« 8.6.の一日。 | トップページ | 被爆者の方たちのさまざまな闘いについて。 »

子どもたちの「平和への誓い」

8.6.の朝。平和公園で市長の平和宣言の後。こども宣言。「平和の誓い」を聞いていて、いきなり体が震える思いがしました。

 「人は、たくさんの困難を乗り越えてこの世の中に生まれてきます。/お母さんが赤ちゃんを産もうとがんばり、赤ちゃんも生まれようとがんばる。/新しい命が生まれ、未来につながっていきます。それは「命の奇跡」です。/しかし、命は一度失われると戻ってきません。戦争は、原子爆弾は、尊い命を一瞬のうちに奪い、命のつながりをたち切ってしまうのです。」

 もう、ここで涙です。ああ、「性教育!!」私が言い続けてきたことを言っている!!

「それは、人間が人間らしい最後を迎えられなかった残酷な光景でした。」

 ある被爆者の女性に話しを聞いていたとき。白血病で亡くなったサダ子さんの話しで。「病院で、白いシーツの上で、医者や看護婦(今は師です)や家族や、みんなに看病されながら亡くなったのは、幸せなんよ。」といわれてびっくりしたことがあります。それはそれで被爆から何年も経っての白血病。いつまでも放射能の影響で癌を発病する(その方もがん患者さんです)この核兵器の残酷さを十分に分かった上で、の話しです。

 頼る人もなく、身も心もボロボロで路上で焼け爛れた人や子どもの死体をイヤと言うほど見てきた方の、その思いに愕然としました。

 この「人間が人間らしい最後を迎えられなかった」と言う表現に、また身震いしました。

「これから先、世界が平和になるために、私たちができることは何でしょうか。/それは、原爆や戦争、世界の国々や歴史について学ぶこと、けんかやいじめを見過ごさないこと、大好きな絵や音楽やいろいろな国の言葉で、世界の人に思いを伝えること。/今の私たちにできることは、小さな一歩かも知れません。/けれど、私たちは、決してあきらめません。/話し合いで争いを解決する、本当の勇気を持つために、核兵器を放棄する、本当の強さを持つために、原爆や戦争という「闇」から目をそむけることなく、しっかりと真実を見つめます。/そして、世界の人々に、平和への思いを訴え続けることを誓います。」

いま、私にとっての長い課題が一段落して、呆然としています。でも、この子ども宣言は、本当に私に勇気を与えてくれました。これから、何をするか、またゆっくりと考えなければと思っています。

もう少し、診療と講演と、講演のためのレジュメ作りをして、とりあえずは夏休みでほっとしようと思います。それまで一踏ん張りです。

2009_07120016 7月のkei.先生の教室でひまわりを生けました。ひまわりにもレモン、パイン、マンゴーといろいろな種類があるのを知りました。他にアマランサス、ドラセナを一緒に生けています。ガラスの太すぎず、細すぎず、素敵な花器を用意して頂きました。

 遅ればせながら、今頃のアップです。お花を見て、ほっとするひと時も取り戻さなければ。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 8.6.の一日。 | トップページ | 被爆者の方たちのさまざまな闘いについて。 »

コメント

今年は、会社に早めに行って、サイレンとともに黙祷させていただきました。
昨年、縁があって長崎の平和集会や式典を見ることができたのですが、やはり原爆、核兵器はゆるされないものと改めて思うところでした。
・・・ところで、河野先生ははだしのゲン英訳版発表の際、はだしのゲンのコスチュームを着ておられました?

投稿: ウッチー | 2009年8月 9日 (日) 09時45分

ウッチさま
コメントありがとうございます。ええっ?どこでゲンをみられたのでしょうか。あれは、私ではなくって、ゲンを翻訳しているボランティアの方のお一人です。どこかで同席する機会があれば、どうぞ、お声をかけてくださいませ。お仕事、ご苦労様です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月 9日 (日) 10時20分

働く若者について。
子供宣言、平和の誓い。確かに、大切な思いだと思いました。反戦平和への思いを共に大切にしたいです。
性教育、子供達の性教育、これも、本当に大切にしたいですね。人間的な性的関係の大切さを共にしたいですね。
18才、子供達の政治、選挙権等について、これもまた、大事ですね。
また、働くアルバイト、高校生たちの労働も、大切にしたいですね。スーパーなどでは、高校生が、アルバイトで働いています。この働く仲間の、働くという人間的な行為を、労働者なかまとして、大事にしたいですね。

投稿: 中高年 | 2009年8月 9日 (日) 16時47分

私も今年は初めて式典に参列して、
このこども宣言を生で聞きました。

二人の子供さんが、
しっかりとした口調で宣言してくれた
内容はとてもこころに触れました。
私も涙がでました。

このタイミングで涙が出るって
私も親になったからこそだろうな
なんて思いながら「命の奇跡」を感じました。

投稿: ツユマメ | 2009年8月 9日 (日) 16時51分

先月の先生のブログに劇団四季の異国の丘についてがありましたが、NHKハイビジョン放送で8/19~21、朝9時から3日連続で李香蘭、異国の丘、南十字星が3部作として放送されるようです。
先生のブログを見て、いつか観てみたいと思っていましたので、今回の放映はとてもうれしいです。

投稿: はまち | 2009年8月 9日 (日) 17時37分

今日は長崎の原爆忌。
ヒロシマ・ナガサキの報道を、出張先の東京で見た時
他のニュースと並列的に扱われ、憤慨しました。
性教育も平和教育も、人間が人間らしく生きる上で
大事ですから、力を入れないといけませんよね!

ヒロシマの子ども宣言は毎年大変素晴らしく
涙ながらに聞きますが、今年は特に良かったです。

大人のより立派だなと感じます。(ゴメンナサイ)
子どもたちは全部暗記していて、手元の原稿は
殆ど見ません。8・6までにしっかり学んであの場所に
立つのですから。
それにひきかえ、私達大人はこの子どもたちに
何を残してきたのかを考えると申し訳なく思います。
せめて“核兵器はいらない”と、声を大にして
言い続けようと思います。

ひまわりにも色々な種類があるなんてびっくりです。
素敵な花をご覧になって、リフレッシュなさって下さいませ。
お子様がたも帰省されるでしょうし、
怒濤のような毎日のお疲れを取って下さいね。


投稿: 波 | 2009年8月 9日 (日) 18時08分

式典でこの子供たちの「平和の誓い」を聞いていて、いつも先生が言われていることに似ているなと思いました。
子供たちに純粋な気持ちは、核武装とかそんなしがらみあった社会でなく、人間として一番大事なのは命なんだと知っていることに、感動しました。
そして学ぶことの大切さと学んだことから何をするかの実行する必要性。
大人が忘れてしまっている、とても大切なことを語っていましたね。

投稿: やんじ | 2009年8月 9日 (日) 19時56分

「平和の誓い」涙が出そうでした。
職場で生放送を流しましたが、
「平和宣言」と「平和の誓い」までで、切りました。
心に響くところまでで、止めないとね。
子どもたちの感性は素晴らしいと思います。
それなのに、総理を始めあの方たちは、
なぜ同じように受け止められないのでしょうか。
核兵器も軍隊もいらないのに・・・

投稿: ウリ坊 | 2009年8月 9日 (日) 21時15分

「8・6ヒロシマ 平和の夕べ」のご講演、必死で聞いておりました。事務局のTさん(神戸)から、事前にお聞きしていたり、このブログをすでに毎日読ませていただいていたこともあるでしょうが、引き込まれ、感銘しました。
遅れましたが、集会の報告と言う形で、先ほど私が管理しているブログに掲載しました。もう一度録音を聞きながら改めて感動したほどです。http://kanjitsu-sanrizuka.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-f970.html(「関実・三里塚」で検索していただければでてきます)。
沖縄料理でもご一緒していたのですが、席が離れていてご挨拶しませんでした。
ご健闘をお祈りしております。

投稿: 神戸の松原 | 2009年8月10日 (月) 11時05分

尾道でも8・6の夜に平和集会を持つことが出来ました。やろうと決めて半月ほどの準備期間で実施できたのは、田母神さんが広島で講演会をすることをやはり黙って見過ごすことが出来なかったからです。尾道からも平和への祈りをこめて行動するものたちの集いを開かなければという、仲間たちの強い思いにより実現しました。70人以上の人に集まってもらうことが出来ました。繋がりたいという意志があれば必ず集ってくれる人がいます。これからも地道に頑張っていくつもりです。

投稿: おとぎぞうし竹本 | 2009年8月10日 (月) 13時37分

中高年さま
ええ、ご指摘くださった沢山の大切なこと、これらが大切にされていない現状に、苛立ちを覚えます。結局は、一人ひとりの命を大切にする国、政治、教育を!ということでしょうか。コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 16時48分

ツユマメさま
式典に参加されたこと、ブログで読ませていただきました。やはり生は違いますね。長崎の式典にも一度は行って見たいと思います。ツユマメ様も一人の親。本当に子どもたちを大切にしたいと思います。はだしのゲンをあらためて読んで、あの時代の子どもたちと親はどんな思いだったのだろうか、と、愕然とします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 16時54分

はまちさま
お知らせ、ありがとうございます。私も、是非ビデオに取りたいですが、19日にはいないので、、。何とかしなければ。李香蘭、絶対、見たいです。異国の丘も、是非多くの方に見てほしいです。ありがとうござまいした。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 16時57分

波さま
コメントありがとうございます。波さまもお忙しいのですね。東京でのニュース、そんなものなのでしょう。教育の現場でも、「平和教育」なんて、本当にされていないのです。私たちがしっかりしなければ、と思います。だって、このままだと、何も知らないままに、核武装せよという若者たちがどんどん増えるでしょう。どうぞ、お体、お大事になさいますように。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 17時02分

やんじさま
本当に子どもたちの訴えは胸を打ちました。特に平和公園で聞くと、また、違いますね。こんな子どもたちを大切にしたいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 17時08分

ウリ坊さま
ええ、ええ、あの二つで十分です。麻生氏の原稿なんて、腹が立つだけでした。特に今年はこどもの誓い、よかったですねえ。職場で流すなんて、感激です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 17時10分

神戸の松原さま
ブログ、読ませていただきました。ありがとうございます。あの会は、私にとっても、これからの私の行動を考え決め手行く、大切な会になりました。もう少し、ちゃんと今後への展望を述べるべきだったのですが。また、どうぞよろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 17時18分

おとぎぞうし竹本さま
ありがとうございます。竹本様のような行動をする人が全国にあちこちいたなら、この国も、きっと変えていくことができる、そんな思いがします。いつかお会いできる日を!!こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年8月17日 (月) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/45874307

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの「平和への誓い」:

« 8.6.の一日。 | トップページ | 被爆者の方たちのさまざまな闘いについて。 »