« 企業の方に更年期のお話をしました。 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。②出会い系サイト、掲示板。 »

今クリニックで起こっていること。①中学生、高校生の出産

 今、私のクリニックでは、いろいろ大変なことが起こっています。患者さんの個人情報に当たることは公表できませんので、私も慎重になります。でも、それであるがゆえに、状況が知られていない、だから性教育の必要性もさっぱりわかって頂けないというもどかしさを感じています。

 当事者が、どこの誰なのかはわからないように心を配った上で、ある程度お話するのは許されるのではないか、と思っています。

 昨日、二人の高校生が診察に来て、無事卒業式を終えた、と言いました。良かったねえ、よく頑張ったねえ、と言いました。二人とも、もうすぐ赤ちゃんが生まれます。そのことは、学校には一切知らせていません。

 本来なら、学校にも知らせて、体育などの配慮もして頂いたほうがいいのでしょうが、そうすることは怖いのです。それを知った学校がどう判断するのかが分かりません。二人とも県立高校ですが、生徒の妊娠を学校がどう受け止めるのか。せめて知らん振りしていてくだされば、それはそれで個人で工夫が出来るのですが。

 「退学しなさい」ということが現実にあるものですから。これは、30年前と全く変わりません。だまって中絶すれば、学校は続けられます。産もうとすると、続けられません。

 高校生で、一人悩んでいるうちに、時期を失してしまった、もう出産するしかないとなって初めてクリニックに来た子がいます。やむを得ずの出産です。

 相手の男性も同じ県立高校の生徒です。家族が学校に相談したら、何と、二人とも退学になってしまいました。他の生徒に与える影響が、というのが理由です。かわいそうなことになってしまいました。彼は、大学に行って教師になりたいとの希望を持っていました。

 多くの人は自業自得というでしょう。でも、それならチャンと教育すべきだと思うのです。

 性は生殖であるということ。妊娠はするものなのだと。

 妊娠してもいいのかどうかをしっかり考えろと。

 それに避妊も。避妊は決して簡単なものではないのだと。必死でしなければ妊娠はするものなのだと。

 避妊を教えるとセックスをしたがるではないか、という人がいます。とんでもない、避妊をいい加減に考えているから、行動をとっているのですよ。ちゃんと知るということは、行動も慎重になるということなのです。

 そういい続けて、30年。事態はちっとも変わりません。いえ、性教育を巡る状況はますます後退し続けています。

 私のクリニックでは、高校生同士だけでなく、いま中学生のカップルで出産する子もいます。中学なんて、避妊は教えてはならないことになっているのですから。いい加減な知識で、妊娠なんてしないと思っているのですから。学校は、やはりこのことを知りません。彼女も彼も、具体的な将来の職業の希望を持っているのですが、すべて諦めなければならなくなりました。

 先日、中一の女の子が掲示板により知り合った男性と何回か性交をして、そして猛烈な腹痛で来ました。明日はこの子のことについて書きます。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 企業の方に更年期のお話をしました。 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。②出会い系サイト、掲示板。 »

コメント

男って人としてつまらないなって最近思いますね。
深夜まで預かってくれる託児所に、夜の仕事をしているまだ20代前半の女性が子供を迎えに行くのをよく見ます。(10代で子供を産んだのかもしれません)
そんなとき、相手の男って何してるんだろうか?
子供ができた後の、責任や義務をわからないのでしょうね。(教えられていないのでしょうね)
若者の暴走は必ずあると思いますが、その結果を少しでも小さくするための教育や躾けは必要だと思います。思い止まらせる気持ちや考えになるような。

子供は男女両方の責任で生まれるのに、女性に負担が大きいように思います。
シングルになっても一生懸命に育てている人。
両親が揃いながら虐待し殺す人。
社会で子育てを支援するために、お金で済ます子供手当てだけでなく、違う支援がもっと必要に思います。働く人を支援するための幼稚園や保育所や託児所や放課後の施設の充実と無料化が、一番に必要だと思います。

投稿: やんじ | 2010年3月11日 (木) 16時35分

最近はあまり教育現場で、かつてのように「性教育」云々といわなくなったような気がします。
性教育がまな板の上に取り上げられたのは、「エイズ」が社会問題になったとき、文科省が必死になって一時的に付け焼刃的に対応しただけにすぎません。
私も先生のお話を、生徒や若いお母さんたちと拝聴したことがあります。
そのときにも、先生は、「○○年前と全然状況がかわっていません」とおっしゃっていたような気がします。
「教育」という看板を掲げて、教え込むという大人の姿勢は、どこか大切な視点が抜けているように思えてなりません。
教える側の大人に、どれだけの自信があるのか。
子どもたちの好奇心とか性的行動にどれだけの理解を示しているのか。
いつまでたっても、大人目線からの「押し付け」では、「いのち」の教育はできないと思います。
門外漢が生意気なことを申し上げました。

投稿: 広島メイファーズ | 2010年3月11日 (木) 17時12分

はじめてコメントさせていただきます。
20数年前、当時~高校1年生だった私の担任が
夏休み前に読んでおくようにと
先生の著書を推薦されました。
高校生になって初めての夏休みは、行動もなにかしら開放的になりますよねっ
そのタイミングでの教師の薦めだったのだろうと思います。
あれこれ教師に言われるよりも、本を読んだことによって感じ取るものは多かったです。
一番、心に浮かんだ感想は「怖い」ってことでした。
そして「責任」も持たない・持てない子供には
SEXする権利はないと強く衝撃を受けたのを覚えています。
時代は流れても悲しい現実は後を絶たない・・・。
それよりも後退しているなんて。。。
先生、私は応援することしか出来ませんが
せめて私の回りには、ちゃんと伝えていきたいと思っています。
見ず知らずの私なんかに励まされても・・・ですが
お体に気をつけて頑張ってくださいねっ

投稿: Meg-ing | 2010年3月12日 (金) 00時39分

是非、「性教育」の徹底をお願いします。
高校卒業直後に出産し、二人は結婚しない。
その養育費をめぐる争いの調停を担当しています。
データーでは「三年生女子高校生の4-5割は性交経験ある」とのことです。
「避妊の教育」が必要だと思います。

投稿: 甲斐太郎 | 2010年10月10日 (日) 12時01分

甲斐太郎さんの通り、最近はほとんどの女子高生が経験してるとか、あと、早い子だと中学生や小学校高学年で経験してる子も中にはいるそうです。このあいだとあるブログで私妊娠しました産みます的な(ブロガーは中2)記事があり、
世間を甘くみすぎているなと思いました。コメントも頑張れとか励ましコメントが多い、そういうコメント人も世間を甘くみているとおもう
最終的にその子のお母さんは家を出ていったそうです。まず子育ては簡単な事じゃない
子供の学費、子供はあっという間に体が大きくなるので服代、食事代もいる。

投稿: ゆわ | 2011年5月28日 (土) 13時27分

私は未婚の社会人です。改めて『避妊』ついて考えさせられました・・・。

今の彼女とは付き合い始めた頃のセックスはいつもコンドームを付けて避妊していたのですが、そのうちに下手にオギノ式を覚えてしまい、しかも私はこれまでの女性経験で避妊は欠かせず、また包茎でもないので今の彼女にHPVウイルスを感染させるリスク低いだろう・・・。という思い込みもあり、以下のように流れになってしまっています・・・。

・妊娠し易い日はコンドームを装着するが、妊娠し難い日はコンドームを装着しないで、射精する直前に彼女の膣から自分のペニスを抜いて膣外射精。

・とうとう・・・。妊娠し易い日はコンドームを装着して避妊するが、妊娠し難い日はコンドームも装着せず、避妊していないのに、そのまま彼女の膣にペニスを挿れたままで射精。

・そして果てには・・・。彼女の妊娠し易い日もコンドームを装着しないで、自分が「彼女を妊娠させてみたい・・・。」「自分の子供を妊娠して欲しい・・・。」と気分が高まった時はそのまま彼女の膣にペニスを挿れたままで射精・・・。


彼女からは「お願い・・・、本当にお願いだからせめて危険日だけは中に出さないで・・・。赤ちゃんできちゃう・・・。妊娠しちゃう・・・。」って言われていて、るんですが、それでも止められず・・・。今に至ってました・・・。

でも、この記事を読んでいたら「自分は彼女になんて酷い事をしてるのだろう・・・。」と反省しました・・・。

投稿: 匿名 | 2013年8月11日 (日) 14時00分

避妊は100%じゃあない。
それを教科書に書いてほしい、22才です

投稿: | 2015年9月18日 (金) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/47781854

この記事へのトラックバック一覧です: 今クリニックで起こっていること。①中学生、高校生の出産:

« 企業の方に更年期のお話をしました。 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。②出会い系サイト、掲示板。 »