« 韓国語の教科書と韓国料理 | トップページ | 深夜一人でクリニックにいます。 »

宮城県の物産展で。

 今度はそごうで宮城県の物産展です。お昼時間が一時間しかなかったのてすが、大急ぎで行ってみました。お昼ごはんはそこでラーメンです。

2009_10210001 2009_10210002                   

左が姉の食べた海老ラーメン、右が私が食べた辛みそラーメンです。

海老ラーメン、海老のだしが入っているのでしょうか。とてもおいしいスープでした。

私が辛みそラーメンと注文すると、みそラーメンに辛みそのトッピングを200円で買って計951円です、とえらく高いのを払いました。ところが、この写真を撮った後、スープに漬かっているレンゲを出すと、そこに辛みそが盛ってあってびっくり。ここに入っているのなら、トッピングはいらないのに、と姉に言っていたら、それを聞いていたお店の人から、返品してお金をお返しします、といわれました。そうお金を返してもらっている人があっちでも、こっちでも。

 チケットを売る人が間違っていたようです。それでも、私の後でもそういう人が続いて、一体、どうなってるの?でした。それに、トッピングをのぞいても、辛みそラーメン、751円はどういう計算なのか?さっぱり分かりません。私はコイン入れを持って行っていなかったので、1000円を出して、49円おつりをもらいました。その後、200円の返金です。後で計算すると、ラーメンはたぶん715円なのですね。消費税を入れると、750.75円。普通、こんなのは切捨てではないのかしら。そうでないと、私たちが余分に税金をお店に払ったことになります。それに一円玉をもたもた数えているのは、時間の無駄なのに。もちろん、一円のお金が惜しいわけではなくて、お店のその姿勢がいやです。

 先日の北海道展の時もそうですが、どうも、そごうの物産展の時の特設の食堂のレジやウエイトレスは、あまりに素人さんで、手際が悪く、不愉快になります。

 でも、まあ、お味は良かったです。これを言っておかなければ、ね。

2009_10210003_2 宮城県の伝統工芸品、若柳地織の上下を買いました。早速これを着てやまとの湯に行きました。二年前、これと同じ生地の綿入れのベストというか、ちゃんちゃんこを買って重宝しています。もっと寒くなったら、この上下の上にそれを着ていくつもりです。

もんぺの形がとても気に入っています。写真ではよく分からないけれど、地模様も凝っています。きっと何年も重宝するでしょう。うれしい!

 期間中、もう一回くらい行くかな?


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 韓国語の教科書と韓国料理 | トップページ | 深夜一人でクリニックにいます。 »

コメント

先日の47会の写真拝見しました。
田中先生が誰か欠けたらいけんからと写真を写していましたが、又来年も集まりましょう。

投稿: 久松 | 2009年10月21日 (水) 16時20分

私も今日の午後、そごうの物産展行きました。
納豆、買ったんです。試食したら、とってもおいしかったので。。でも、5つで630円だから、普段食べてるのと比べると、ちょっと高いです。若柳地織、とってもお似合いです。
やまとの湯もときどき行きますが、いつも、昼間です。いつか、偶然、お会いできたらうれしいです(^^♪

投稿: ym | 2009年10月21日 (水) 18時44分

宮城県仙台市には単身赴任で4強2カ月、合計50カ月いました。広島・宮島の牡蠣か仙台・松島の牡蠣か、どちらが美味いかという質問を受けますが、愚問です。旬の牡蠣はどちらも美味いのです。「おらが牡蠣が一番」というセクショナリズムはナンセンス。その思いは広島人の方が強いように感じました。愚かですね。

投稿: 岡辰巳 | 2009年10月23日 (金) 10時27分

はじめまして。若柳地織・千葉孝機業場スタッフの千葉さく子と申します。若柳地織を愛用してくださって有難うございます。この度、HPを作成しました。物産展の情報などもアップしていきます。ぜひ一度ご覧下さい。よろしくお願いします。
http://locoplace.jp/t000194183/

投稿: 千葉 | 2012年3月14日 (水) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/46542175

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県の物産展で。:

« 韓国語の教科書と韓国料理 | トップページ | 深夜一人でクリニックにいます。 »