« 「日本子どもの虐待防止学会」 | トップページ | 医師として患者さんと向き合うということ。 »

性感染症、避妊、緊急避妊薬。

 熊本で、演者控え室に二人の女性が訪ねてくださいました。久しぶりにお会いします。お一人は、先日まで熊本の大学で、今は広島の大学で教鞭をとっていらっしゃる〇星さん。熊本の大学時代に若年の出産に対しての援助のあり方の研究をしていらっしゃいました。

 もう一人は、大阪大学で学生にセクシャリティーの講義をしていらっしゃるベバリーさん。イギリスの「10代の妊娠を減らせるー半減させるープロジェクト」のレポートをしていらっしゃいました。様々な施策と同時に、若くして出産した場合の国の援助、子育てしながら学校に行ける、高校を卒業できるその学校の紹介も同時にレポートしていらっしゃいました。以前、〇星さんにベバリーさんを紹介したことがあります。〇星さんの研究にベバリーさんのレポートは多いにお役に立ったことと思います。

 そのお二人と、短い時間ですが、ケーキ屋さんでお茶をしました。イギリスで、10代の妊娠を減らせるために。まず、「ちゃんと避妊ができるピルを飲みなさい。そして、性感染症の予防のために、同時にコンドームも使いなさい。もしも、避妊をしないままにセックスをした場合には、緊急避妊のピルを飲みなさい」と指導をすると。もちろん、ピルもコンドームも無料で提供すると。そして、緊急避妊のピルも、あちらこちらに設置されているクリニックに行けば、無料でいただける。でも、もし休日などでクリッニクが閉まっている場合は、スーパーマーケットで買うことが出来る、と。その場合は有料になります。

 スーパーマーケットで購入できる、これは、本当?と言いたくなりました。あまりに日本と違うものだから。

 ベバリーさん、日本では、その緊急避妊のお薬は認可されていないのよ。と言うと、今度は、ベバリーさんがひどくびっくりしました。本当?でも、病院に行けば薬をくれると言ったじゃない、と、私に言います。ベバリーさんは、今年初めの大阪での私の講演を聞きに来てくださっています。

 「それがね、まだ許可されていないから、仕方なく、中用量ピルを代理に使っているだけなの。中用量を、それも一度に二錠、12時間後にまた二錠と、どーんと飲むものだから、吐き気がして大変なの。吐くこともよくあるし。」

と言うと、本当にひどく驚いて、どうして?と聞かれました。この緊急避妊薬が認可されていないのは、世界でも、とても珍しいのです。ほとんどの国では、この薬は使われているのですから。

 日本では、やっとこの緊急避妊薬「ノルレボ0.75mg」がこの11月26日に開催された医薬品第一部会において、安全性、有効性が評価され、「製造販売を承認してよい」との意見がまとめられました。でも、これだけではまだです。

 今度は、来月末におこなわれる「薬事分科会」の承認が必要になります。ここに、おそらく、この薬の認可に反対する宗教団体などから、どっと反対の意見が送られることが予想されます。低用量ピルが、そのためになかなか認可されなかったように。

 でも、今、たとえばレイプの被害者には、犯罪の被害者として、公的な補助で、緊急避妊の薬は投与されています。それも代理で副作用の強い薬が。

 本当にため息が出ます。私が、熊本で発言したのを聞いていた新聞社の方が三人、後で私の所に来られました。今、文科省のカリキュラムでは、中学校で性感染症が。高校で家族計画という名での避妊を教えるようになっていること。でも、性感染症を教えるにしても、セックスや、性交や、エッチという言葉は使ってはならないこと。性交といわずに性感染症を教えろという、まことに厳しい文科省の指導により、現場では、教えられないという悲鳴が上がっていることなど。また、高校で初めて避妊を教えるのであれば、高校に行かない子、中退する子などは、ちゃんと学ばないままに社会に出、性を実行することになってしまう、知らないまま実行することの悲しさを私はいやというほど見て来ました・・・そんなことをしゃべったので、記者さんとしては、びっくりされたようです。今の性教育の現状を知っていらっしゃらないのですね。

 いつもの教育現場でなく、虐待ということで集まってこられた方たちに、このことを知ってもらっただけでも、来たかいがあったのかも知れません。

 お茶をしながら、三人で嘆きました。まだまだこの国は、性教育に関しては、いえ、性そのものについても後進国であると。

2010_11280001  土曜日という一番クリニックが忙しい日に四方先生と一緒に留守を守ってくれたスタッフへのおみやげです。左のおしゃれな女性の姿のは、毛抜きです。眉を整えたりするのに使います。ホテルで見つけて、おもしろいので買いました。右のは、ゆずこしょうのふりかけです。ゆずコショウは知っていますが、ふりかけになったのを見たのは、初めてなので。駅で見つけて、丁度あった九つ全部買いました。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「日本子どもの虐待防止学会」 | トップページ | 医師として患者さんと向き合うということ。 »

コメント

先生、1級合格おめでとうございます!
いつも忙しくされてるのにすごいなぁ・・・と思います。私も先生を尊敬しています。

アップされてた可愛い女の子の毛抜き、びっくりして拡大してまじまじ見てしまいました。『えっ?毛抜き?』こんなのがあるんですね。ふりかけも美味しそう!先生のお土産を選ぶセンスは抜群ですね。

先生はいろんな事情の女性を見て来られているので、どんな事情も受け入れて窮地に追い込まれた辛い気持ちも理解して上から目線でなく一緒に悩んで本気で最善を考えて下さる・・・私も先生の寛容さ、優しさを知っています。
先生が参加された熊本でのシンポジウムの件、悲しい気持ちで読みました。

投稿: 親子でファンの親 | 2010年11月29日 (月) 01時39分

…来たかいがあったのかも知れません…
 の、言葉に少しホッとしました。

もっと、先生のお話聞きたかったし、聞いて欲しかったです。あの時間配分は………。
3番目の席からエール送っていました。

 次の講義が迫っていた為お声もかけられず移動となり、お礼も伝えられず失礼しました。また、お逢いできますように。ラーメン、馬刺し、何も食べられなかったのですね。お気の毒…。 今度は熊本のお土産持って行きますね。

投稿: natural | 2010年11月29日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/50159585

この記事へのトラックバック一覧です: 性感染症、避妊、緊急避妊薬。:

« 「日本子どもの虐待防止学会」 | トップページ | 医師として患者さんと向き合うということ。 »