« ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 | トップページ | 広島です。 »

別府です。

 昨夜というか今朝2時半に別府の我が家に着きました。へろへろで、すぐに寝ました。

2011_04280003  昨日のお昼、診療中に先日帝王切開したお母さんと赤ちゃんが退院したからと訪ねてきてくださいました。キャー、小っちゃい、わあ、かわいい!!みんな大騒ぎです。赤ちゃんに幸あれ!!この子たちが豊かに暮らしていけるように。そんな社会を作るのは私たちの務めだと、あらためて肝に命じました。

 別府に帰るのは、年末の冬以来です。あのときはすごい雪で、高速を山の中で出さされて、ナビを頼りにとんでもない山道、吹雪のような雪とガリガリの道を、泣きそうな思いで帰ったものです。今回は、まだ連休にも入っていないので、道はスイスイ。でも、トラックがいっぱい。トラックにうずまるようにして帰りました。

2011_04280004 朝起きてみた我が家の庭です。いつもゴールデンウィークにさくらんぼを沢山収穫して帰るのに、今年は実はついていてもまだ小さくて、青いままです。今年の冬の寒さがそのまま我が家の庭にも現れていました。残念。今年のさくらんぼは、きっと多くの鳥たちが喜ぶことでしょう。

 何代にも代替わりしたラベンダーは何とか生き抜いていました。それから、何かの鳥が種を落として行ったと思われる、自然に生えた枇杷が、大きくなっていました。私はうれしいのですが、家に根を伸ばすかも、と、夫は心配しています。私は自然にしておけばいいと思っています。だって、植えてもいないのに、枇杷の実がつくかも!それは楽しみですもの。

2011_042800052011_04280006  今から、夫の実家に行きます。短い時間ですが、義母への親孝行が出来れば、と思っています。明日にはもう広島に帰ります。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 | トップページ | 広島です。 »

コメント

河野先生、こんにちは。

先生の帰省のお話を読んで、私の帰省のことを考えました。
私は帰省といっても、祖母のところに行くんですが・・・。

いつも、お盆とお正月に行きます。
しかし、少し前から、土日祝日関係なしの仕事に就いたので、今からは難しくなるかもしれません。

顔を見に行くためなら、日にちは関係なく、お休みがもらえそうな時でいいんです。
でも、お盆もお正月も、「この日に居ないと!」という日がありますよね。大晦日の晩から元日の朝とか、お盆にお寺で行事がある日とか。
でも、そういう日はみんなが休みたい、きっと。だから、新米の私には無理かもしれません。仕事自体もたぶん忙しいから、人数減ると困るだろうし。

関東で、大きな地震にも計画停電にもどっしり構えて「大丈夫だよー」と元気な祖母だけど、やっぱり心配です。
怖いこと、不愉快なことは忘れちゃえばちょうどいいですが、大事なことも忘れやすくなっている祖母。ヘルパーさん、ケアマネさん、隣近所の皆さんなど大勢に支えてもらえるから、一人暮らしができています。
足はひざが悪くて少し不自由だけど、耳が丈夫で電話で話せるから、その点は安心です。

投稿: 迷い人@広島っ子 | 2011年4月28日 (木) 18時01分

  忙しいお時間を割いて 大分のお母さんにお顔を見せてあげられる河野先生ご夫妻の優しさに 乾杯!

 この冬の寒さに加えてゆっくりの春の訪れで草木にも少しづつ変化がありますね。
 今朝の散歩の折、川の中の藻場に 大きなコイが産卵行動をとっていました。
  美しい光景でした。

 桜の花や水辺の生き物たちに癒される私たちは
自然界の生き物の一員にすぎないのに なんと驕った存在になってしまったのでしょう。

投稿: yuumin | 2011年4月28日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/51514844

この記事へのトラックバック一覧です: 別府です。:

« ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」 | トップページ | 広島です。 »