« 雨です。飛行機は飛ぶのでしょうか。 | トップページ | ヘルペスの研修会から »

無事東京です。

無事東京についています。娘たちと食事をしてホテルに入りました。

朝から何度も飛行情況を覗いていましたが、全て飛んでいるようで、びっくりです。広島空港は、何か、無線で着陸を誘導する装置が出来て、あまり欠航しなくなったとは聞いていましたが、どしゃ降りの中をよく飛び立ったと思います。

でもやっぱり揺れました。揺れると怖いものです。もう、どうしたらいいのかわからなくなります。持って来た本を開いて一生懸命に読みました。そしたらだんだんと気持ちも楽になりました。

東京は小雨です。

明日は朝早くからヘルペスの研修会です。

特に性器ヘルペスは一旦かかると何ども再発するのがつらい病気です。今、再発抑制療法と言う治療法が出来て、だいぶ患者さまも楽になっています。私のクリニックでも沢山の患者さまにその治療をしています。が、まだわからない事も多々あります。明日はそのあたりの研修をしっかりして帰りますね。

パソコンでなく、IPadだけを持って来ました。荷物が軽くて助かりました。でもまだ私は写真のアップが出来ません。どなたか教えてください!!

|

« 雨です。飛行機は飛ぶのでしょうか。 | トップページ | ヘルペスの研修会から »

コメント

こんにちは。高校生の女子です…くだらないことかも知れないんですが、先生のご意見が聞きたくて。
先生は「14才の母」というドラマをご存知ですか?その中で、14才で妊娠してしまった女の子の母親の台詞で「うちの子は、この世の過ちを犯してしまいました」というのがありました。自立していない子どもの妊娠に、親が反対するのは当たり前ですし、もし自分の身に起こったら自分の親もあんな風になるのだろうな と思って見ていましたが、この台詞にはちょっと疑問が残りました。まるで犯罪人のような扱われ方だと思いました。話の中で、産婦人科の先生は「生まれた子どもを育てられなかったら、それは罪」と言っていましたが、経済的な状況等が整っていても、若年妊娠は白い目で見られますよね。私の大事な友達は、赤ちゃんができて、結局は泣く泣く堕胎したのですが、妊娠をきっかけに何人も友達を失いました。私にはどうしてかわかりません…若くて、人を愛して、赤ちゃんができるのっていけないことなんですか?

投稿: 学生 | 2010年6月27日 (日) 11時30分

河野先生のブログ、とても内容が濃く、有難く思っています。それからお食事の写真も楽しみです。私の娘は拒食症になって3年たちます。なぜか外食だけは喜んで普通に食べられます。だから贅沢ですが、よく一緒に食べにいきます。これが娘の命をつないでいる気がします。先生おいしそうなお料理載せてくださってありがとうございます。先生、摂食障害はいつか治りますか?

投稿: スヌーピー | 2010年6月27日 (日) 17時59分

学生さま
私も14歳の母、見ましたよ。今の日本の社会の風潮は、あんなものだと思います。でも、本人と周りのサポートで赤ちゃんを育てていくあの姿勢は素晴らしいと思いましたよ。「若くして妊娠して、育てていける」のだったら、それはそれでよし、でも、育てることが出来ないのなら、妊娠しないように、それが原則ですね。今はそんな教育がちゃんとできていません。それが問題だと思っています。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年6月30日 (水) 08時27分

スヌーピーさま
コメントありがとうございます。摂食障害は、なかなか治療が難しいのですが。カウンセリングは受けていらっしゃいますか。外食が出来るというのは救いですね。気長に向き合ってあげて下さいね。摂食障害についてはまたこの蘭にも書きますね。これからも時々覗いてくださいませ。感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年6月30日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/48730003

この記事へのトラックバック一覧です: 無事東京です。:

« 雨です。飛行機は飛ぶのでしょうか。 | トップページ | ヘルペスの研修会から »