« 釜山の満月です。 | トップページ | 渡邊智子医師の性教育⑥2回目の授業の終わり »

渡邊智子医師の性教育⑤自分たちのはじまりを知ろうの続き

渡邊先生の2回目の授業、命の始まりもいよいよ佳境に入っていきます。(保護者への報告書の続きです)

 四羽もみんなも同じ小さな一個の細胞から生まれました。哺乳類というおっ
ぱいを飲んで育つ動物の卵は、人間も牛も象もくじらも全部おなじ0.14ミリと
いう大きさです。そこに精子がやってきて受精するとその卵が分裂を始めてだ
んだん大きくなって、それぞれの動物になります。
 それでは精子と卵子はどこにあるのでしょう。男性と女性はどこが違います
か?
 子どもたち:男の人にはオチンチンがあるけど、女の人にはない。
       女の人はおっぱいがある・・・・いや大きくなる
       女の人は赤ちゃんを産む

 そうですね。男の人には足と足の間に2つの穴があります。何が出てくる穴
ですか?
 子どもたち:おしっこが出るところ。
       ウンチが出るところ

 当たりです。女の人には3つ穴がありますがわかりますか?
 子どもたち:おしっことウンチと後は何だろう

 赤ちゃんが出てくる穴があります。その穴の先には子宮という赤ちゃんが育
つ部屋があります。その部屋の左右に卵巣といって卵の家があります。巣とい
字は「鳥の巣」のように家のことです。その中には生まれたときから400個の
卵がすでに入っています。これはもう増えません。みんなが成長して大人の
スイッチが入ると、卵子が一個ずつ出てきます。(飛び出す絵本の女性生殖器を
見せる)
 男の人にはみんながオチンチンと呼んでいるいんけい・ペニスがあってそこからおしっこが出ますね。オチンチンの後ろには何がありますか?
 子どもたち:タマタマ!

 そうです。タマタマはいんのうと言います。難しい言葉は今は無理に覚えなくてもいいですよ。T先生も書き取りのテストで出したりしないからね。そのいんのうで精子は作られます。そして道を通っていんけいから外に出ます。
 子どもたち:エッ!?おしっこと一緒に出ちゃうの? 
       それじゃ汚いじゃない

 一緒には出ないけど、同じところから出るんだよ。違うところからだったら良かったね。(飛び出す絵本の男性生殖器使用)精子は暑さに弱いので、いんのうは体の外で風を受けて涼しい環境にしています。だから男の子は熱が出たら、頭だけじゃなくて、いんのうも冷やしてね。でも氷を直接つけちゃいけないよ。ビックリしてちじこまっちゃうよ。。
 つまり卵子と精子が出会うには、女性の赤ちゃんが通る穴に、男性の精子が入っていかないといけないよね。だからそことそこをくっつける必要があります。赤ちゃんができるのは女性だけだからね。牛も人間もみんなそうやって子孫をのこしてきたんだよ。人間は普段洋服を着て、パンツをはいている。それはみんなのお約束だから、もし大人のT先生が裸で校庭を走っていたら、警察につかまってしまいます。でも本当はどの動物も裸が当たり前なんだから。赤ちゃんができるときも裸なんだよ。
 子どもたち:そうだったんだ・・・男の人から精子をもらわないといけないんだ
       精子から卵子に行かないといけないんだね

 卵子と精子が出会うとひとつだけ精子が卵子の中に入って、命がはじまりま
す。(飛び出す絵本 受精)
 子どもたち:何それ!へびみたい!!
       キモイヨー!

 あれれ、評判が悪いなあ。じゃあ本物の写真見せるね。卵子はキラキラして
虹色でしょう?
 子どもたち:とてもきれい。こっちのほうがいいな。
       精子にはしっぽがあるね。
       おたまじゃくしみたい

以下河野です。

本当に、楽しい授業で。転載しながら、何度も噴き出したり、涙が出そうになったり。ちょっと前まで、多くの学校で、多くの先生たちの手によってこのような授業が行われていたのですが。だんだんとこのような授業ができない空気になってしまいました。次回は2回目の授業の終わりまでです。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 釜山の満月です。 | トップページ | 渡邊智子医師の性教育⑥2回目の授業の終わり »

コメント

不妊症の原因の件で質問です。

子供の頃の40度近い高熱で、精子の働きが悪くなる可能性は?

>いんのうも冷やしてね
 ブリーフよりも、トランクスの方が睾丸の為には良さそうですね?

投稿: 誠 | 2009年11月 4日 (水) 11時01分

常日頃から性について考えている訳ですが、自分には何が出来るか、何をなすべきか、そして「何が正しいか」、考えれば考えるほど分からないことばかりです。
東京強姦救援センターの賛助会員だったこともありますし、ずいぶん寄付もしましたが、あまりに基本的な姿勢が偏っており、疑問を感じてやめました。
フェミニズム寄りのスタンスを取る人達、あるいは組織には疑問を感じます。フェミニズムなるものが、どうも腑に落ちません。
男の立場で、性について何が出来るかと考えているのですが、五里霧中の思いです。
日本橋に、英語に特化した電子辞書を良く見に行きますが、ついでにアニメ関連の店に入ると仰天します。
美少女もの?の、アダルトフィギュアを堂々と販売しており、それがまた異常でアダルトビデオそのままで、性器の結合や射精の瞬間をストレートに立体化しているのに、しばし唖然としました。
何しろ、子供が入ってこれる状況で、それをディスプレイしているので、気が遠くなる思いでした。
ああいう商品は法律違反にはならないのでしょうか?日本橋は、オタクの街で子供達が集まる場でもあり、問題を感じます。
このあたりから、根本的に意識改革が必要なのでしょうが、日暮れて道遠しの一言です。

長崎バイオパークで、放し飼いのカピバラと遊べますが、赤ちゃんが母親の母乳を飲む姿はかわいいです。
動物を通じて、性について考える機会を与えるのは素晴らしいと思います。

投稿: けん | 2009年11月 5日 (木) 00時09分

誠さま
ほとんどの人たちが一度は高熱を出しています。おたふくかぜが悪影響を与えることは知られていますが、そのほかでは、証明されていません。でも、精子の動きが悪いというのは、今の医学では克服できることですね。お返事遅くなってすみませんでした。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年11月11日 (水) 08時42分

けんさま
そんな社会だからこと、子どもの家から、そして思春期にしっかりと正面から向き合いたいのです。いまの若者たちには、なんにも教育ができていません。連載をお楽しみに。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年11月11日 (水) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/46657397

この記事へのトラックバック一覧です: 渡邊智子医師の性教育⑤自分たちのはじまりを知ろうの続き:

« 釜山の満月です。 | トップページ | 渡邊智子医師の性教育⑥2回目の授業の終わり »