«  「障がい児・者の性教育」セミナーのご案内 | トップページ | 熊本からの帰りです。 »

個人メディア、インターネットを使っての性教育

今年の夏、熊本で開かれる性教協全国大会で発表するデータを整理しています。今年発表するのは、「個人メディア、インターネットを使った性教育」と言うものです。

 そう、このブログで、いろいろと情報を発信している、このことを発表してみようと思いました。

 いま、教育界では規制が厳しく、特に学校では、性教育がほとんど出来ません。「ただセックスはしてはいけません。」としかいえません。してはいけませんといえば、それで若者たちの行動を抑えられると思っているようです。

 そして、たとえば避妊などを教えることは、若者たちをそそのかす、となってしまうのです。一生の問題としてある、この大切なことがほとんど伝えられません。

 私は、ブログを使ってこれらの情報を若者たちに伝えたいと思って来ました。いえ、若者だけでなく、大人の方たちにも。特に、これから子育てをする若い親の皆さんに、子育ての中でチャンと子どもたちに向き合ってほしいと思って。体を伝えることはとても大切なことなのだから、と。ブログという手段で本当に自由に情報を発信することが出来るのです。これは、とてもありがたいことでした。

 2007年2月28日にブログを初めて、昨日までに741の記事を書いてきました。選挙中など書けない(書いてはいけない、規制されていると根拠もなく思い込まされたために)時期もありましたが、ほぼ毎日か一日飛ぶくらいで更新を続けています。

 分析してみて、びっくりしたのです。いろいろと単発で、あるいはシリーズで発表してきました。たとえば、「家庭での性教育」「コンドームのお話し」「性感染症」「性教協全国大会」」「ホルモンのお話し」「高齢の方の産婦人科医療」「若者の無知」(このタイトルでは2回シリーズを書いています)「このごろとても気になること」「体のタブー」などなど。ほかにも、シリーズでは、「医療崩壊」とか「後期高齢者医療制度」なども書いています。

 この中で、一番アクセスが多かったのが二回めの「若者の無知シリーズ」の中の「性交から二週間で妊娠二ヶ月」という記事です。これは、今年の2月28日に書いたものなのですが、なんと、5月の終わりまでに10912のアクセスがありました。一万を超える人たちがこの記事を読んでくださっています。

 ほか、アクセスが多いのは、「避妊」「月経周期の数え方」「風俗について」「妊婦と薬」「月経を動かしたいとき」「ペニスのサイズと包茎」などなどです。やはり性に関すること、体に関することへのアクセスが多いのです。

 私は、政治に関することや最近では平和論なども書いていますし、また、帽子作りや食べ物、ランチ事情なども書いていますが、それでもアクセス数は、性教育関連が一番多いのです。

 どうしてこの「性交から二週間で・・・」記事へのアクセスが多いのか、不思議でした。でも、このたび「リンク先」で分析してみたら、ありました。特に若者向けの「様々なブログを紹介するブログ」に私のこの記事が紹介されていたのです。そこで、どどっと若者が見てくれたのでしょう。その紹介があった日には、一日に4000を超えるアクセスがあり、それが二日間、さらにその後にも、その前後の記事を巻き込んで一日2000近くのアクセスが続きました。本当にありがたいことです。

 読んで下さる方の地域の分析もしました。やはり広島が一番多いのですが、次は東京、大阪と、人口の多いところからきれいに並びます。すべての都道府県からアクセスがありました。

 さらに、コメントが多くて面白かったのが「体のタブー」の中の「おへそを洗いましょう」でした。おへそを洗ってはいけないと思っている人が、こんなに多いのか、とあらためてびっくりしました。

 (性教育とは全く異なるのですが、最近、アクセスが多いのは「東方神起」なのです。ファンが検索してきてくださるようで、あらためて東方神起の人気と、ファンの方たちの熱意を関しています。)

 ただ、今心痛むのは、教育現場でのインターネットの規制です。広島県ではブログがすべてブロックされますし、ほかのところも「言葉」でブロックされています。だから、生徒だけでなく、教師の方たちにも見ていただくことが出来ません。

 若い人たちは携帯で見てくれているようですが、でも、学校に持参は禁止ですし、その上、携帯でも言葉によるブロックが導入されるようで、ますますアプローチが難しくなっています。これらをどう克服するか、という問題でしょう。

 もうすこし分析を続け、参加した下さる方たちに「何をどう教えなければならないか」と言うことがちゃんと提示できるようにしたいと思っています。なお、これは性教協広島サークルの夏季セミナーでも発表します。全国大会では三時間の持ち時間があるのですが、広島では、少しコンパクトに一時間半でお話しすることになります。

  


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

«  「障がい児・者の性教育」セミナーのご案内 | トップページ | 熊本からの帰りです。 »

コメント

河野先生へ
いつもブログ拝見しています。
多方面へ渡って大活躍されています事、心より尊敬申し上げます。
ところで7月5日に「のぞみの会」でご講演いただくことをこのコーナーでご紹介させていただいてよろしいでしょうか。
せっかくの機会なので、出来るだけ多くの方に聴講いただけるよう願っています。
のぞみの会の会員も大変楽しみにしています。
先生どうぞ宜しくお願いします。

日時:2009年7月5日(日)14:00~16:00
場所:広島市中区地域福祉センター 
広島市中区大手町4-1-1大手町平和ビル5F 
TEL 082(249)3114
演 題:「更年期障害と婦人科がんについて」
講師:河野 美代子 先生

投稿: 浜中 | 2009年6月18日 (木) 00時15分

浜中先生
お世話になります。日が迫って来ましたね。今、スライドの準備をしています。もう少ししたら、私のブログでも、あらためて紹介させて頂きます。どうぞ、よろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年6月22日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/45365843

この記事へのトラックバック一覧です: 個人メディア、インターネットを使っての性教育:

«  「障がい児・者の性教育」セミナーのご案内 | トップページ | 熊本からの帰りです。 »