« 「はだしのゲン」を英語で読む。 | トップページ | ノート色々。 »

仕事をやめるということ。

 毎年牡蠣の養殖をしている方のところに牡蠣を買いに行っていました。子どもたちやお世話になっている人にそこから送ってもらっていました。今年も同じ人のところで買おうと行ったら、そこは建物も壊されて平地になっていました。昨年、もう辞めるから、と言っていらっしたのを思い出しました。跡継ぎもいないし、いつまでもするのはしんどいから、と。でも、まさかここまで大掛かりにしている人が本当に辞めるとは思っていなかったので、愕然としました。

 仕方なく、そばで養殖、かきうち、販売もしている方のところに行き、いつも通り送ることはできましたが。

 いつか、皆さんもやめる決断をするのだなあ、と。つい、自分を思います。私も跡継ぎはいないし、突然倒れて、後始末を誰かにしてもらうというのではなく、自分自身でチャンとしたほうがいいよねえ。そこから先は、本当に自分のしたいことをして過ごす、そんな人生の終わり方をしなければ、と。

 秋葉さんが市長を辞めることで、言いたいことがたまっています。許せないことを言ったマスコミの人がいます。彼らが何を言ったかも含めて、いつか話そうと思います。自分自身で。

 秋葉さんが、記者会見をしないということで、あれこれかまびすしいようですが。すべてのマスコミを拒否したわけではないでしょう。やめるといった当日、ちゃんとテレビ局に出演して、話をされたではありませんか。新聞記者の方にも会っているではありませんか。信頼関係のある人とは、話ができる。でも、信頼のかけらもない人と話が出来ないというのは、人として当たり前のこと。マスコミが批判をするのであれば、自分自身が信頼関係を築かなかった、それを悔やめばいいことです。自分がコレまで何をしてきたか、それを振り返るべきでしょう。

 マスコミは社会の代表ではありません。昔、マスコミを通じてしかその人のことを知ることができなかった、そんな時代と違って、今では個人で情報を発信できる時代です。マスコミの人は、あまり思い上がらないほうがいい。個人が個人でメディアを選ぶことができる、そんな時代なのですよ。

 私も、三人のマスコミの方と話をしました。その一人が言いました。

「市長のいいところを書いたら、アンチ秋葉の議員さんから怒られるんです。」

本当にそう言ったのですよ。そして、私と話した内容については、一行も紙面には出ませんでした。マスコミ人として寄って立つ基盤と言うのは、一体何なのでしょうか。

 そんなことも含めて、またお話ししようと思います。

 


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「はだしのゲン」を英語で読む。 | トップページ | ノート色々。 »

コメント

タイトルを拝見して
まず、河野先生がクリニックを閉じる時のことについてと
秋葉市長のことについてのブログかなぁ?
って思い浮かべました
読み進んでいくとその両方だとわかりました

きっと今回の件について
先生へもいろんな問い合わせがあったのでしょうね
私たち一般市民が社会の事を知るときには、
新聞・ラジオ・テレビなどのマスコミから
情報を得る事がほとんどですし
その内容については、有る程度信頼しています
けれど。。。
例えば教育テレビの農業について述べている番組を
夫婦で見ている時でさえも
主人(ブログでは、野人)は、
「そこは、違う!そうじゃない」
って一人で文句を言ってるときもあります(笑)
農業について専門知識を持っていない私なら
その教育テレビの情報が全てだ
と思ってしまいますもん
なので、先生のおっしゃるマスコミに対する忠告も
一理あるなぁ・・・って納得しました
いろんな情報に対して
自分なりの意見が少しでも言えるように
広い視野を持っていたいなぁって思うのですが
いつも井の中の蛙状態の自分です

遅くなりましたが
今年もどうぞ宜しくお願いいたします

投稿: せんごくテンペ | 2011年1月10日 (月) 22時54分

新聞社・テレビ局すべて営利主義の民間企業。自社に不都合なことは 歪曲されたり ベールを掛けた論調だったり・・・ それを見抜く力をつけることは 相当な力量を要します。上関原発やプルサーマル問題を通じてひしひしと感じます。
新聞を使ったNIE教育が盛んに推奨されていますが 「おやおや、新聞屋さん 貴方こそ教育され直さなくっては・・」といいたいです。テレビ局も含めて。
 今年も良き日々でありますよう。

投稿: yuumin | 2011年1月11日 (火) 00時26分

ゆうふれんさんの椿喜んでいただけてなによりです♪

新聞・TV って 先生の書かれてるように そこの会社(そこの読者が求めるもの)にとって 欲しいことだけがインタビュー記事に編集されてるってのは とっても感じてます。
心ある記者さんは インタビューのあと、「こういった感じで紙面に掲載されます」と内容がいいか、訂正して欲しいか?確認してくださいました。それでも、やっぱりそこの会社のその特集で読者が喜ぶ(ワイドショーっぽい)感じの部分だけにカットされていたことがあります。記者さんはごめんなさいと電話かけてこられました。
記者さん本人だけの問題ではなく、マスメディアが営利団体であるいじょう、避けられないのだろうと思いました。だんなは民放のニュースを嫌います。アナウンサーのそのニュースに対する意見が嫌だからです。報道は淡々と事実だけを報道すればいいんじゃないかと思っています。それが出来ないのはもしかしたら、読んだり、観たりしてる 私たちに問題があるのかも?って話したりしてます。湊かなえさんがそんな報道のあり方(国民みなマスメディアと勘違いしてる)姿を 『夜行観覧車』で書いています。

投稿: はるめ | 2011年1月11日 (火) 14時18分

マスコミは、広告費で成り立っているとは言え、下僕のようですね。中立や公平を売り渡しているようですね。
スポンサーの意向に合うような報道になってるようですね。
スポンサーが支持する政治屋が正当化されるような、報道になります。
だから取材したことを吟味して報道するのでなく、先に報道方針が決まっていてそれに沿うように編集されているようですね。
だから秋葉市長の行政を良い評価することは報道されず、むしろ悪くなるように秋葉市長の話しの内容を都合よく区切り批判ばかりしていますね。秋葉市長がちゃんと説明していてもそこは何処かへ。
というより、言葉が理解できないのかも?(笑)
そういえば、市長にふつかるように取材?しようとしていた記者がテレビで流れていましたが、あれを見てなんと低俗な人だと、馬鹿だとおもいましたね。あんなのがマスコミの正義たと言っているから世の中がまともでなくなり、政治もおかしくなるのでしょうね。
品格もなければ公平中立もない。

自民党系の政治屋達が、市の予算の中に利権料や口利き料を加えて市の財政を危機にしてきたのを排除し財政を立て直してきたことを報道しなく、前の市長達の行いを押し付けるばかりでしたね。

マスコミの報道を信じていたら、広島市はどうなることやら。
秋葉市長が市政をダメにしたなんて言われていますが、ダメにしたのは利権や口利きの構造であり、マスコミのスポンサーが支持する政治屋達の市政への圧力であり、失われた12年とは、利権や口利きで手に入ったはずの権利や政治献金なのでしょうね。

投稿: やんじ | 2011年1月11日 (火) 17時17分

秋葉さんが辞められることについて支持してきた者にとってはとても残念な気持ちです。でも、今回記者会見を拒否されたのにはこれまでのマスコミの対応で納得できない所があったからだと思います。最近のマスコミの有り様はまさに低俗な週刊誌並のような書き方をしたものもあり目をつむりたいときもあります。
秋葉市政になって私のようにICTのボランティアをしている者には目覚ましい発展がありこれからが危惧されますが政治上では面白くない人たちもいるんでしょうね。でもマスコミの基本は中立で権力を恐れるようではいけませんね。西山太一記者(沖縄返還問題を暴露した記者)を見習って欲しい。

投稿: 初ちゃん | 2011年1月11日 (火) 22時28分

アンチ秋葉系議員さんに怒られるのが怖くて
真実が書けないなんて・・・!
新聞,やめちゃおうかなと思いました。


自分の目でものを見て,
自分の耳でものを聞いて,
そして自分の頭でものを考える市民もちゃんと存在するのだということを,
一部の(一部だと信じたい・・)思い上がったマスコミの方々に思い知らせてやりたいです。
どうやったらいいのかわからないのが情けないですが。

ネットの社会になって
リテラシーの問題がクローズアップされますが,
ネットのリテラシー以前に,
テレビや新聞の「読み方」を学ばねばならなかったのかもしれませんね。
私たちが真実を読み取る力を持たないと
マスメディアはますます言いたい放題になってしまいそう。

投稿: Hoch | 2011年1月12日 (水) 07時14分

せんごくテンペさま
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。あの、テンペの件、どうなりましたか?
 報道について、おっしゃるとおりと思います。私は、マスコミには足元にも及ばないけれど、自分から情報を発信するときには、誰からも干渉されず、自由にありたい。その分だけ、正確に書きたいと思っています。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月12日 (水) 07時52分

yuuminさま
権力に擦り寄るマスコミはいやです。それ以上に利権に擦り寄るマスコミがいやです。不正ととことん闘ってきた秋葉さんに拍手です。コメント、ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月12日 (水) 07時57分

はるめさま
本当に素敵なプレゼントをありがとうございました。マスコミとは、そんなものとは分かっていても、ひどいものです。でも、今だって、斉藤祐樹選手の扱い、マスコミが人気を作っているのでしょうね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月12日 (水) 07時59分

やんじさま
ありがとうございます。やんじさんのような、こんな声は、決してマスコミには載りませんね。選別されてしまっていますので。
 入札の改革、これに寄ってどれだけ市の予算を少なくすることが出来たか。其れは、すなわち業者の方には不都合なこと。それだけ業者に依存して来た議員が面白くないことでした。不正をとことん嫌ってきた人ですので、それだけ改革は大変だったことでしょう。市民は感謝しなければならないことなのですが。そのうち、ちゃんと書きます。感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月12日 (水) 08時05分

初ちゃんさま
ありがとうございます。
西山記者の件。あれだけの権力者の不正を暴いた記事でも、権力者が、意図的に女性スキャンダルとしてすり返ることにより、肝心の不正が見えなくなりました。それどころか、マスコミの操作により、そのスキャンダルに一気に世論が向かい、毎日新聞の購読者が激減したのですね。マスコミに操作される世論。だから、マスコミを上手に使うことが大切とされても、そこに利権が動いているのが現実です。結局は国民が賢くならなければならないのですが。初ちゃん様、感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月12日 (水) 08時12分

秋葉市長がユーチューブに退任会見を載せてから、マスコミ批判やユーチューブの是非ばかり、大事なのはこれからとても優秀なリーダーを欠く広島市をどのようにして行くか、一番大事なことではないでしょうか、この12年間市長に多くのことを学んだ市民ですから、市民一人一人が有言実行をすればそれが生きてくると思います、私はそうしようと思います。

投稿: 河口 | 2011年1月12日 (水) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/50547425

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事をやめるということ。:

« 「はだしのゲン」を英語で読む。 | トップページ | ノート色々。 »