« ゴーヤの「オランダ」。 | トップページ | 広島へ帰りました。そうめんうりの酢の物です。 »

熱中症、石仏、夏ふぐ。

 義弟の初盆で起こったハプニングというのは、広島から行った、私の姪、妹と義弟の娘の一人が熱中症で倒れて、救急車で病院に運ばれ、救急病院に入院したのです。で、広島組全員が一日大分に残ることになったというわけです。38度を越える熱を出した姪も、一晩入院して点滴をしてもらったら、微熱はあるものの、一応元気を取り戻して、無事退院しました。

 土曜日のお盆でも、救急を受け入れ、すばやく対応をして下さったのは、大分市の医師会立の大きな病院でした。即座に血液の検査も頭のCTも撮ってくださるという、本当に救急体制が出来上がっている病院でした。ありがたいことです。

 お昼前に一行を送り出した後、私たちは河野の実家へ。15日は、お墓から連れて帰った義父をまたお墓に連れて行く日です。

2010_08150001 母が、「おみやげだんご」を作っていました。甘いものが大好きだった父に、餡たっぷりのお団子です。これを持って、またあの世に帰ってね、というお土産なのだそうです。仏壇にお供えした後、私たちも戴きました。

 こういう風習がいつまでも、しっかり残っている地域です。義母は、 こういうことをきっちりやって来た人です。これらは、冠婚葬祭すべてに言えること。私は、若い頃は、それらに大変戸惑いましたが、歳をとった今、それらも受けいれることは出来ます。が、私にそれらがすべてできるかといわれると・・・これはもう、かんべんを!!と言うしかないでしょう・・・。

 無事義父にお墓に帰っていただいた後、母と義姉夫妻と共に、臼杵に行きました。義姉、夫の姉ですが、その夫妻が近くに住んでくださるからこそ、私たちも一人暮らしの高齢の母のことを安心していることが出来ます。

1 国宝の臼杵の石仏です。これまで何十回も大分に帰っていながら、行ったことがありませんでした。1400年も前、平安時代に作られたという沢山の石仏には、たしかに荘厳なものを感じ、自然に手を合わせることが出来ました。(何と、デジカメを持っていくのを忘れてしまって、携帯での撮影です。残念!)

静かな田圃と山が広がる中を人々が静かに巡っていました。暑さと蚊に悩まされることのない、もう少し気候がよくなったら、もう一度来て見たいところです。

2_2  その後、臼杵の石仏のすぐそばの「臼杵湯の里」へ。以前、ここのお食事どころでふぐを戴いて、それは美味しかったことがあります。事前に調べて、問い合わせた所、今もふぐ料理をやっていると。夏ふぐは、冬以上に美味しいと書いてあります。

 臼杵はふぐの名産地です。刺身は、身が厚くてびっりするほど美味です。臼杵市内には沢山のふぐやさんがあります(あの、小室〇〇さんの奥さんの実家もここの老舗ですが、ホームページで調べたら、それは高価でした。こんなところにはいけません)が、湯の里は、お風呂に入って、食事、それもお料理のわりに安いことは実証済みです。

 写真は、これで二人分のお刺身です。三人用は、もっと大きなお皿に盛られていました。ここは、ふぐの肝も出してくれます。雑炊や最後のデザートにいたるまで、フルコースを堪能しました。

 母や姉夫妻にも喜んで頂いてよかったです。

 今日は、広島に帰ります。明日の午後から大事な会議があります。それに間に合うように、ゆっくりのんびり帰ろうと思います。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« ゴーヤの「オランダ」。 | トップページ | 広島へ帰りました。そうめんうりの酢の物です。 »

コメント

臼杵は私にとっても懐かしい地です。
十数年前、息子の最初の赴任地が大分で、その赴任地でのラグビー試合で膝下の骨を骨折し入院。家内はウイクリーマンションに泊まって看病してましたが、外科手術が終わって落ち着いてしまうとすることがなくて、臼杵へ散歩に出ました。
その時食べた、フグの握り、そしてひれ酒が大変美味しくて、再訪の機会があればと願っています。
息子の方は怪我の功名というのか大分のお嬢さんを見つけ、今は年に数回大分に行く(里帰りする)時は別府や湯布院の湯につかっているようです。

投稿: はんぐろ | 2010年8月16日 (月) 13時00分

出先で病気になると大変てすね。

昔、子供の頃は昼過ぎに行水をして昼寝をしていました。
熱中症と言う言葉は聞かなかったですが、簡単な熱中症対策かもしれませんね。
熱中症になるひとは、水分や塩分の補給が足りないような感じのことを言われてますが、寝不足や疲れも重要な要素のようですね。
行水は、体温を下げ、昼寝は寝不足と疲れの解消になると思います。
先生は、熱中症になりやすい要素を沢山お持ちのように思いますから、お気を付けて下さいね。

投稿: やんじ | 2010年8月16日 (月) 18時49分

はんぐろさま
信濃は涼しいですか。広島は、めちゃ暑いです。コメントありがとうございます。
 いつか大分でお会いしたいですね。その時には、今度は別府の我が家に泊まってください。温泉があります。臼杵のふぐ、年中あるのですよ。本当に美味しかったです。
 はんぐろさまのブログ、共感することばかりです。私も、近いうち、性奴隷について書きますね。私たちがしっかり声をあげなければ、と思います。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年8月18日 (水) 19時05分

やんじさま
ありがとうございます。私、元気なのは、きっとよく食べるからだと思います。昔、やせてたころは、とても体が弱かったのですが。信じられないでしょう?やんじさんも仕事、気をつけてね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年8月18日 (水) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/49159658

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症、石仏、夏ふぐ。:

« ゴーヤの「オランダ」。 | トップページ | 広島へ帰りました。そうめんうりの酢の物です。 »