« 一日中関西で過ごしました。 | トップページ | がんの講演終了です。 »

膝の針治療。パンツ一丁で。

 昨日で、左ひざのヒアルロン酸関節内注入が五回終了しました。これからは、二週間に一回でいいそうです。毎週毎週痛い思いをして怖い注射をしていたので、やれやれです。と言っても、まだ良くなってはいません。座れません。でも、関節に水がたまっているだけで、歩くのに痛くはありません。先日の講演でも、駅の階段を上ったり降りたり、それに講演の会場も四階だったのですが、それも平気でした。これからは気長に改善させたいと思っています。

 ところで、少し前の話ですが。お正月に大分の河野の実家から広島に帰る途中、福岡の兄の家に寄りました。そこで、足が痛くて座れないと言ったら、兄がすぐにそれは針だ!と言って電話をしました。自分のかかりつけの針の先生に連絡をとり、お正月休みであっても、特別に治療して頂きました。

 その治療院での話です。左足のズボンを捲り上げてベットに寝ていたら、それを触って、「あれ、コレではだめだ、脱いで下さい。パンツ一丁になって下さい」と言われました。膝の治療だから、膝の周りだけかと思ったら、全身だなんて、と思いながら、脱ぎました。

 おお、寒む!と思いながらパンツ一丁になってベットに寝ていたら、体を触られて、
「あれ、上はいいのですよ。下だけ脱いで」といわれました。私は下着まで取って、全身裸になっていました。あらあ、そうですか、と言いながら、今度は脱いだ服を着ました。下半身だけでいいのだったわ、私は、上半身にも針を刺すのかと思って、ドキドキしていました。だって、パンツ一丁といわれたら、他は全部脱ぐものと思ってしまうではないですか、ねえ。

 全く、初体験というものは、分からないものです。何をどうしたらいいのか、さっぱりです。どの範囲に、どれだけ針を刺されるのか。

 針は、それは痛かったです。左足の上から下まで、100箇所くらい。悲鳴を上げました。効果は分かりませんでした。遠方ですので、その一回だけでしたので。どんな治療でも、一回だけでは、なかなかだと思います。さて、近かったら、あの痛い治療を続けていたでしょうか。膝の一箇所だけの治療のほうが楽ではありますが・・・。

2010_02130005  これは、やまとの湯の宇治金時です。お風呂から上がった後、二人で一個を食べます。それでちょうどいいくらいの量です。餡もミルクもたっぷり。白玉も二個入っています。会員価格350円。おいしいです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 一日中関西で過ごしました。 | トップページ | がんの講演終了です。 »

コメント

関節内注射、お疲れ様でした<(_ _)>
ひと安心ですね。
私達の大事な河野先生ですから、お出かけの際には
膝を労って、エレベーターなどをご利用下さいませ。

針治療、パンツ一丁と言われたら誰でも
裸だと思いますよ。そりゃあ、針の先生の
説明不足ですよ(笑)

私も病院で「ベッドに寝て腎臓を見せて下さい」と
言われ、お腹を上にしたら・・・
先生は苦笑されて「あのね、腎臓は背中側にあるんですよ」 
(そりゃ失礼しました)
本当に知らないというのは笑えます。

投稿: 波 | 2010年2月20日 (土) 14時29分

う~ん、素直と言うか・・・・w
20年以上前ですが某山陰の総合病院の眼科で
美少女に「全部脱いでください」と聴診器を当てて
クビになった先生がいると聞きました。
先生は眼科でも脱ぐかもしれませんねw

そうそう、例の野球の計画は?50人なら引き受けますよ!

投稿: ⑦パパ  | 2010年2月20日 (土) 16時54分

はじめまして。広島市で歯科をしております。以前から先生のご活動に興味があったのですが、今年に入って、貴ブログを毎日楽しみに拝見させていただいてます。

さて学生時代に教官から聞いた話ですが、「じゃあ、シタを出して」と言ったところ、ズボンのベルトを緩め始めた患者さんがいらっしゃったとかhappy01
施術者の前では、皆さん過度に?緊張されるんですよね、きっと。

spa

投稿: ヨボG | 2010年2月20日 (土) 23時13分

針治療、お疲れさまでした。私も花粉症がひどいので針治療を受けたことあります。顔じゅうに針を刺され、涙がぼろぽろこぼれるほど痛かったです。針の相性は人それぞれで、一回でよくなった人もいれば、一過性のものに過ぎないという人もいますね。
先生の悩みと痛みが想像できました。私もこれから花粉症のつらい時期を迎えます。頑張りましょうね!

投稿: ミセス・セブン | 2010年2月21日 (日) 19時35分

波さま
ええ、後は二週間に一回のペースで気長に直そうと思います。でも、関節内注射は痛いです。パンツ一丁、ねえ、そう言われればだれでも脱ぐと思うのですよ。私は、変だなと思うこともなく、サッサと脱いだのですが。後で考えれば、変ですよね。いつもコメントありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年2月21日 (日) 19時45分

⑦パパさま
私が以前勤務していた総合病院の耳鼻科のドクターが女性であれば、必ず胸を見て、パンツの中もチラッとのぞくと評判になったことがありました。私、のどが痛いから耳鼻科に行くといったら、ナースのみんなに止められましたよ。そんなドクターもいるものなのですね。今回は、私の勘違いでしたが。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年2月21日 (日) 19時47分

ヨボGさま(この名前は呼びにくいです。何かに変えてくださいませ)
あはは、おっかしいです。私たちのところでも、下着をぬがないで内診台に上がる方があって、私はよくナースにちゃんと説明しなさいと言っているのです。説明しても入らないことってあるのですね。これからもよろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年2月21日 (日) 19時59分

ミセス・セブンさま
わあ、顔に針ですか。私は絶対いやだ。で、治りましたか?そろそろ花粉が飛ぶようになりましたね。妊婦さんには、漢方をお出しします。花粉症の薬は飲めないので、仕方なくですが、結構効くみたいです。コメントありがとうございました。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2010年2月21日 (日) 20時10分

はじめて書き込みさせていただきます。
針の治療の際に、治療着の有無

下着になるか、着替えがあるか

着替えるならどこまで

この辺の情報少なく、業界として
もっと発信しないとと感じました。

投稿: はりびっくしましたね | 2010年6月 3日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/47613526

この記事へのトラックバック一覧です: 膝の針治療。パンツ一丁で。:

« 一日中関西で過ごしました。 | トップページ | がんの講演終了です。 »