« またまた、子宮頸がん予防ワクチンについて。 | トップページ | 「子どもの権利条約21周年バースデー・パレード」 »

第22回谷本清平和賞「夏の会」について

 ご報告がすっかり遅くなってしまいました。11月7日日曜日の午前中、ヒロシマ・ピースセンター主催の国際平和の集いがありました。その第一部、第21回日本語による世界平和弁論大会については、すでにご報告しました。

 その第二部、「第22回谷本清平和賞」の贈呈式についてです。

 その賞に名を残す谷本清牧師は、被爆当時、広島流川キリスト教会の牧師でした。1948年、原爆の被爆の体験を持ってアメリカにわたり、15ヶ月の間31州、256都市、472団体において「被爆の惨状と平和の尊さ」を訴えました。その後、ヒロシマ・ピースセンターの初代理事長として、再三にわたってアメリカにわたり、原爆で顔にケロイドを負った「原爆乙女」の治療を初め、原爆孤児の養子縁組などを実現しました。

 私が度々このブログで報告している国際間養子縁組をペアでしている近藤紘子さんは、この谷本清牧師の長女さんです。彼女はアメリカの大学で「国際間養子縁組」を学んでいます。その弟、谷本牧師の長男、谷本建さんが私と高校の同級生で、その頃から、一緒に子どもの施設を慰問したりしていました。その縁で紘子さんと知り合い、一緒に養子縁組に取組むことになったというわけです。

 谷本清平和賞は、1986年に、谷本清牧師の偉業を祈念し、恒久平和実現と原爆体験の風化を食い止めるために貢献した人(団体)を顕彰し、より一層平和構築への推進力となって頂くことを願い創設されたものです。第一回のノーマン・カズンズ氏を初めとして、栗原貞子さん、森滝一郎さん、河本一郎さん、中沢啓治さん、吉永小百合さん、高橋昭博さん、新藤兼人さんなどが受賞されています。

 今年の受賞は、「夏の会(女優たちの朗読劇)」でした。2008年3月、女優たち18人が「夏の会」を立ち上げ、「夏の雲は忘れないヒロシマ・ナガサキ1945年」として全国の講演活動をしてきました。舞台は、原爆によって突然人生の未来を絶たれてしまった子どもたちの詩によることば・母親や先生の手記をひたすら読むというシンプルな公演で、被爆者の思いは会場参加者の心に深く刻まれます。

2008年全国22か所25ステージ・2009年26か所28ステージ・2010年31か所・34ステージで行われています。

2010_11070014 表彰式には、18人を代表して、高田敏江さん、渡辺美佐子さん、日色ともゑさんが参加されました。右側に座っている三人です。

 真ん中で挨拶をしているのが、谷本建さん、一番左に座っているのが近藤紘子さんです。

 表彰式の後、謝辞として、原爆手記の朗読が演じられました。公演には、鶴学園・なぎさ公園小学校の生徒さんたちが一緒でした。

2010_11070018 かざらない小学生の、同年代の子どもたちの詩の朗読も胸を打ちました。女優さんたちの詩、一線の新劇の女優さんたちが、こうして地道に全国を回っている姿には、頭が下がります。

 ただ、今回の受賞の返礼の女優さんたちの詩の朗読は、ちょっと残念。ヒロシマではあまりに知られている「うましめんかな」と「死んだ女の子」。死んだ女の子は、被爆者の詩ではありません。一つだけ。生き残ったお父ちゃんと、とぼとぼ歩いて自宅があったところに行き、おかあちゃんと弟の骨をつぶれた家から掘り出して、菓子箱に入れるという、その手記には、本当に胸がつぶれる思いでききました。

 私にとって、初めてのこの会の参加。谷本建氏に誘われての参加でしたが、改めて背筋を伸ばして、これからの活動をしなければ、という思いをさせられました。様々なところで、様々な人が平和のための活動を続け、また、あらたに始めています。こういう地道な活動こそが、今の核世界に必要なことなのだと思いました。

 以上、遅ればせながらのご報告でした。

 今日は、今から東大阪の枚岡中学に行きます。ここには、毎年、卒業前の三年生に話しに行っています。今年もお声をかけていただいて、ありがたいことです。日帰りで行って、夜は臨床産婦人科医会の「子宮内膜症」の研修です。毎日のように研修があって、しんどいけれど、必要なことですね。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« またまた、子宮頸がん予防ワクチンについて。 | トップページ | 「子どもの権利条約21周年バースデー・パレード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/50061672

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回谷本清平和賞「夏の会」について:

« またまた、子宮頸がん予防ワクチンについて。 | トップページ | 「子どもの権利条約21周年バースデー・パレード」 »