« 今クリニックで起こっていること。①中学生、高校生の出産 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。③プライバシーをさらけ出すということ。 »

今クリニックで起こっていること。②出会い系サイト、掲示板。

 以前は出会い系サイトでしたが、今危ないのは「掲示板」です。掲示板で連絡があったら若者達は、簡単に自分のアドレスを教えるし、会おうといわれれば簡単に会います。

 彼女は、子宮の内膜炎を起こしていました。まだ幼い子宮に細菌がどっさり入ってしまった様です。菌が何なのか、淋病やクラミジアなどの性感染症なのか、それとも雑菌なのか検査をしますが、とりあえず抗生物質の内服で治療です。

 コンドームを使うこともなくの行為ですので、全く無防備です。炎症だけでなく、妊娠の心配もしなければなりません。

 「妊娠は心配ではなかったの?」と聞きました。それを彼女は相手に言ったのだそうです。そしたら、相手の20代の男は、
「妊娠なんかするわけがない。そんなことは言わないでくれ。」と言われたのだそうです。「どうして?なぜ妊娠なんかしないのだろうか」と聞くと、分からない、と彼女は答えます。

 まだ時期が来てみないと妊娠しているのかどうなのか分かりません。

 中学一年生とは言え、生理がある体ですので、妊娠してもおかしくありません。

 私は腹が立ちました。こんな幼い子に何をしてくれるのか、と。もしも妊娠していたら、それを彼に告げたなら、きっと男は、携帯を変えて、連絡がつかなくなるでしょう。そうなってしまったのを、何人も見てきました。中絶の相談も、同意書のサインも、お金を出すことも、何もしないで逃げてしまいます。

 これは、犯罪です。彼女の同意があったとしても、青少年健全育成条例違反となります。犯罪には、犯罪としての対処をしてもらいわなければなりません。

 お母様と相談した上で、彼女の説得です。彼女は病気になってしまったことでショックを受けています。おなかも痛くてつらい、こうなったのは、なぜなのか。それにまだ今は分からないけれど、妊娠の心配もあります。あなたがそうなったのはなぜなのか、あなたをこんな目にあわせた男は、いい人なのか、あなたはこんなにしんどい思いをしているけれど、男性は、何かつらいことがあるのだろうか。そんなことを順々に話しました。

 治療は私がします。後は、警察が何とかしてくれるでしょう。

 私は、こうなる前の教育が必要だと思っています。無防備な若者達に密室で二人っきりになるのはとても危ないことなのだと教えなければと思います。ただ携帯を持たないようにというだけでは何の解決にもなりません。

 私が中学生や高校生に話すときにどう話すのか、以前すでに話しているのですが、次回もう一度その話しをしたいと思います。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 今クリニックで起こっていること。①中学生、高校生の出産 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。③プライバシーをさらけ出すということ。 »

コメント

読んでいるだけで胸が痛くなります。私も女の子の母親なので、自分の体を大事にすることの意味をきちんと教えていかなければと切に思います

投稿: ぎん | 2010年3月12日 (金) 23時31分

確かに携帯禁止は効果が薄いと思います。
なぜ知らない人と会うことが危ないのか、性行為はどんなリスクを伴うのかといったことを説明して、理解してもらわないと。

いくら大人が危険へのアクセスを減らそうとしたって、子ども自身が何が危険なのか分かっていなければ意味がありませんからね。

投稿: ravenclaw | 2010年3月13日 (土) 03時52分

30歳代息子二人の母親です。性教育は殆ど話しておりませんでした。中学卒業~高校入学頃の時期に一言だけ言いました。「女の子を泣かしたらダメよ!」と。この一言の意味を理解したかどうかわかりませんが私自身この一言を云っててよかったと思っています。なんら問題おこすこともなく社会人になってくれました。「「冗談半分ですが今は女(嫁)に泣かされている息子と私です(笑)」」

投稿: | 2010年3月13日 (土) 08時32分

はじめまして。ご著書を中高生のときから愛読している46歳女です。

40歳ごろから肢体不自由になり、現在は車椅子生活をしています。それ以前は身体強健で、性欲をもって近づいてくる男は肉体的にやっつけていました。

ここ数年、ボランティア・医療などの名目で近寄ってきて性的暴行にいたる(あるいは未遂)男が何人も出現して、対処に困っています。
SNSで、友人の知り合いの鍼灸師(男)が
「介護が足りなくて困っているみたいですね、自分は福祉にも詳しいので役に立てると思います」
と言って往診治療を申し出てきたことがあります。ところがその男は
「妻がセックスしてくれなくて」
というようなことを言い出し、私が拒んでも拒んでも性的関心を示し続けました。拒むたびに相手の欲求は激しくなり、暴力をちらつかせるようになりました。相手を切るに切れないでいたら(暴力をちらつかせられて復讐が怖かったのです)、数ヶ月後、やられてしまいました。
かなり迷いましたが、警察に届出しました。しかしそこでは
「恋愛をしていたが心変わりして警察に突き出すことにした」
というストーリーを勝手に作られ、事件化はされませんでした。相手の所属する鍼灸師団体も、明確な処罰はしませんでした。現在、示談中ですが、相手は
「そっちから誘っておいて」
「鍼灸師団体に名誉を回復されたい」
などと言いたいことを言っています。

私はITには非常に詳しいのですが、それでもこんなことは起こります。ましてや中高生が巻き込まれやすいのは必然でしょう。

投稿: みわちゃん | 2010年3月14日 (日) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今クリニックで起こっていること。②出会い系サイト、掲示板。:

« 今クリニックで起こっていること。①中学生、高校生の出産 | トップページ | 今クリニックで起こっていること。③プライバシーをさらけ出すということ。 »