« 日本軍『慰安婦』のマップ | トップページ | 子ども条例について②施設を卒園する子どもたちへ。 »

子どもの権利条例について①J先生との出会い

Img142

 昨日、クリニックで診療をしていると、弁護士のJ先生がいらっしていると受付からの知らせがありました。私は、びっくりして飛んで受付に行きました。

 そこには、J先生がお元気そうに立っていらっしゃいました。今年春、J先生に講演をして頂きたくて、弁護士事務所にお電話をしたことがあります。その時に、他の弁護士さんから、J先生はご病気だとうかがいました。それも、復帰はいつになるか分からないと。

 本当にびっくりして。お元気だとばかり思っていたので。その後、深刻なご病気であるとの情報も入っていました。心配はしていたものの、どうしたらいいのか、どうしたらご迷惑なのか、それともご迷惑ではなく、喜んでいただけろるのか、分かりませんでした。

 その先生が立っていらっしたのです。そして、このポスターを貼ってください、と。持ってこられたのが、「広島市に子どもの権利条例を!」シンポジウムのポスターです。真夏の灼熱の中、わざわざ先生自身がポスターを持ってこられていたのです。手には、まだ何枚ものポスターがあります。まだいろいろなところを回られるのでしょうか。私は診療中で、お茶の一杯もお勧めすることなく、立ち話だけで終えてしまって、本当に申し訳ないことでした。

 J先生とのご縁は、もう30年近く前になります。

 私は、勤務医で忙しくしていました。「さらば、悲しみの性」を出した頃と思います。一人の性犯罪の被害者の少女を診ていました。その少女の件でJ先生が私を訪ねて来られたのです。先生は、その加害者である逮捕された少年の弁護士でした。犯罪の状況をお話しする中で、先生の立場は分かるけれども、でも、加害者の弁護をなさるのに、被害者である彼女を貶めるような弁護だけはしないでほしい旨、お話ししました。

 それから、何年か後、また先生との出会いがあります。

 このシリーズ少し続きます。

 「子どもの権利条例」ついては、言いたいことが沢山あります。制定されて当たり前の条例を、政治的に意図的にあまりに歪曲して、反対の活動をする政治団体の人たちに対して、ちゃんと言わなければと、うずうずしていたのです。J先生が訪ねてきてくださった今、私もがんばらなければ、と思いました。次回は、J先生たちとのその後の活動について、お話ししますね。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 日本軍『慰安婦』のマップ | トップページ | 子ども条例について②施設を卒園する子どもたちへ。 »

コメント

河野先生、こんにちは!!

子育て支援について、情報配信を始め、おやこ体験など色々、思考錯誤しながらやっております。
このシンポジウム、ぜひ、参加させていただきたいと思います♪
素敵な情報、ありがとうございました!!^^

投稿: おやイスト みんと | 2010年8月22日 (日) 07時30分

おやイスト みんとさま
コメントとてもとてもありがとうございます。勇気付けられます。今、こんな動きにも反対する人たちの力も大きいのです。虐待される子どもたちを救うためにも、がんばらなければ。ぜひぜひ講演会に行ってくださいませ。私は、土曜日は診療があってだめなのです。ザンネンです。ブログ、見させていただいています。お互い、めげないで、歩みましょう。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年8月22日 (日) 18時53分

初めまして。よくこちらのブログを拝見しております。昨年から今年にかけて妊婦だった私は時には考えさせられたり、広島及びその近辺の情報を写真入りで楽しく読ませて頂いておりました。
今、母の立場となってこちらのブログを読ませて頂くつもりでしたが、4月に臨月で出産直前までずっとずっと元気で異常が全く無かった娘を突然の心臓停止で亡くしてしまいました。出産数時間前でした。その後、引きこもって自責の念で一杯で、気持ちをどう位置付けて良いか分からず、真っ暗な毎日でした。でも最近またこうして先生のブログを拝見するようになって、国際養子縁組、未成年の妊娠、のお話を読んで世の中色々な状況のもと、一生懸命生きてる人がいるので自分も亡くなった娘の目となり耳となって残りの人生を地に足付けて生きていかなきゃ申し訳ないなぁと思うようになりました。これからも、更新楽しみにしています!お体にお気をつけて下さい。

投稿: | 2010年8月31日 (火) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/49211026

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの権利条例について①J先生との出会い:

« 日本軍『慰安婦』のマップ | トップページ | 子ども条例について②施設を卒園する子どもたちへ。 »