« ひまちゃんの歌 | トップページ | 「yaaさんのブログ」と辛口さんの「月下美人」 »

低用量ピルと卵巣がん

 もう少し前になりますが、臨床産婦人科医会で、大分大学の産婦人科教授の講義を聞きました。子宮内膜症のお話しでしたが、内膜症の痛みと、症状の進行に低用量ピルが有効であるというお話しでした。

 低用量ピルには、卵巣がんや子宮内膜癌(いわゆる体がん)の予防効果があると分かっていましたが、この度の話の中で、ちゃんとした数字が示されました。

 低用量ピル(以下OCといいます。)による卵巣がんの予防効果です。

OCを飲まなかった人の卵巣癌の発症率を     1.00として

OCを1年弱飲んだ人                  1.00

1~4年飲んだ人                     0.78

5~9年                          0.64

10~14年                         0.56

15年以上                         0.42

 子宮内膜症のある人、特に卵巣に内膜症ができて、いわゆるチョコレート嚢腫がある人は、その嚢腫ががん化する可能性があります。

 別のデータですが、内膜症のある人とない人別に、それぞれOCを飲んでいない人を1.00として比べると、

OCを飲んだのが10年未満の人    内膜症のある人の卵巣がん 0.58

                                                   内膜症のない人        0.70

OCを飲んだのが10年以上の人    内膜症のある人の卵巣がん 0.21

                                                   内膜症のない人        0.47

 特に、内膜症のある人の卵巣がんの、低用量ピルによる予防効果は、大きいということでした。

 低用量ピルについては、いまだに日本では、根拠のない「副作用」宣伝がなされ、誤解されています。ちゃんとした避妊ができるというのは、女性にとって大きな福音であります。それに加えて、いいことも一杯あるということを知っていただけたら、と思います。

 昨夜は、広島県日韓親善協会の「忘年の夕べ」でした。

2010_12070005 まず、韓国からの歌手、テジナさんと、MAYAさんによるコンサートでした。私は診療後かけつけて、少し遅刻しましたが、素敵な歌声を堪能しました。

会場は、いろいろな分野から、本当に沢山の人でした。韓国からも沢山のお客様、それに広島への留学生、若い人たちも座をにぎやかにしてくれました。

 それと、とっても沢山の企業からのプレゼント・大抽選会が行われました。私は・・・五千円の商品券が当たりましたよ!!

広島ソウル往復航空券や、三万円の商品券や、四万円のリーガロイヤルホテルの宿泊券などの大物ではありませんが、五千円の商品券の当たり、バンザイです。いろいろあった今年も、終わるころになっていいことが起こるようになりました。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« ひまちゃんの歌 | トップページ | 「yaaさんのブログ」と辛口さんの「月下美人」 »

コメント

過日、北朝鮮で23歳の若い女性が畠で飢え死にしたことが報じられていました。しかもその亡骸はしばらく
放置されたままだったといいます。人生のもっともバラ色の時に…と思うと涙が止まりませんでした。
韓国併合から100年、朝鮮戦争から60年、人に叡智があるなら、神が存在するなら、北東アジアの安寧(アンニョン)をと祈らずにはおられません。

投稿: 無冠の諦王 | 2010年12月 8日 (水) 21時08分

無冠の諦王さま
先日の領事さんの話でも、緊迫した状況が語られましたね。この前見た映画「クロッシング」も頭から離れません。北朝鮮の住民を、本当に何とかしなければ、と思います。忘年の夕べでは、大変お世話になりました。楽しかったです。これからもご活躍を!!こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年12月10日 (金) 07時50分

河野先生、こんにちは。
検索でこちらの記事を改めて拝見して、質問させていただきます。

もうどのくらいになるかはわからないのですが、少なくとも半年ぐらい、生理前にとても気分がふさいで、困っています。
私は長く精神科に通っています。
昨年10月に、子宮筋腫の術後の定期検診で受診した時、婦人科の主治医には相談しましたが、「あなたはメンタルな方は専門医にかかっているのだから、そちらで相談してみたら?」って言われてしまいました。あまりにも「落ち込む」ってことを強調しすぎたからかな?本当は、体も調子悪くなります。関節が痛くなったり頭が痛くなったりします。

精神科の主治医には自覚してから毎月、「今回も生理前は辛くて」って訴えていますが、ただ「そうですか」って言われるだけです。
今日もちょうどその絶不調です。たぶん数日中に生理がきます。
来週は精神科の受診があるので、今度こそ何とかちゃんと相談したいと思っています。でもたぶんあんまりうまくいきそうにないので、「婦人科で相談してもいいですか?紹介状書いてもらえますか?」って強引に頼んでしまおうかとも思います。いくら数日間でも、もともとメンタル的に苦しいからそれに加えて苦しいのはもう耐えられないんです。
先生のところへ伺ったら相談できますか?

長文でいきなりこんなこと、失礼しました。

投稿: 迷い人@広島っ子 | 2011年2月13日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/50242851

この記事へのトラックバック一覧です: 低用量ピルと卵巣がん:

« ひまちゃんの歌 | トップページ | 「yaaさんのブログ」と辛口さんの「月下美人」 »