« 釜山にいます。 | トップページ | 釜山公演無事終了したそうです。 »

釜山から帰っています。

 広島に帰っています。

 後ろ髪を引かれる思いで、一人、最後の飛行機に乗って帰って来ました。やはり飛行機は早いです。飛び立って30分で釜山から福岡へ。一行は、往復とも高速艇です。車椅子の方の中には、気圧の下がる飛行機は避けた方がいい人たちがいます。車椅子というと、下半身麻痺のイメージがありますが、いろいろな理由で、体が不自由になった方たちがおありです。

 一泊二日という強行が自分でも信じられないほど、中身がぎゅうぎゅう詰まった旅でした。よく働いたと思います。荷物運びだけでなく、施設での交流の場では、裏方で体の不自由な男性たちの、ダンス衣装の着替えを手伝いました。若い彼らは、汗びっしょりで衣装が体に張り付くようになります。また、個人でいろいろと工夫がしてあります。不自由なほうの手を体に固定したり、足を車椅子に縛ったり。楽屋は、ごった返します。

 その一泊ですが。夜中、付き添いで行かれた方の具合が悪くなりました。それも、尋常な事態ではありません。救急車をお願いし、病院へ。そこからさらに大学病院に転送して頂き・・・。今も、事態は予断を許さない状況にあります。

 この件につき、ホテルの人たちだけでなく、病院の方、韓日親善協会の方、日韓親善協会の方など、多くの方にご尽力戴いています。本当にありがたいことです。後は、回復を祈ること。それと、付き添っているメンバー、家族の方たちの体がどうぞ無事でありますようにと、遠くからどうすることもできず・・・祈っています。

 そんなことで、一行の多くの人がほとんど眠らないままに、二日めの活動をしました。私も、昨夜は家に帰っても荷物を解くこともしないままに、寝てしまいました。

 観光も買い物も、一切できなかった短い旅ですが、私自身にとって、とても勉強になりました。まだ話したいことが沢山あります。そのうちにお話ししたいと思います。

 今日、釜山市役所内の講堂での本番です。1000人を超える人たちが見に来てくださるようです。心労の中での公演となりますが、無事乗り切れますように。

昨日は、二つの施設での交流でした。その写真を載せますね。

2009_09240030 2009_09240040

 どのダンスも美しかったり楽しかったり、生き生きと本当に感動します。「雨に歌えば」や「どうにも止まらない」や「星のフラメンコ」では、観客から手拍子が起こります。皆さん、にこにことして見ています。赤穴さん親子の「涙そうそう」では、涙を流しながら見ている人もいます。

 ここで、なぜか写真が出なくなりました。どうも、パソコンの調子が悪いです。一旦これを閉じてみます。今日から、また診療です。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 釜山にいます。 | トップページ | 釜山公演無事終了したそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/46306053

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山から帰っています。:

« 釜山にいます。 | トップページ | 釜山公演無事終了したそうです。 »