« 北海道展のごちそう。(全部美味しいわけでは・・・) | トップページ | 広島車いすダンスくらぶの皆さんと。 »

「みみっちい話」その後

 先日、正確には10月6日、「みみっちい話を聞いてください」と書きました。とても恥ずかしい話しなのだけれど、どうにも憤懣やるかたなくって。一応、どう書くか考えたけれど、怒るのも、ちょっと。こういうお金の話は、とても言いづらい物です。考えた末、こういう愚痴のスタイルをとりました。

 本当はもっと書きたいこともあるのですが、しつこくなってしまうので、あの程度にしたものです。皆様、沢山のコメントありがとうございました。とてもありがたかったです。

 ところが、私のこのブログをどなたか分からないのですが、「はてなブックマーク」というサイトに貼り付けて(?)下さった方があるのです。そこで話題になっているとお知らせをいただいたので、覗いてみました。この「はてなブックマーク」というものがどういう仕組みのものなのかが、まだよく分かっていないのですが。

 でも、覗いてみて、びっくりしました。多くの方が、私のブログに対してコメントを載せて下さっているのです。本当にびっくりしまた。ありがたくて、涙が出る思いです。広島ブログのポイントもぐっと増えたので、もしかしてと思ってアクセス解析をしてみたら、やっぱり沢山のアクセスがありました。10月6日は4946、7日には9395アクセスも。「はてな・・」のおかげなのでしょうね。

 コメントを下さった多くの方が、この仕組みは変だと思って下さっているようですし、それにこんなひどく安い点数で働いていることを知らなかったと言ってくださっています。

 もう、ずっと前、私は産婦人科医の総会で、「洗浄をすると点数が下がるのはおかしい。どうして産婦人科はこんな状態にされているのでしょうか。」と質問したことがあります。で、その当時の産婦人科医会の代表の方が、全国の会にそれを持って行ってくださったのです。そうしたら、当時の全国の役員が「そんなささいなこと」と、けんもほろろだったのだそうです。でも、それからしばらく後、「このような産婦人科医にかかわる保険点数のことを本気で取り上げなかったことは間違いであった。広島の委員の方には失礼した。」との謝罪があった旨、会報に出ていました。

 ああ、やっと分かっていただけたのか、とホットしました。それからしばらくして、膣洗浄の点数と、外来加算の点数が同じになりました。膣洗浄をしてもしなくても、おんなじになったのです。ところが、それもほんの一時期で、また洗浄の点数は下げられてしまったのです。今は、カンジダ膣炎の人の場合、洗浄をしてお薬をいれると、それで外来加算と同じになります。お薬の購入代が当方の減、負担になるということです。

 ずいぶん安いところでの話しをしたのですが、医療行為でお金を沢山いただくには、最新の医療器械を高額で買って、それを使うことで高い点数をいただく、そうしないととても収入のアップは計れません。

 不妊治療でも、沢山のお金をいただくのは、体外受精をしているところだけです。これだと、一回あたり30万円もの金額となります。しかも私費ですので、いい値のままです。一回60万円の金額になる場合もあります。

 私のところでは、まず超音波のエコーとなるでしょうか。パソコンと同じで、超音波の機械も次々と新しいのが出ます。すぐに古くなってしまって、新しいのがほしくなります。だって、あそこの機械はこんなのが写る、とすぐに口コミで広がってしまいます。何より、妊婦さんには、きれいな赤ちゃんの像をプリントしてあげたいですよね。

 エコーは、おなかから見るのと、膣から見るのと、二種類の機械が必要です。私のところでは、開業以来、お腹からのは三台目です。今使っているのは、4300万円のです。マンションが一部屋買えそうです。3Dで赤ちゃんのお顔などが出ます。今もまだそのローンを払っています。膣式のも三台目です。でも、これて゛精一杯です。友人のところで使っているのは、8000万円の機械です。私は8000万円のなんてとても買えません。お産をして、収入が沢山あるところでないと無理です。

 私は、従業員10人の零細企業の経営者です。毎月の給料も年二回のボーナスも出さなければなりません。家賃も、月々の薬剤の購入費や検査センターの支払いなど、滞ることなく支払わなければなりません。

 経営が危ないとなったとき、真っ先にしたのは、自分の給料を下げることです。ドスンと下げました。そして、理事の給料も。従業員の給料には手をつけていません。リストラもしません。そして、収入をアップさせる努力をします。みみっちく、みみっちく。

 でも、つくづく思い知ったのですが、保険点数は、内科のドクターにとても手厚いということです。ほとんどの内科的病気には、外来加算52点に加えて、「特定疾患療養管理料」225点が月に二回も算定できるようになっています。高血圧や高脂血症など、ほとんどの病気です。でも、婦人科のたとえば子宮筋腫や内膜症などの慢性疾患は、全く特定疾患とはされていません。だから、収入のアップはとても難しいのです。

 それから、処置をすると52点の加算が消えますが、処置のほとんどは、婦人科、耳鼻科、眼科、泌尿器科などのマイナーな科でされます。そして、どの科でも、処置はとても点数は低いです。やはりマイナーな科は医師会の内部でも力が弱いし、対厚生労働省でも力が弱いと言うことなのでしょう。

 でも、高価な機械を使うのではなく、プライマリーケアー、医の原点でもある医療行為を大切にしないと、病気を見て、患者を診ないような医療がまかり通ってしまうようになると本当にそう思います。

 これって、なんかいろいな世界に共通のことかもしれません。高価な設備投資をして、借金に追いまくられて。そのための利益追求を必死でして。ああ、いやだ。医療がこうなってしまってはいけないのでは。だって、お金をいただく相手は病気の方なのですから。

 多くの皆様、本当にありがとうございました。私はやる気が失せたままですが・・・。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 北海道展のごちそう。(全部美味しいわけでは・・・) | トップページ | 広島車いすダンスくらぶの皆さんと。 »

コメント

本当に,今の医療点数の基準はまったくひどいですね。かねがねぼんやりと「おかしい」と感じてたけど。ちっともみみっちい話ではありません,声を大にして言う事ですよ!!河野先生の情報発信力で 沢山の方に問題を伝えてください 我々は それを待っています。そしてこの事が大きなうねりになる事を願っています。私も国のお役人の いいかげんさを 実感してきました。10・7に経産省の原子力・保安院とMOX燃料の安全性について交渉にいきました。関電の自主検査で不合格になたと同じレベルのものが 九電のMOXにも含まれてる事は,否定できない。と、いいながらもそれは自主検査なのだから国の検査では使用しても大丈夫・・・と。事業主体は 責任があるのでさらに厳しく自主検査をしているというのに・・・。薬害問題、水俣問題といい 国の安全宣言はとっても心配なのです。ゴメンナサイ。いつもプルサーマルのことばかりで。

投稿: 遊民 | 2009年10月10日 (土) 10時40分

前回のコメントから私もはてなブックマークにとんで拝見していました。
私も河野先生おなじく、びっくりしました(はてなブックマークすごいですね!)
そして、もちろん河野先生の「みみっちぃ話」にもびっくりしました。
なんとかならんもんかなぁと心から思いました。
なんとかならんもんですか?

投稿: ツユマメ | 2009年10月10日 (土) 11時04分

河野先生こんにちは。yu-kuboと申します。

はてブ(はてなブックマーク)などのソーシャルブックマークは、お気に入りをみんなで共有するためのウェブサービスで、ブラウザにではなくウェブ上にお気に入りを登録するものです。私もはてブ経由で先生のブログを知りました。先生のブログエントリーのはてブでの一覧はこちらです↓
http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/

先生のような、患者を第一に考える医師が報われるような制度ができるためには、私はどうしたらいいのでしょうか? 何ができるでしょうか?

投稿: yu-kubo | 2009年10月10日 (土) 20時41分

遊民さま
いつもありがとうございます。遊民さまのような頑張りが、また私の力にもなります。すこーしずつ事態は動きそうですね。おたがい、それぞれの持ち場でがんばりましょう。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年10月11日 (日) 08時38分

ツユマメさま
消炎鎮痛理学療法は、今、手を使ってのマッサージも、器具を使ってのものもすべて35点なのですよ。もちろん、両方を同時にしても、一日に何回しても、一日一つしか請求できません。だから、理学療法士の給料もとても低くなってしまっています。国民の生活のためにはとても大切な分野なのに、です。ツユマメさま、転職して大正解ですよ。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年10月11日 (日) 08時42分

yu-kuboさま
ありがとうございます。まだまだウェブには初心者の私、分からないことが一杯です。今回、私のブログをどなたかがブックマークして下さったということなのですね。ありがたいことです。石膏の卵、面白いですね。こんな科学もの、大好きです。これからもよろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年10月11日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/46442710

この記事へのトラックバック一覧です: 「みみっちい話」その後:

« 北海道展のごちそう。(全部美味しいわけでは・・・) | トップページ | 広島車いすダンスくらぶの皆さんと。 »