフトバンクの孫社長は原子力発電から自然エネルギーへの転換をはかるため、個人で「自然エネルギー財団」を設立し、そこに世界の英知を結集すると発表しました。

また、震災復興と東北での雇用対策、そして自然エネルギーの促進も可能とする「東日本ソーラーベルト」構想を提案し、自然エネルギーで発電された電力の全量買取り制度の導入も求めました。

これらの構想は、孫正義氏が僅か一ヶ月前から勉強し初めて考えたことです。政治家は、専門家は、何をしているのでしょうか。

孫正義講演「震災復興に向けて」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110420/biz11042017470029-n1.htm
http://www.ustream.tv/recorded/14153702

投稿: 松田 | 2011年4月26日 (火) 19時48分

広島にも地熱を利用したエネルギーが売りの会社、ありますよ。ミサワ環境技術という会社です。三次にあります。ホームページもあります。
三次市内の中学校に技術が採用されたりしてるそうです。
まだまだあまり知られていないと思いますが、勤務先でこういう会社がある、ということを知りました。
地熱で発電、という会社ではなさそうですが、CO2削減&エコな会社だと思います。
県内にこういう技術を持った会社があることが嬉しいなと思いました。
事業内容について、わたしもあまり詳しくはないのではっきりとしたことが言えないのですが。

投稿: t | 2011年4月27日 (水) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/51477834

この記事へのトラックバック一覧です: 「地熱発電」について知りたいです。:

« 「原発なしで暮らしたい」 | トップページ | 「原発なしで暮らしたい」会場から。 »