« 「私と性教育」⑱番外編・今日は看護大学で講演・ソニーについても | トップページ | 「私と性教育」⑳エイズと性教育 »

「私と性教育」⑲署名を出しに厚生省へ。

 昨日の日赤看護大学の講演、無事終了しました。スライドは一応作りましたが、大学に着いても、まだどんなスタンスで話そうか、ずっと迷っていました。が、話し始めると、スイスイ。用意して行ったスライドは、10枚程度しか使いませんでした。

 学生さんたちはよく聞いてくれたと思います。若い人はいいですね。生き生き、のびのび。彼女達の将来に幸あれ!!

 学生さんたち、沢山のコメントありがとうございました。また、どこかでお会いできるといいですね。そうそう、「私は、土谷病院時代に先生に取り上げてもらいました。」と言ってくれた人がいました。本当にうれしいものです。沢山の赤ちゃんを取り上げて来ましたが、もう多くの子がしっかり大人になって活躍しているのですね。改めて、この私がしてきた仕事はいいものなのかもしれないと思っています。

 関係者の皆様大変お世話になりました。これからの皆様のお仕事に少しでもお役に立つことが出来たなら、うれしい限りです。

 さて、薬害エイズについての広島エイズダイアルの支援活動です。原告の方たちや弁護士さん、厚生省の方などをお呼びして、いろいろな講演会をすると共に、署名活動に取り組みました。厚生省は、裁判で闘うことをやめて、早く原告を救済して下さいという趣旨の署名です。沢山の方たちが署名集めをして下さり、アット言う間に10万人近い署名があつまりました。

 重いそれらを風呂敷に包んで厚生大臣に渡しにいきました。私は、ちょうど講演があって東京に行っており、後から新幹線で来たエイズダイアルのメンバーや原告の人たちと待ち合わせをしました。東京駅からタクシーで来る途中、「アッ、あれ何やあ」「あれは皇居よ。」「へえ、皇居か。広いのう。」などと大騒ぎだったと。本当に田舎から重い荷物を持っての上京でした。

 そして、あらかじめ、当時衆議院議員だった秋葉市長に手配して頂いて、大臣室に行ったのですが、大臣はいないで、秘書さんが対応されました。署名を渡しましたが、本当に大臣が目にされたのかどうか分かりません。

 追い立てられるように大臣室を出る時には大臣室に沢山の椅子が次々と並べられていました。誰かが来るのだなあ、その人たちには大臣が会うのだなあ、と思いました。外に出ると、「〇〇大臣後援会様」と言うステッカーを貼ったバスが止まっています。ああ、そうか、地元から支持者の人たちが来るのだわ。私たちには会わなくとも、地元の人たちには会わないわけに行かないのよね、とひがみっぽく思ったものです。

 ところで、高田先生は、原告の証人として大阪裁判の法廷に立たれました。先生は、当時広島大学の国家公務員の立場です。原告は国を訴えています。その裁判で国の職員である者が国を訴えた人の支援をすることに悩みが深かったと。当時の教授に相談に行ったところ、「あなたが正しいと思うことをやりなさい」と言われたのだそうです。その教授の言葉で、先生は法廷に立ち、大切な証言をされました。教授にそういわれたことなどは、先日退職されるときの広大での最後の講義でお話されました。

2010_04180006 ランチです。そごうの隣のメルパルクの二階の日替わり御膳。1000円です。あれこれと、本当に美味しかったです。こんな豪華なのはめったに食べません。いつもは400円から700円のラーメンミニだったり、にゅめんだったり、日替わりランチだったりです。こんなに豪華なのを食べた夜は、軽く済ませます。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「私と性教育」⑱番外編・今日は看護大学で講演・ソニーについても | トップページ | 「私と性教育」⑳エイズと性教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/48157965

この記事へのトラックバック一覧です: 「私と性教育」⑲署名を出しに厚生省へ。:

« 「私と性教育」⑱番外編・今日は看護大学で講演・ソニーについても | トップページ | 「私と性教育」⑳エイズと性教育 »