« 子宮頸がんの補助のお知らせについて。 | トップページ | 「子ども緊急避難シェルター」について »

防災訓練での宝塚市長のお話

 「皆さんは、まだ生まれていなかったけれど、16年前に大地震があって、沢山の人が亡くなりました。ここでの地震は、まだ朝早くてみんなが寝ているときだったけれど、中国では、みんなが学校に行っているときに大地震が起こりました。こわれた学校に埋まって、沢山の子どもたちがなくなりました。

 大人はね、あなたたち子どもの命が一番大切なの。子ども達には、生きててもらいたい。子どもが亡くなるというのが一番辛いの。

 もし、今同じような地震が起きても、皆さんには生きててもらいたいのです。でも、もしそんなことが起きても、すぐに大人たちは駆けつけることが出来ないのよね。だから、皆さん達が自分で生きるために逃げなければならないの。

 その時には、先生の言うことをよく聞いて、静かに逃げてね。そしてね、もし誰かが転んだときに、その人を置いて逃げるんじゃなくって、みんなで助けてあげて。みんなで一緒に生きることができるように、みんなで逃げようね。

 でも、もしみんなの仲が悪かったら、その時だけ仲良くしてみんなで助け合おうということは難しいから。いつもみんなで仲欲していないとね。

みんな、お友だちと仲良くしているかな?」

 そしたら、子ども達が「はーい!!」と元気よく声を上げたのだそうです。

 生徒数1000人の宝塚の小学校で、阪神大震災16年の防災訓練が行われました。そこに行った中川智子市長。市長はお話しはしなくていいということだったのだけれど、突然、やっぱりしゃべって下さい、と言われたと。なんにも話す心つもりがなかった市長は、でも、これだけを二分半きっちりしゃべったと。

 その話を聞いて、私はすごいと感動しました。単に、大切なことだから頑張って訓練をしましょうということだけでなく、日本の阪神大震災だけのことだけでもなく、中国の子どもたちのことも、それから、今仲良くしようね、といういじめにいたることもすべて二分半にちゃんと入れて話しています。それも、最後は、ちゃんと「仲良くしているかな?」と問いかけをし、子ども達から「ハーイ」という元気な返事ももらっています。一方的な話をして終えるというのでなく。生徒を参加させています。

 本当に完璧。中川市長はいろいろなイベントに呼ばれて参加するときにも、役所の人が書いてくれたあいさつ文を読むだけにはしない。必ず、自分の言葉で自分の考えたことをしゃべると言われました。それは、日ごろから市民のことをいつも考え続けている、その姿勢と、根から持っている彼女の暖かさから来るものなのでしょう。たいした人だと思いました。

2011_0120 昨日は、中学一年と二年生450人に話しをしました。聞いている生徒たちがかわいそうなほど寒い中、よく聞いてくれました。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 子宮頸がんの補助のお知らせについて。 | トップページ | 「子ども緊急避難シェルター」について »

コメント

日々思っているから大切だと考え方いるから、普通に話せるのでしたね。
悪名だった宝塚市も中川市長により、良い市になるでしょう!中川市長は、見るからに温かく人の良さそうな大阪のおばちゃんですよね。(失礼)
自民党や民主党がやっている弱者切り捨て政治、高齢者は社会の負担なんて言うのは、人の道に反してますから、人の心が暖かくなる政治をする人に行政を任せたいものです。
秋葉市長も弱者のための行政をされてましたが、マスコミはわざと取り上げてこなかったですね。
新しいく市長に選ばれる人も、中川市長や秋葉市長のように公平であらゆる人が選んで良かったと感じられる人になってもらいたいですね。
一部の団体や政党を代表する人には、公平なんてないでしよわうから。
行政を私的に食い物にする人は、NGです!

投稿: やんじ | 2011年1月21日 (金) 20時09分

素晴らしいスピーチですね。ツイッターで紹介します。
急に求められた挨拶でここまで喋れる中川市長は立派な方なのだろうなと思いました。
遅いコメントですみません。

投稿: 六郎 | 2011年1月22日 (土) 13時27分

やんじさま
そう。中川市長は、本当にハートのある、それで実行力のある優れた方です。私の中学生への「命の授業」も大変な中、粘り強くかつ強力な指導でやっとやっと実現したものです。でも、議会では大変みたいですよ。応援し続けたいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月26日 (水) 08時19分

六郎さま
ツイッターでのご紹介、ありがとうございました。議会で苦労している市長のことが、皆様の目に触れると嬉しいです。感謝です。六郎さまのブログにも教えられることが多く、目が離せません。感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2011年1月26日 (水) 08時21分

東北地方太平洋沖地震で、被害の少ないさいたま市でもこどもたちは、心のバランスを保とうとしています。
「今週で米がなくなるかも…」「米はあるけれど、親の通勤が車から電車になり大変なんだ…」保健室でのつぶやきです。ぜひともこのコメントを最後の保健だよりで掲載したいのですがよろしいですか?ブログ元もきちんと掲載します。よろしくお願いします。

投稿: 桜なでしこ | 2011年3月16日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/50643271

この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練での宝塚市長のお話:

« 子宮頸がんの補助のお知らせについて。 | トップページ | 「子ども緊急避難シェルター」について »