« 日本丸のこと、もう少し。 | トップページ | 倉敷屏風祭。 »

何と、「大原美術館」で懇親会

 16日土曜日、倉敷で開かれた「性科学セミナー」に行って来ました。性科学セミナーは、「日本性科学連合」が毎年の「日本性科学学会」にあわせてその前日に開くものです。「日本性科学連合」は、日本性教育協会、日本家族計画協会、日本性科学学会、日本思春期学会、日本性機能学会、日本性感染症学会、性の健康医学財団の連合です。セミナーでは、そのそれぞれの会から一人ずつ持ち時間30分で話をするというものです。

 私は思春期学会からということで、「若年受診者からみえる性教育への提言」というタイトルで、目一杯話をしてきました。この会に参加するのは、初めてのことでしたが、また性教協と違った顔ぶれの多くの方たちに話を聞いていただけて良かったと思いました。

 私の前の演者は、家族計画協会を代表して、岡山の「ウイメンズクリニックかみむら」の助産師の福原博子さんの「デートDVの現状とその予防教育について」というお話でした。上村先生のクリニックでは、デートDVの被害者と思われる患者さんには、積極的に取り組みをしている、その内容が詳しく聞けました。

「男性が電話をかけてくる」「男性が付き添って診察室に入ってくる」というのは、要注意。それは、「優しい男性」と捉えられがちではあるけれど、実は、「監視」のためについているということもある、その場合、一人になる「内診室」でそっと問いかけをしなければならないことも。これは、私たちの現場でも全く状況です。

 どうアプローチするか、どんな風にその関係を断ち切らせるか、そのサポートの実情が聞けて勉強になりました。

 私は以前、ずっと診ていた患者さん、夫の暴力に苦しんでいた彼女がついに彼に刺し殺されたという本当に痛恨の苦い経験をしています。それ以来、男性からの暴力については、とにかく「殺されないように」「上手に」「誰かの力を借りてでも」別れることを考えるように、そのサポートをしてはいるのですが、なかなか困難です。特に、他のグループとの連携が絶対に必要なのですが。広島では、なかなか機能するグループに出会えません。

 私の話は、後で感想を言ってくださる人の反応から、それなりに受け入れられたと思います。はやく日本でも、ちゃんと性教育ができる状況がつくられなければ、なのですが。その認識をしてくださり、さらにそれが「声明文」を出すようなところにまで行くといいのですが。

 さて、その会の後、懇親会が開かれました。何と、その会場は、会の会場から歩いて行ける「大原美術館」を借り切って行なわれたのです。

2010_10160009  本当に贅沢なことに、美術館の中で、絵に囲まれた部屋で懇親会なのです。今、大原美術館は、創立80周年記念特別展「大原BEST」が開かれています。大原美術館の名作が一挙に公開されているのです。

 乾杯の後、美術員の方の案内で、館内ツアーが開かれ、会場の絵や彫刻などを見せて頂きました。もう、ため息ばかりの名作の数々。

 特に大原美術館は印象派の作品が多く、モネ、マネ、ルノアール等がふんだんにあります。それにエル・グレコの「受胎告知」、ドガの踊り子、ムンク、ピカソ、ロダンの彫刻まで。

 こんな作品に囲まれて、飲んだり食べたりという、超贅沢に、本当に夢ではないかと思いました。コレは、本物なんだと、何回も自分に言い聞かせるほどでした。

 一人の人だけに写真の撮影が許されていました。ルノアールの作品の前で写真を撮ってもらいましたので、もし写真が届けば、お見せできるでしょう。私の宝物になるかも知れません。「大原BEST」は、12月5日(日)まで開かれています。皆様、一見の価値がありますよ。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 日本丸のこと、もう少し。 | トップページ | 倉敷屏風祭。 »

コメント

私は去年、東京のお客様を、
大原美術館にご案内しました。
東京では、こんなにゆっくり、
少ない人数で、観賞できないので、
贅沢な時間をありがとうと、
とても、感謝していただきました。
ままかり寿司も、美味しかったです。

投稿: ナナママ | 2010年10月18日 (月) 10時30分

ゆめのよう!
他に,言葉がないです!

投稿: HOCH | 2010年10月18日 (月) 22時56分

大原美術館で懇親会ですか。すごいですね!!日本の美術館もやっと そこまで進化したのですね。絵画は非日常ではなく 生活の中での絵画であるというコンセプトを実現した素敵な企画ですね。 80周年なのですね。「大原BEST」行ってみたいです。もう30年くらい訪れていないです。帰省した折に 足を延ばしてみましょうか

投稿: yuumin | 2010年10月19日 (火) 06時39分

ナナママさま
そうですねえ。あれほどの美術品が見られる所は、めったにありませんね。とても素敵でした。私は、ぶどうがおいしかったです。丁度時期でしたし。また、ゆっくり行きたいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年10月24日 (日) 04時19分

HOCHさま
まさに夢のようでした。行ってよかったと思いました。中での飲食はもう無理でしょうが、またゆっくり絵を見に行きたいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年10月24日 (日) 04時22分

yuuminさま
ぜひ、大原BEST行ってください。見る価値がありますよ。とっても素敵なひと時でした。いつも見ていただいてありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年10月24日 (日) 04時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/49775046

この記事へのトラックバック一覧です: 何と、「大原美術館」で懇親会:

« 日本丸のこと、もう少し。 | トップページ | 倉敷屏風祭。 »