« 私的平和考⑦「死んだ女の子」との出会い | トップページ | 私的平和考⑨誰のための研究か。 »

私的平和考⑧ABCC。

ABCC。現放射線影響研究所(放影研)は、1947年、アメリカのトルーマン大統領の指示により、日赤の中に作られ、1950年11月、今の位置、比治山の上に移転した。

 被爆者の障害を調べるという名目の元に、被爆者は連れて行かれて、調べられた。私の小さい頃から、被爆者が死んだら、ABCCが解剖させろと遺体を連れに来ると恐れられていた。実際、資料によると、1978年に解剖を中止している。それまで続けられたということだ。

 それだけではない。被爆者は、ある日突然迎えのジープがやって来て、それでABCCにつれていかれて、血を採られ、丸裸にされて、体の隅々まで調べられる、と聞かされた。つれて行かれるのは拒否できない。拒否すると、軍法会議にかけられるとも聞いていた。

 大人だけではない。子供もそうだ。ジープが学校にやってくる。正門からジープが来るのが教室から見える。と、今度は自分か、と緊張する。何人かの生徒がジープに乗せられ、連れて行かれる。帰ってきた生徒は、お菓子をもらっている。

 姉は私より4才年上だから、クラスに被爆した生徒が多くいた。姉自身は疎開をしていたので、被爆はしていない。クラスから、本当に沢山の生徒が連れて行かれたと言う。

 被爆者だけではない。私のクラスは私もそうだが、被爆者のこども、被爆二世の世代だ。ある日から、二世も呼ばれるようになった。お菓子をもらって帰って来た生徒がうらやましい。でも、みんな本当に暗い顔をしていた。「何があったの?」ときいても、黙って下を向くだけで、答えてくれない。

 よっぽど怖いことなんだ。私がよばれたらどうしよう、と本当に怖かった。ある日は双子が何組も連れて行かれたことがあった。きっと、放射能の卵子への影響、遺伝の問題を調べていたのだろう。

 成人してから、実際ABCCにつれていかれた友人が話してくれたことがある。本当に裸にされて、ふんどしをされて、暗いところに立たされた。と、強烈なライトが当てられて、まぶしくて、何にも見えない。でも、向こうに何か人が沢山いるような雰囲気がある。見えないけれど。そこで、後ろを向いたり前を向いたり、動かされた、と。

 私は、医師になって、産婦人科医になって、被爆者の遺伝の問題をやりたいと思い、染色体研究室に入った。そこで、初めてABCCの論文を沢山読んだ。ABCCは、被爆者や被爆者の子どもの染色体を調べているが、その研究の結果は、日本語では発表されていない。みんな英語だった。

 今日は、朝から市内の高校での講演です。もう出かける準備をします。この項、遺伝や差別の問題を次回、もう少し述べます。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 私的平和考⑦「死んだ女の子」との出会い | トップページ | 私的平和考⑨誰のための研究か。 »

コメント

以前安来の講演会のこと目にしましたが日時と内容をお知らせいただけますか?私の都合と合えば出掛けてみたいと思います。
昨日は友達が曲を送ってくれました。
いつもこの曲を聴くと目頭が熱くなるのですが彼らが命をかけて守りたかったものは?純粋な魂の願いを受け止めて未来を開いて行く役目が私たちにある気がしています。
http://www.youtube.com/watch?v=KuaEbT2_QEQ


投稿: 晶音 | 2009年6月 4日 (木) 09時54分

 恥ずかしい話ですが、ABCCのことをはじめて知りました。私は、「戦争を知らないこどもたち」(少々,古いですが)。ほんとに何にも知りませんでした。親しくお付き合いしている方に被爆されている方もいるというのに。
 被爆しているということは、自分の意思に拘らず、人生が変わっていくことがあります。
 今の若い方々は私よりも、もっともっと知らないことが多いと思います。先生のブログは、若い方々も呼んでいます。私を含め若い方にも、もっと、伝えてください。

投稿: momoko | 2009年6月 4日 (木) 12時28分

いつも読ませていただいております。 
お忙しい中、毎日更新されているのは驚きです。

しんだ女の子 には、 高石ともやの訳もあります。
「開けて頂戴、たたくのはあたし、あっちの戸こっちの戸 私はたたくの…」とまったく違った歌詞で歌っています。

投稿: かわい | 2009年6月 5日 (金) 08時38分

こんにちは。

原子爆弾はハナから人体実験の目的がありましたね。ウラン型とプルトニウム型を一発づつ試しました。
当時、白人は東洋人を人間扱いしていませんでしたから。

投稿: JJ太郎 | 2009年6月 6日 (土) 08時17分

晶音さま
お返事が遅くなってすみませんでした。安来には、明日、11日木曜日、安来高校の生徒に話します。一般向けではないので、すみません。また、近くに行く機会があればお知らせしますね。ごめんなさい。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年6月10日 (水) 00時44分

momokoさま
ええ、ABCCのことは、ヒロシマの大人の間では、ひそひそと語られていたことなのですが、今は、もうそんなことを言う人は少なくなりました。でも、多くの人の心が傷ついていると思います。そんな思いをちょっとお話ししたかったのです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年6月10日 (水) 00時47分

かわいさま
ご無沙汰です。私のブログ、読んで戴いて、それにコメントまで有難うございます。かわいさまのブログも、読ませていただきました。大変な中、本当にいろいろと頑張っていらっしゃるご様子と、感性の水々しさに心打たれています。たかいしともやの歌は、元ちとせさんのと同じ歌詞ですね。曲もそうなのでしょうか、、、。お返事がすっかり遅くなってすみませんでした。有難うございました。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年6月10日 (水) 00時59分

JJ太郎さま
はい、その通りです。人体実験以外の何物でもありません。まるで虫けらのごとく、、、。コメント有難うございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2009年6月10日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/45229068

この記事へのトラックバック一覧です: 私的平和考⑧ABCC。:

« 私的平和考⑦「死んだ女の子」との出会い | トップページ | 私的平和考⑨誰のための研究か。 »