« 道の駅「キララ」の定食。 | トップページ | 少々疲れました。 »

「デートDV」とは。

 今日は、大阪、豊中へ話しに行きます。「産婦人科医からみたデートDV」というタイトルです。

 先日来「デートDV」についてここでもお話していますが、少しデートDVのお話しをしておきましょう。

 まず、DV (ドメスティック・バイオレンス) とは? 夫やパートナーなどからの暴力です。これには、「身体的な暴力」だけでなく、「精神的暴力」「金銭的暴力」「性的暴力」等が含まれます。

 デートDVとは、結婚していない間がら、とくに恋人同士の間での暴力を言います。

「DV防止法」正式には「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律」といいますが、このDV防止法の前文は、なかなか素晴らしいので、少し紹介しますね。

「我が国においては、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、人権の擁護と男女平等の実現に向けた取り組みが行われている。

 ところが、配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかった。また、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、男女平等の実現の妨げとなっている。

 このような状況を改善し、人権の擁護と男女平等の実現を図るためには、配偶者からの暴力を防止し、被害者を保護するための施策を講ずることが必要である。(中略)

ここに、配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備することにより、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図るため、この法律を制定する。」

 この法律で守られるのは、夫婦間、内縁の関係(事実婚)、離婚後の元配偶者等もふくまれますが、恋人の間柄は含まれていません。この法律は、恋人同士の暴力からは守ってくれないのです。

 私の現場、産婦人科という現場では、やはり「性的な暴力」がメインとなります。また、精神的暴力もとても目立ちます。

・ したくないのに、強引にセックスを迫るのは、DVです。

・ 妊娠しても産めない、育てられない状況にあるとき、避妊をしない性交は、DVです。

・ コンドームを使わないで、性病をうつすのも、DVです。

 精神的暴力で最近、特に目立つのが、携帯に関わることです。診察室に携帯を手に持ったまま入ってくる若い人の多いこと。携帯には、電話だけでなく、メールがしょっちゅう入ります。それにすぐに返事をしないと怒られたり、または疑われたりします。

 携帯のメールや電話の履歴のチェックをするのも、DVです。

 また、それらがDVである、自分は被害者であること、または加害者となっていることに気づかないままというのが、何より深刻です。

 束縛することが愛であるとの思い込みも。

 こうしてみると、DVというのは、単に殴る蹴るの身体的暴力だけでないということが分かっていただけるでしょうか。

 やはり基本は、個人が自立していること。自立した者同士が、二人でいることが楽しい関係。お互いの希望を実現できるように、励ましあい応援できる関係。相手が喜ぶことが自分の喜びでもある関係。そのようなパートナーシップが分かっていない、そのようなことを学ぶ経験がないというのが、一番の問題であると思います。それこそ、性教育の一番の基本なのですが。

 今日は、そのようなことを例を挙げながら話して来たいと思います。

20080612213317 これは、二年前にご紹介したことがあります。広島県三次市が作った「デートDV」のパンフレットです。素晴らしいのは、このパンフを中学生たちにも配っていること。DVの加害者は、なかなか矯正するのが困難なのです。そうなる前の予防の教育に何よりのパンフレットです。私も沢山戴いていますので、希望の方にはお分けしますよ。

 行政が積極的にこのような取り組みができるのは、すごいと思います。



コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。

ぜひ、覗いてみてください。



広島ブログ

|

« 道の駅「キララ」の定食。 | トップページ | 少々疲れました。 »

コメント

おはようございます。
先生のブログは、お気に入りに入れていつも拝見させていただいております。
7月の全国大会金沢には、先生のお話を聞きたくて佐賀に居る娘も誘い熊本から飛びました。(*^_^*)(母娘共に養護施設の保育士です)
『とにかく一人でも多くより多くの情報を伝えたい!』という、先生の一生懸命さ…お人柄までじんじんと伝わって…「来た甲斐が有ったね。」と、ますますファンになって(^^♪ 各々勤務に戻った夏でした。

 多くを語る事はできませんが、判明しているだけで在園児の7割は何らかの被虐待児であり、その中に性虐を受けてきた子どもも少なくは有りません。悲しい事に、在園してからの園内での被害も起きているのが現状です。
 その発見には、学習していることでの職員の気付きもありました。これまで、気付かずに卒園させていた子ども達の事を思うと、胸が苦しくなります。
 現在、園では一昨年中井先生に来ていただき、高校生と職員が学び、今年は大野紀代先生に来ていただき学校地域行政にも呼び掛け学習しました。
 できれば、自分達で気軽にいつでも子どもたちに伝える事が出来るようにと学習真っ只中です。

 前置きが長くなりました。すみません(笑)
 ご紹介に有りました、中学生に配布が有ったパンフレットの件ですが、園の中高生に向けての学習教材に是非活用させていただきたく、分けていただけないかとの御相談のメールです。

どこにメールすればよいのか分からなくて、こちらに送らせていただきます。素人ですみません。

勝手に 住所も載せておきます。
よろしいでしょうか。
 (ここから先は、河野の判断でアップしませんね。住所、お名前は承知しました。こうの)

投稿: | 2010年10月24日 (日) 11時20分

被害者・加害者にならない為の、早期の予防教育本当に大切ですね!

話は変わりますが、3月の広島港発着「ぱしふぃっくびいなす」、屋久島・種子島チャータークルーズの旅に早々ネット予約したのですが、もう既にキャンセル待ちになっていました(泣)
恐るべし人気ですねぇ~ship

投稿: sako | 2010年10月24日 (日) 11時21分

追伸loveletter

どうしても豪華客船を体験したくて、客室をちょっとグレードアップして(角窓ルーム)挑戦したら予約取れましたぁ~*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

先生のブログ読者で申し込まれた方達もいらっしゃるのではないかしら(笑)

投稿: sako | 2010年10月24日 (日) 16時33分

最近では、女性→男性のDVもクローズアップされていると、先日、「NHK」だったかのニュースで特集されていました…。
パワーで物事を治めるやり方を、
そろそろ見直さなければならないのでしょうね…。

投稿: おやイスト みんと | 2010年10月25日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/49827862

この記事へのトラックバック一覧です: 「デートDV」とは。:

« 道の駅「キララ」の定食。 | トップページ | 少々疲れました。 »