« 「私と性教育」①土谷病院に赴任して。 | トップページ | 「私と性教育」③私の問題発言で大騒ぎ。 »

「私と性教育」②うその安全日を教えたために。

 同じ高校の、それも同じクラスの生徒が4人も次々と妊娠してきた原因は、授業にありました。保健の先生が「生理が終わって一週間は安全日で妊娠はしない」と教えたというのです。びっくりです。月経が終わってすぐに妊娠可能な時期になるし、それに終わって一週間、始まりから二週間、それはまさに排卵日そのものです。もっとも妊娠しやすい時期になります。

 罪なものです。間違って教えて、しかもそれを生徒がすぐに信じて実行してしまうという、本当に現実の社会を見せ付けられました。こんなことは、机上の考えでは、思いもつかないことでしょう。

 これ以来、私は現実を見て考えることの重要さを痛感したのです。

 何しろ、はじめは産婦人科医一人で赴任しました。それも救急指定病院です。夜昼かまわず救急車が飛びこんできますし、産婦人科の開業医の先生から、救急の受け入れの依頼もしょっちゅうです。病院として検査や手術室など、救急の体制は出来てはいるものの、産婦人科医一人で対応するのは、本当にきついことでした。

 そんなとき、一人の少女が救急車で担ぎこまれて来ました。15歳の高校生。重症の腹膜炎で、おなかの中が膿だらけでした。大急ぎで手術、そしてその後も入院が長引きました。

 それは夏休みがそろそろ終わろうというとき。ちょうどその頃、医師会館で性教育の大会が開かれたのです。当時の性教育は、産婦人科医でも結構お年寄りの先生方がしていらっしゃいました。その先生達が中心となっての「性非行と〇〇」というタイトルでの会でした。会場は超満員。学校関係者やPTAの保護者の方たちも沢山いらっしていたようです。

 大会の内容はとても私が見ている現実とは異なりますし、違和感を強く持ちました。その会で、私はついひどい問題発言をしました。そのために沢山のえらい先生からしかられ、大変でした。でも、それが私の性教育の講演、本の出版へとつながっていきます。次回このあたりを詳しくお話しします。

2010_04040114 誕生日にクリニックのスタッフからいただいたお花です。スイートピーとフリージア。大好きなお花達です。診察室の机に飾っています。黄色だけでなく、花のふちが赤いフリージア、初めて見ました。どちらも香りは一緒です。診療中ずっといいにおいがして、幸せな気分になります。このお花とロクシタンのシャンプーとコンディショナーをいただきました。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「私と性教育」①土谷病院に赴任して。 | トップページ | 「私と性教育」③私の問題発言で大騒ぎ。 »

コメント

先生の発言でそんな事があるなんて…
驚きました。
子どもの一生に関わる発言なのに…

我が娘の塾の先生も
「タバコを吸う親から生まれた子は馬鹿になる」
と教えたらしく
「そうなん?」って聞いて来た事を思い出しました。
笑い話で済む程度なら良いんですけどね。。。

投稿: 直珍 | 2010年4月 4日 (日) 12時18分

先生の記事とは全く別な内容で申し訳ありません。メディアは若林代返の批判ばかりですが、1番デタラメなのは自民党の青木幹雄参院議員会長だと思います。

私のブログに怒りのUPしました。先生はどう思われますか。

【「代返」の自民党若林議員が辞職した。議員辞職はこの夏の参院選で息子に譲っての筋書きだったから、3ヶ月早くなっただけのことで、こんな親を持つ息子を長野選挙区住民が当選させるようだと世も末だ。

昨夜、朝日新聞に掲載されていた“代返詳細”を読んで「辛口」は驚いた。あの日の参院本会議では採決10件が予定されていたのであるが、代返(ボタン押し)の前に、青木幹雄議員会長は、若林氏に「別の会合があるから」と言い残し席を立ったという。

「ええっ! 参議院議員に本会議より大切な会議があるとは」驚きだ。いくら投票ボタンを押しても与党有利な院の状態からは、青木幹雄の1票は役に立たないと分かり切っているので、別の会合?に出かけたのか。若林議員の代返行動が青木議員を選んだ島根県民を愚弄するものと、新聞やテレビが伝えていたが、国会を途中で放り投げて何処かへ出かけた青木幹雄議員の方が“彼を選んだ島根県民を馬鹿にして”いるのではないか。

人の行動を比較する言葉に「五十歩百歩」だとか「目くそ鼻くそ」などがある。今回の若林、青木両議員はこの比較論には当てはまらない。代返の若林議員の馬鹿さ加減はそれまでであるが、青木議員の“国会軽視”こそ(島根県の青木支持者には気の毒だが)メディアは強く報道すべきだ。】

投稿: なんでも辛口 | 2010年4月 4日 (日) 21時32分

直珍さま
コメントありがとうございます。ええ、若い人には、正確に伝えなければ、ね。まだまだいろいろと続きます。これからも読んで下さいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年4月 5日 (月) 07時58分

なんでも辛口さま
おっしゃるとおりです。その通り。島根はどうなるのでしようかね。竹下さん、青木さんの力が大きいところだから。今回の問題でも、青木さんの問題と感じる方は余りいないのではないでしょうかね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年4月 5日 (月) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/47991060

この記事へのトラックバック一覧です: 「私と性教育」②うその安全日を教えたために。:

« 「私と性教育」①土谷病院に赴任して。 | トップページ | 「私と性教育」③私の問題発言で大騒ぎ。 »