« パク・ヨンハの死に思う。 | トップページ | 昨日の中学校で。 »

「老人大学院B会」と「命の大切さを伝える教育推進プログラム」

 昨日は、お昼時間、午後1時半から3時まで広島老人大学大学院OB会で講演をしました。夜は7時から9時まで広島市の「命の大切さを伝える教育推進プログラム」の会議でした。診療をはさんで、高齢者と思春期の双方への取り組みです。

2010_07070007 老人大学大学院B会とは。老人大学を三年、大学院を二年終了したOBの方たちの会です。会場は、お年寄りでいっばいです。でも、これでは入りきらないので、来週もまた人の入れ替えで、同じことをします。二回に分けないと入らないほどの方たちの集まりです。

 そのパワーに本当に圧倒されました。私の講演の前、パソコンの準備をしているうちに、次々と伝達事項が伝えられています。それは、平和公園のお掃除の予定、旅行の企画、そして芸能部門のお知らせなど。

 老人大学は、65歳以上からの入学ですから、それから5年以上たった方たちです。昨日は、それも早くに院を卒業した方たち、なんか、平均80歳近くの方たちなのだそう。来週は、もう少しお若い方たちなのだそうです。

 パートナーのいる方、いない方、いろいろですので、その双方に気配りした話を心がけました。笑い一杯にして。この時間というのは、お年寄りの多くは、お昼寝タイムなのだそうですが、ほぼ眠らないで聞いていただけたと思います。こんな話しを聞くのは初めてで、目からうろこだったと、言っていただけました。

 ホルモンのお話し、子宮がん検診のお話し、パートナーとのコミュニケーション、優しい会話の交わし方、それから、「社会とつながりましょう」、政治を見つめましょう。怒りましょう、声を届けましょう。そんな話しです。時に最後の所では、変えるといいながら、さっぱり見えてこない、「後期高齢者医療」のからくりについて。それから、自分のためにお金を使いしまょう。お金を節約しないと「老後が心配だ」と言う方、「今がもう老後ですよ。」というと、会場中大笑いになりました。そんな話、満載にしました。来週は、昨日の話しをたたき台にまたスライドを作り変えてもっと充実させようと思います。

 夜の会は、うーん、前途多難だなあ、と。文科省の指導要領の手引きがどっさり配られました。この中での教材作りとなると・・・。ボツボツと取組んでいきましょう。

 今日は、午後三次の中学校での講演です。久々に県北にドライブです。

 
コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« パク・ヨンハの死に思う。 | トップページ | 昨日の中学校で。 »

コメント

初めてお便りします。
サーバリックスを調べていて、先生のページにたどり着きました。
今日の老人大学の記事を拝見しました。
戦中戦後の苦しい時代を支えてきた年配の方には「いま」を楽しく過ごしていただきたいと思います。
私も講演を聞いてみたかったな〜。
これからも先生のブログを楽しみにしています♪

投稿: ととろ | 2010年7月 8日 (木) 18時04分

ととろさま
ありがとうございます。今日も、老人大学大学院OB会での講演です。これからも、どうぞよろしくお願いしますね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年7月14日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/48825007

この記事へのトラックバック一覧です: 「老人大学院B会」と「命の大切さを伝える教育推進プログラム」:

« パク・ヨンハの死に思う。 | トップページ | 昨日の中学校で。 »