« 性教協夏期広島セミナーから②怒りの背景を伝える | トップページ | ソニーその後、写真一挙掲載です。 »

性教協夏期広島セミナー③少年非行について。

 性教協夏期広島セミナーの午後のもう一つの講演は、下西さや子さんの『「非行」少年たちの加害と被害』でした。

 下西さや子さんは、1995年、暴力防止プログラムを子どもたちに提供する民間団体「CAP広島」を立ち上げ、理事長をしています。

 一方、1999年より、10年間女子少年院「命と心の相談員」として、相談役を務め、2009年より法務省中国地方更正保護委員会委員をなさっています。この委員会は、仮釈放許可官庁機関で、全国8か所の各高等裁判所所在地に設置されています。*刑事施設からの仮釈放の許可、及び仮釈放の取り消し、不定期系の終了。*少年院からの仮退院及び退院の許可*保護観察の監督などの役目があります。

また、今は日赤看護大学の客員教授を務めるという、大変忙しい毎日を過ごしておられます。その忙しさを縫うようにして、この講演に取組んでくださいました。

 講演は、1、非行とは?  2、虞犯事例 3、男女年齢別入院割合 4、少年法改正 5、少年非行に対する言説と現実 6、少年院在院少年の被虐待調査から 7、女子少年院在院少年の性被害調査から 8、暴力の再生産のプロセス 9、「非行少年の更生に何が必要か

の流れに沿ってして下さいました。とても私がここでまとめて話せるような簡単なお話しではなかったのですが、いくつか、気づいたことを述べます。

2010_07270005 まず、少年非行は凶悪化しているか?という問いには、検挙人員、殺人事件、強盗事件の年次推移をグラフにしてあります。そのどれも、どんどんと減っています。たとえば、凶悪事件での検挙人員は、平成12年は2120人。平成21年は、949人。殺人は平成12年が105人。平成21年が50人。強盗が平成12年1638人。平成21年が696人。

 では、少年非行は低年齢化しているか?の問いの答えです。触法少年(刑法):14歳未満で刑法に触れる行為をした少年のことですが。その推移です。平成12年、補導された人員は20477人。内凶悪犯は174人。平成21年は18029人。内凶悪犯は143人と減っています。

ちなみに、戦後の長いスパーンでみると、少年凶悪犯罪の推移では、一番多いのが昭和35年で、8000件強でした。

 少年院在院者に対する被害経験のアンケート調査の結果も示して下さいました。虐待には、身体的虐待、ネグレクトなどの精神的虐待、それに性的虐待も含まれます。虐待を受けたことのある少年のその多さ。虐待をした相手の分析、虐待を受けた時期など、本当に胸が痛い思いで聞きました。女子少年院の在院者の性被害経験のないものは、19.7%でしかないのです。

 様々な角度から話して下さった後、「非行」少年の更生に何が必要か、具体例を挙げながら話してくださいました。これが、本当によかったのです。

1) 感情を取り戻す 感情の言語化(名前のない感情に名前を与える)

2) 思考の歪み(思い込み)に気づかせること。

3) 被害者としての自分と加害者としての自分を統合する。

具体例では、自分が受けた被害の怒りやもやもやを、第三者にぶつけることで感情の解消をしようとすること、その間違いに気づかせていくこと。それが見事に本人の文章となって現れていました。

 私のこの報告では、うまく表現できないのがもどかしいのですが。私が日ごろ向き合っている性的被害や性的虐待に会ってしまった少女達への対応が、より明確になって来ました。

 下西さんの暖かい心で、少年達の心が解きほぐされていくのが、目に見えるようでした。本当にこの講演を聞いてよかったと思いました。残念なのは、この会の参加者が少なかったことです。本当にもったいないとみんなで話し合いました。大人達がみんな城さんや下西さんの講演を聞いて、自分達の問題として捉えたなら。子どもたちもとても楽になるでしょうに。そう思いました。

 もう一つの講演は、私でした。30年の性教育の総決算のつもりで、今、若者に伝えたいことを話したのですが。何しろ時間が限られていて、話したいことは一杯なのですが。今度の日曜日の全国大会までにスライドも含めて、見直しをしなければなりません。

 毎年行ってきた性教協夏期広島セミナー第23回も無事終わりました。まだまだめげないで継続していくつもりです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 性教協夏期広島セミナーから②怒りの背景を伝える | トップページ | ソニーその後、写真一挙掲載です。 »

コメント

先生のブログを読むと色々考えさせられます

私は現在仕事で広島に来ていますが色々調べていたら先生のブログにあたりました。
私は薬害C型肝炎の被害者です
私はC型肝炎のためたくさんの差別や婚約破棄までなりました
先生はこのような病気のことでの差別にどぉお考えですか?
ブログに実名出してる先生は人間的にも凄く尊敬できます
なにか真っ直ぐな人柄が伝わってきます

投稿: くろうさ | 2010年7月28日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/48990106

この記事へのトラックバック一覧です: 性教協夏期広島セミナー③少年非行について。:

« 性教協夏期広島セミナーから②怒りの背景を伝える | トップページ | ソニーその後、写真一挙掲載です。 »