« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

北陸から帰って来ました。

 北陸、福井の武生から帰って来ました。朝、新大阪を出発。湖西線、北陸本線の旅です。この前の富山もそうでしたが、この線を明るいうちに行くのは好きです。琵琶湖が見えるからです。海や湖はどうしてこんなにほっとするのでしょうね。右に琵琶湖、左に紅葉の山。行った先では、どこにも観光など出来ないままに、飛んで帰りますので、列車の中から景色を見るのが何よりの楽しみなのです。

 やがて、湖が切れるころから、空がどんよりして来ました。そして、雨が窓を横に走り始めました。そして、大きな虹です。広島では、昨日、何人もの広島ブログの方が写真付きで虹を書いていらっしゃいましたが、それは真っ青な空の大きな虹でした。ここでは、どんよりの空に虹です。

2008_11300007_2 列車の左から右へ。まるで虹に向かって列車が進んでいるようです。

 とても徳をしたような気分でした。

武生では、公民館でお話しをしました。地域の小学校や中学校の保護者の方たち、また行政やNPOの男女共同参画に携わっている方たちもいらっしてくださいました。

 びっくりしたことがあります。福井県は、平成20年度 福井県DV防止キャンペーンとして、ポケットティシューを作り、参加者の皆さんに配布されていたのです。かわいいイラストに、「好きなら、こんなこと許される?これって本当の愛?」というタイトルで、チェック項目が並んでいます。そして、「チェックの数が多いほど、相手は「愛」ではなく「暴力」であなたを支配しようとする傾向が高いといえます」や、「DVが起こるのはあなたのせいではありません。また、あなたがどんなに我慢しても、DVはなくなることはありません。」などと書かれています。

2008_11300008 さらに、こんなポスターが作られて、これが電車の中吊り広告として今日まで掲示されていたというのです。県の予算で。この写真の右上のほうのは、ポケットティシューです。ところが、地元の電車の会社はO.K.だったのが、JRから中吊りを拒否されたのだそうです。もう、知事の決済ももらっているのに、なぜだめなのか、と食い下がったら、チェック項目の中の言葉が問題だったそうなのです。「好きならいいだろう」と、あなたが嫌がってもセックスを迫ってくる→この「セックス」という言葉がだめ。もうひとつ「バカ」「ウザイ」「消えろ」など、あなたを侮辱する言葉を使う→この具体的な言葉がいけないのだと。で、結局「セックス」は「関係」と言い換えて、侮辱する言葉は省いて、結局それで中吊りが許されたのだそうです。

 言葉の規制は残念だけれど、でも、結局はこのようなキャンペーンをすることが出来て、やっぱり私は行政としては、画期的なことだと思いました。

 あちらこちらに行くと、いろいろな現場で頑張っている人たちに出会えて、うれしいことです。

 行き帰りの列車の中で、景色を見ながら、本を一冊読みました。「障害時(者)のセクシャリティを育む」です。障がいのある人もない人も、人として性的な存在であるはずですし、性教育を受ける権利もあるはずです。そのことはわかっているのですが、実践が具体的に数々と例示されていて、とても勉強になりました。あれやこれやで、いい旅でした。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大阪ドイツクリスマスです。明日は福井で講演です。

大阪に来ています。明日、福井で講演です。福井に行くときには、大体京都まで行くのですが、今回は全く京都のホテルが空いてなくって、大阪泊まりとなりました。私にとっては、シメタッです。

 今、ウェステインホテルの庭で、ドイツクリスマスをやっています。ホテルに着くとすぐに、タクシーで行って来ました。でも、寒くて強風で、雨で、せっかくなのに多くの店が閉めていました。クリスマスツリーの飾りを買おうと思ったのですが。残念。それでも、素敵なでっかいツリー、木製のメリーゴーランド、あったかい飲み物、飴やさん、ソーセージ、ピザなどのお店は開いていました。

2008_11290003 2008_11290002 すぐにホットワインをグラスごと購入。寒いので、それをのみながら歩きました。結局、買ったものを持って帰ってホテルで食べることにしました。若干貧しい食事ですが、それを見込んで、今日のお昼はお好み焼きを食べたので、野菜は大丈夫。

2008_11290008 今年のグラスは、黒を基調にしたなかなかシックな模様です。

お土産に、クッキーの飾りを買いました。クッキーと砂糖でかざりが作ってあります。すべて食べられるそうで、これをツリーにぶら下げようか、と思います。

2008_11290009 明日は、福井県の武生に行きます。遅ればせながら、チラシを乗せておきます。

Photo


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の鍋ランチ

 仕事の日、お昼御飯もどこで食べるか、飽き飽きすることがあります。毎日お弁当を持って来るといいのでしょうが。残り物がないと、わざわざ作る気はしません。

 先日、鍋焼きうどんを食べたいと本通りの「むさし」に行きました。いつもの「ちから」には鍋焼きうどんはありません。頼もうとして、ふとメニューを見ると、「田舎汁セット」と言うのがありました。鍋焼きうどんでなく、これに飛びつきました。

2008_11240003

土鍋一杯のお味噌汁。中には、丸ごとのジャガイモや鳥肉、にんじん、油揚げなどがごろごろと入っています。それに、沢山のねぎ。お皿には、あのむさしの名物、味のついたおむすび二つ、レンコンの煮物、貝柱のフライ、かまぼこ、沢庵などが乗っています。お汁はぐつぐつと煮えて運ばれました。すこし、とろみが付いています。

 ふうふうと食べていて、そしてはっと気づいたので、写真を撮ったのは、おむすび一個食べた後、お汁も大分減っています。これで650円。本通むさし限定だそうです。

2008_11280018 今日は、風邪を早く治したいので、本通りヒルズの地下の「ガスト」です。そこの「辛チゲ御飯セット」です。卵の下の味噌を溶くと、鍋全体が真っ赤になります。沢山の豚肉とキムチ、もやし、それにうどんが半玉入っています。辛くて、ふうふういいながら食べました。美味です。セットで745円です。ただし、今日の午後の診療はマスクをしてしました。風邪もありますが、にんにくの匂いがするといけませんので。

 ガストの御飯はとてもおいしくて、先日は、(写真を撮っていませんが)「キノコと野菜の牛鍋」を白御飯と一緒に戴きました。御飯が残ってしまって、でもあんまりおいしい御飯ですので、塩を振っておむすびにして持ち帰りました。スタッフのお兄さんが親切にラップと手袋まで持ってきて下さったのですが、手袋はお断りをしてラップで作りました。お値段はチゲと一緒です。

 ついでに。昨夜、津山から帰り、晩御飯を福山SAで食べました。前夜ご馳走を食べて、朝もバイキングを沢山、昼は抜いていましたが、少しカロリー制限をしなければなりません。そこで、この「鯛茶漬け」です。

2008_11280012 福山の鯛の刺身が沢山乗っています。SAですので、少々お高くて、1000円でした。疲れ気味の体には、あっさりしていいのてすが、全部は食べきれず、3分の1は残しました。

 今、またシリーズの準備をしています。もう少ししたら始めます。気合を入れて頑張ります。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

講演とB’zの稲葉さんの実家と。

昨夜、津山での講演を終えて、無事広島に帰って来ました。前日、当日の朝は快晴だったのが、帰りは雨でした。出発してから帰りまで計500キロでした。

 講演は、「岡山県学校保健会高等学校美作ブロック秋季研修会」。朝からの研修の中での講演です。15校の管理職、保健主事、養護教諭の方々にお話ししました。県教委からも保健主事の方が来て下さっていました。保健の先生や養護教諭の方々は、性教育に関しては講演を聴いたり研修をしたりと言う機会はこれまでにも多くあったと思います。今回、校長先生などの管理職の方に話しを聞いていただくことが出来たのは、うれしいことでした。

 表情が硬い方もありましたので、どのような感想を持たれたかは分かりません。ただ、私からの情報提供は出来たと思います。きっとこれまでご存知なかったことが多く含まれていたはずです。まず知ってもらうこと。それも大切な私の義務だと、そう思ってこれからも呼んで戴けるなら、あらゆる場に出かけて行きたいと思っています。

 ところで、「サンロード吉備路」で、お風呂は夜、朝と二回入り、丹頂鶴を見ながら朝食のバイキングもたらふく頂き、そして一階にある売店、産直のお店でお土産を買い、大変気持ちよく出かけました。

2008_11280007そして、津山まで一時間あまり、少し早くついたので、行ったのがここです。そう、B’zの稲葉さんの実家の化粧品店です。店内はB’zの写真や子ども時代のアルバムなどが満載。稲葉さんの写真が化粧品にもついています。 ファンにはこたえられないお店でしょう。私はお化粧直し用のファウンデーションとハンドクリームを買いました。そしたら、素敵なピンクの袋に入れてくださいました。そして、稲葉さんの写真付きのメンバーズカードや両親と一緒の写真やプリクラも。これはコンパクトに貼ります。

以前行ったときと変わって、ご両親の自宅がとても素敵に立て直されていました。稲葉さんが親孝行なさったのでしょうね。

2008_112800102008_11280014  風は、今ピークでしんどい限りです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンロード吉備路です。

ひどい風邪を引きました。今日の診療をしながら、何回くしゃみをし、何回鼻をかんだことでしょう。鼻の下が赤くかさかさになって何ともみっともないことになっています。

 診療がすんで車を飛ばして、今ここは岡山総社の国民宿舎「サンロード吉備路」です。明日、津山で講演です。家から約200キロ。講演をはさんで日帰りは少々きついので。今日のうちにここまで来ました。

 この国民宿舎は大好きなところです。何回も来ています。このうちの何回かは、お風呂だけに入りに来ています。畑の中の静かなところにあリますが、広い敷地には丹頂鶴がいます。お風呂は温泉で、かすかに硫黄のにおいがします。それに、食べ物が素敵です。今日は、「秋郷」という懐石を頼んでおきました。

2008_11260013 このお料理と朝はバイキングの一泊二食で11700円です。日帰りでお料理だけだと、5775円だそうです。一人でホテルに泊まるときはいつも駅弁か、先日はセブンイレブンの尾道ラーメンミニ320円だったりと貧しいものなのですが、今日は姉と一緒で豪華です。部屋はツインの一人使用です。ツインの部屋に二人で泊まっても、一人で泊まっても料金は同じなのだそうで、だから別々に泊まっています。

 お風呂はとても気持ちよかったです。が、何しろかぜを引いています。お風呂でも、何回もくしゃみが出ました。アタマがぼんやりしています。それにひどい肩こりです。

 さて、明日は落ち着いてくれないと、講演がしんどいのですが。皆さんのブログを訪問できなくて申し訳ないのですが、風邪薬を飲んで、今日はもう寝ようと思います。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

演歌漬けの夜でした。

 昨夜は、午後6時から「石沢みちこさんの歌手デビュー5周年新曲を祝う会」に行きました。石沢さんは、元々は詩吟の先生。民謡でも全国大会に出場していらっしゃいます。平成9年にはキングレコードから吟詠歌謡「旅愁春日山」を出され、そして平成15年には歌謡曲「哀愁かもめ」「門出祝い詩」を出しています。その後もさらにCDをだしたり、歌手活動を活発になさっていましたが、このたび徳間ジャパンから新曲を出されたのです。

 その新曲「ひとり、、、楓橋」と「人生松竹梅」を聞いて、驚きました。とてもきれいな澄んだお声、その声量、本当に素敵な歌でした。びっくりして。会場は超満員。沢山の方が応援していらっしゃる理由が分かりました。

2008_11240004 2008_11240013_2 広島在住の沢山の方の歌もありました。歌謡教室の先生や、歌手の方たちがこんなに沢山いらっしゃるのも初めて知りました。4時間あまり。たっぷりの演歌漬けです。元々私は演歌人間だから、演歌の世界は嫌いではありません。本当に上手で、胸を打たれる歌も沢山ありました。

 でも、演歌と言うのは実は、圧倒的に「別れの歌」が多いのですね。愛を朗々と歌い上げる曲はあまりありません。前日に大切な友達のお葬式で別れをしてきたばかりなので、時には胸が詰まるのもありました。

メインのゲストは、我が「谷龍介」です。私は谷君の後援会のメンバーでもあります。相変わらずかわいくて歌もうまくて、堪能しました。会場には沢山の谷君ファンもいて、盛り上がって。

2008_11240008 でも、最後はまた石沢さんがしっかりと歌い上げて、聞かせましたねえ。

4時間の演歌で、頭はすっかり演歌モード。何かのぼせたようになりました。

ここのところ、「憂鬱なことが多い日々。ま、こんな日があってもいいでしょう」と遅い時間に自転車で夜道を帰りながら思ったのです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島に帰りました。

 昨夜のうちに広島に帰って来ました。山田泉さんのお葬式は全国から沢山の人で、一杯でした。彼女の人柄でしょう。多くの人に慕われていたからです。みんなが涙を流しました。49歳は、あまりに若くて。癌でそれは苦しまれたようですが、でも、お顔は安らかで、笑みを浮かべているようでした。やっと楽になられたのでしょう。

 性教協の大切な大切な仲間を失いました。私は私なりにお別れを告げて来ました。

 それ以上、一人で何をすることもなくって結局自分の家に寄ることもなく、義母に会うことも連絡もすることもしないで、帰りました。

 実は、その間、まあ、夫からの電話のうるさかったこと。一人で夜車の運転をしたり、一人で家に泊まったりするのが心配だったのでしょう。

 まず家をでて、廿日市の高速に乗ろうとした時に、電話です。運転しながら話しが出来ないので、そのたびに車を止めなければなりません。そしたら、夜のフェリーに乗らないで、港のそばのホテルに泊まれといいます。せっかくフェリーに間に合うように一生懸命に行っていたのに。竹田津についてから、山道や海岸のくねくねした真っ暗な道を行くのが心配だったのでしょう。私にとっては慣れた道なのですが。

 徳山の港に着いて、私から「間に合ったから、やっぱりフェリーに乗るから」と電話をすると、「ダメダーッ」といいます。まあ、押し切って事故でもあったらいけないので、結局徳山の港のそばのホテルに泊まりました。朝のフェリーに乗ることにして。ホテルの前がコンビニです。そこで晩御飯を買っていたら、また「ホテルに泊まれた?」との電話です。

 朝、ちゃんと準備してるか、と電話です。それからフェリーに乗ろうとしたときにまた電話です。向こうの港に着いたときにまた電話。そして、すんだら、すぐに帰ってくるようにといいます。お葬式場に向かってくねくねした道を運転していると、また。そして、今日は帰ってきたら、外で御飯を食べようと言います。まあ、くだらない。

 お葬式は思ったより長くて、載ろうとしたフェリーにはとても間に合わず、次のに載ることにしました。そしたら、「乗った?」と電話。乗れなかった、次のにする、と返事。そして、次のフェリーにまさに乗ろうとしているそのときにまた「乗った?」との電話です。

 まあ、本当に一体何回の電話だったことでしょう。いちいちその対応をするのに、くたびれました。私はもう子どもでもないのに。目をはなしたら、何をするか分からない年でもないし。そんなに心配だったら、一緒に来ればよかったのに、と思います。もっとも、付いていても、運転をするのは私一人です。後ろから、もっとゆっくり、とかあれこれ指示をするのでそれはそれでうるさいのですが。

 今日は連休の二日目。宮島に行こうと思っていたのですが、雨です。取りやめて、たまっている書類書きなどをしに、クリニックにいこうと思います。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お葬式に向かっています。

 今、九州、大分に向かっている途中です。徳山にいます。

 また、大切な人が亡くなってしまいました。性教育仲間の山田泉さんです。今日は下関のお魚フェア、釜山フェアに行くことにしていたのですが、キャンセルして、お葬式に向かっています。

 お葬式がすんだらすぐに日帰りするか、または一泊するか決めていません。一人ですので、一人で我が家に泊まるのもなあとか、一人で車の運転の往復はしんどいなあとか、いろいろと考えています。

 泉さんとのことがいろいろと頭によぎって、つい泣きながら運転しています。気をつけて行かなければ。また、夜に書きます。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「Movie Night」で英語の映画を見ました。

 昨夜は「やまとの湯」から帰って「寒い寒い」とコタツにもぐったら、そのまま寝てしまっていて、ブログも書かないままでした。少々疲れがたまっているのかも。または、寝不足がこたえているのかも。私は、この前のように、「どうやって庄原まで行こうか」なんて心配なことがあると、たちまち眠れなくなって寝不足になってしまうから。それから、講演のためにホテルに泊まると、これも必ず朝早くに目が覚めて、寝不足になってしまいます。

 昨夜は診療後YMCAに行きました。語学学院での「Movie night」です。英語の映画で、英語の字幕の映画です。「WHAT HAPPENS IN VEGAS」日本題「ベガスの恋に勝つルール」でした。わかりやすい英語とストーリーです。初級レベルの方もどうぞ!という案内だったので、私でも!と思って行ったのですが。まあ、そのせりふの早いこと。とても聞き取れません。字幕を読もうにも、アット言う間に消えて次に行ってしまいます。日ごろ洋画を見るのに、いかに日本語の字幕に頼っていたのかがよく分かります。自分の英語力を思い知らされました。

2008_11210004 映画の後は、外国人の先生や学院のスタッフの方たちのお世話による食事でした。手作りのハンバーガー、豆のサラダ、デザートはこれも手作りのティラミスです。ハンバーガーはでかくて、口に入りきりません。苦労しながら食べましたが、お味は抜群!!本当においしく頂きました。ラスベガスカクテルもつくって下さったのですが、私は後やまとの湯に行くための車の運転があるので、パスしてジンジャエールにしました。

先生や参加者たちとおしゃべりしながら、楽しく過ごしました。このような企画をしてくださって感謝です。また、めげないでチャレンジしようと思います。

2008_11210003 2008_11210005


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふれ愛ブラザに行ってみてください。(庄原からです。)

 無事庄原に来ています。朝から道路情報センターや主催者の担当の方に何回も電話をしたりして、結局は自分の車で来ました。昼過ぎに高速道の冬タイヤ規制もなくなりましたので。とちゅうあちこちで雪が残っていたり、路面が濡れていたりでしたが、何事もなく来ることが出来ました。問題は帰りです。ゆっくり無理をしないように帰ります。さすがに広島市内よりはぐっと冷えています。

 講演までに少し時間があるので、今のうちに、お知らせしたいことを書いておきます。

 広島市の紙屋町の地下街、シャレオの紙屋町の出口のところに、ふれ愛プラザがあります。広島の障がいを持っている方たちの作業所で造られたものを売っています。いろいろな手作りの作品が沢山あってとても楽しいお店です。今は、木工製品や手芸品等クリスマスグッズで一杯です。 2008_11200012

 昨日買ったものです。富有柿五個で250円。大きいパンは「イチジクとくるみのパン」350円。社会福祉法人安芸の郷「森の工房AMA」で作られたものです。「シナモンラスク」は150円で、どんぐり作業所の商品です。「ゴマせんべい」ピリ辛あじと海老あじはいずれも220円。ひとは作業所のものです。どれもとても美味です。

広島中央に出られたときには、ぜひのぞいて見てください。楽しいし、おいしいし、安いし、だけでなく、そこで少しでも購入していただけば、それが障がいを持った方たちの大きな励みになります。

 今日は、ブログを書く時間が余りないのでごめんなさい。そろそろ講演会場に行かなければなりません。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

トマトのクリスマスツリーが完成しました!!

 昨日から日本列島全体が寒くなった。市民球場でのオフ会も寒かった。夜行った大和の湯も寒い。露天風呂に入っても、湯がどんどん熱を奪われるのだろう、なかなか体が暖まらなくて、スチームサウナで暖まるしかなかった。

 明日の夜は庄原での講演。主催の方から電話が入った。雪ですと。高速道路は冬タイヤでないと走れません、と。それは困った。私は冬タイヤは持っていない。結局主催者の勧められるバスで行くことにした。でも、講演がすんで帰りのバスがない。三次まで行って、そこからなら最終のバスに間にあいそうで。もし間に合わなかったら、最終の芸備線で。広島着が午前0時過ぎるのだそうだ。やれやれ、まだ11月なのに、こんな雪で困るなんて、思っても見なかった。

 デモ、そうとなったら、雪景色を楽しみましょう。

 ところで、昨日のオフ会で何でも辛口の升井さんにお会いして、「トマトはどうですか?」と聞かれた。「ええ、生きていますよ。ベランダで頑張っています。でも、この寒さで、もうかれるのではないでしょうか。」と言ったら「中に入れれば生き続けますよ。家はハウスで元気にしています」と言われた。

 そうか、今夜はとても冷えるそうで、では待合室に入れましょう、と。診療がすんで、スタッフのみんなに手伝ってもらって、そして、ヤッコラサと中に入れた。あちこちの枝が折れて、またセロテープと割り箸の副木で応急手当をして。

 そして、今朝、トマトは元気だ。陽あたりは少し悪くなったけれど、その分暖かい。さあ、どうなるか。無事冬を越せるだろうか。

そこで、今日、かねてからの念願のトマトでクリスマスツリーを!の実現させるべく、取ってあった飾りつけをした。ハイッ!!トマトのクリスマスツリーが完成です!!

2008_11190011早速母親についてきた幼い子が「なになに?」と駆け寄って触ってみたり、女子高校生が携帯で写真を撮ったりして。珍しがられて、大成功!!

それにしても大きくなったもので。いちばん上は、椅子に載らないと届かないほどに。水耕栽培の威力を痛感しながら楽しませていただいている。実も沢山なり続けている。大切にしましょう!!


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

広島ブログオフ会ありがとう!!市民球場さようなら。

午前中の診療をとにかく頑張って済ませて、広島市民球場へ。広島ブログのオフ会@市民球場で、皆さんが野球をしているはず。私は、結局正式な申し込みができなくて、バックネット裏へ。そこに座って見学をしました。

2008_11180011 あははは、ピッチャーは唯一野球のユニフォームのshozyさん、キャッチャーは、なんとアメフト姿のクリキさん、そして二塁手ははかま姿のごんべさん(ですか?違っていたらごめんなさい)。広ブロならではの野球でした。とっても楽しそう。

私、そっと見ていたら、寒くて。手袋をしたら、それを見つけてか、他の見学者の方が声をかけてくださいました。先日ブログにアップしたディズニーの手袋だったので、わかったみたいです。それからは、楽しくおしゃべりをしながら。

2008_11180013 チアガールもかわいく。期待していたのは、ミカボン先生のブログにあったようなあの水着のような姿だったのだけれど。デモ、十分かわいかったし、楽しそうでした。ああ、でも、お顔が分からない。ミカボン先生とmasamiさんしか分かりませんでした。きっとあの中にいるはず、と人に尋ねたのだけれど。ファンキンさん、どれがそうなの?

そのうち、一緒に見てた方から教えられて、結局私も参加費700円を払ってダッグアウトに入らせてもらいました。

2008_11180014 憧れのベンチから見たグランドです。目線がぐっと下がります。

キャッチボールを少ししてもらいました。何十年ぶりでしょうか。私、結構野球少女だったのだけれど、ショックでした。投げるのがもうめちゃでした。手首のスナップがせ効きません。私とキャッチボールをしてくださった若い男性、お名前が分からなくて申し訳ないのですが。おかげさまで、ありがとうございました。広島市民球場でキャッチボールをすることが出来ました。

皆様のおかげで、市民球場とお別れすることが出来ました。

 小・中学生のころ、いつも父と座っていたのはライトスタンドでした。高校生の頃、中学の野球部のスターが出場していた高校野球の応援、これは一塁側の内野席でした。大学生の夏、高校野球、その後引き続きカープの取材で記者席にこもりっきりだった、当時交際中の夫にお弁当やスイカを届けに来ました。子どもが生まれてからは、せっせと子どもをつれて観戦に来ました。日本シリーズなんて、何とか切符を手に入れて、全部見ました。子どもたちはカーブこども友の会に入れました。当然、熱烈なカープファンが出来上がりました。今のところに開業してからは、年間指定席を買って、これもせっせと応援に来ました。

 そんな市民球場ともお別れです。私なりに、さようならと言って帰りました。参加できたのは、昼の時間の二時間だけですが、こんな素敵なオフ会を本当にありがとうございました。一生の思い出になることでしょう。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

県内の講演のお知らせです。

 今週の木曜日、午後6時半から庄原市ふれあいセンターで講演をします。「子育て講演会~いのちをみつめて~」入場無料です。主催は庄原市要保護児童対策地域協議会、共催 庄原市・庄原市教育委員会 後援 庄原赤十字へ病院・広島県看護協会三次・庄原支部です。

Img015 県北では、もうひとつ、向原でも公講演をします。12月4日午後7時から安芸高田市向原町坂「若者センター」にて。こちらは、社会福祉法人ひとは福祉会・ひとは会(ひとは福祉会家族の会)の主催です。

対象は、知的障害者の家族・福祉施設職員・近隣地域の方々です。

 性教育は基本的にどんな人でも受ける権利があります。障がいのある人もない人も。

もうひとつ。12月14日には、廿日市市で講演をします。これは、廿日市市自治振興部人権・男女共同推進課内おんなとおとこの市民フォーラム実行委員会主催で、「デートDVって何?」のお話しです。

対象は一般の方(高校生以上、保護者など)

多くの県民の皆様にお会いできれは゛うれしいです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

当番医、無事終わりました。

 日曜当番医、無事終了しました。午前中バタバタして忙しかったのですが、午後は落ち着いていました。午前中、救急で手術が必要な患者さんがありました。こんなときは大学病院です。当直のドクターに電話してお願いすると、また、気持ちよく引き受けてもらうことが出来ました。ほっとして、本当にうれしいものです。救急車をお願いして、当院のナースに付き添ってもらって運ぶことが出来ました。午後には、無事手術が終了したという電話もかかってきて、感謝です。

 もうお一人、他の科の患者さんがありました。急いで転送しなければならなかったのですが、前回のことがあります。ここで、すっかり前回のことがトラウマになっていることに気づきました。電話してお願いするのが怖いのです。まだ立ち直っていません。

 よくよく考えて、たぶんここなら何とかしていただけるのではないかという病院に電話しました。電話するときには、どきどきしました。そしたら、とても気持ちよく丁寧な対応で、引き受けて下さったのです。うれしかったです。ひたすら感謝です。

 当番医というのは、本当にいろいろな方が飛び込んできます。よその医院で見てもらっている方もこられます。基本的に、そこに明日受診をするよう、それまでのつなぎとしての治療をします。今日は合計34人の患者さんでした。平日に比べればうんと少ないのですが、でも、初めての方が多いので、時間がかかり、それなりに大変でした。

 私は、当番医と言うのは、結構暇でいろいろなことができるので好きだったのですが、今日はほとんど出来ませんでした。診断書を書いたり、明日のハングルの宿題をやったり、本を読みたかったり、あわよくば編み物も、なんて欲張っていたのですが、ほとんど出来ませんでした。だから、ちょっと居残りをして、書類書きなどをしました。これで、ホッとして気持ちよく帰ることが出来ます。今日は「やまとの湯」に行きます。

一昨日、kei.先生のお花とお菓子の日でした。多肉植物の寄せ植えです。

2008_11150007 私は、これまでサボテン類がとても苦手でした。水をあげ過ぎたり、逆に上げなさ過ぎたりして、調整がうまくいかず、どうしても枯らしてしまいます。今度こそ、うまく育てようと思うのですが。水をあげるタイミングをどうしたらいいのか、またダメにするのではないかと、どきどきしています。

いよいよあさって広ブロオフ会@広島市民球場なのですね。私は、何とかお昼休みに行ってみたい、申し込みたいと思い続けていたのですが、何しろ、仕事の予測がつかなくって。とうとう申し込むことが出来ませんでした。時間があれば、内野席から皆様の応援をしたいと思っています。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は当番医。国際交流の日だけれど。

今日は、日曜当番医。一日中日ごろと同じような診療体制だ。

 朝、うちを出て通勤途上、平和公園の国際会議場がにぎやかだ。その前の平和大通りの緑地帯には、沢山のテントがあって、多くの人が準備をしている。外国の方たちだ。テントの前や中で、すでに鍋をかき回している人、七輪に炭で火をおこしている人。とても魅力的な風景だ。

 今日は、「国際交流・協力の日」。一日中様々なイベントが行われる。「世界の仲間たちに会おう」見つめよう地球 学ぼう世界「国際交流・協力の日」テントは、「ひろしま国際村~世界の屋台~」だ。国際会議場の中では、「地球のステージ」で、山形の精神科医で国際医療救援活動を行っている桑山紀彦さんの案内で、地球環境や紛争や「死」について考える。他にも各国の民芸品のバザーや、様々な体験コーナーがある。

 とても魅力的で、ぜひ行きたいのだけれど。当番医。それにお昼時間には、性教育のグループの会議があるので。残念!

 当番医。前回のようなことになりませんように。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ディズニーランドと京都で買った物です。

遅くにボツボツのアップですみません。ちょっと恥ずかしいので、こっそりと思っていたのですが、使っていたら結構好評なので、というか、みんながにこにこと笑うので、ここにもアップしようと思いました。

2008_11150013 ディズニーランドで買った手袋です。爪のところの赤いのは、金色のミッキーと星がプリントされています。左手の中指の付け根には、ミッキーのキラキラが指輪のようについています。もう朝寒いので、自転車に乗るときに使っています。かわいくて、すっかりお気に入りです。

 ディズニー恒例のポップコーンは、器がかわいいので、キャラメルのポップコーンを買いました。そしたら、娘が、やっぱりハニーのがおいしい、というので、ハニーの小さい箱のを買って、二人でたべながら歩きました。

2008_11150014 確かに、ハニーのはおいしかったです。キャラメルのは、そのまま中身が入ったまま、夫のお土産にしました。彼はポップコーンが好きで、アッと言う間に平らげてしまいました。器はかわいいので眺めています。

京都では、駅からホテル直行で、また朝駅へ直行で、どこにも行かなかったのですが、ホテルのフロントにちょっとしたお土産が置いてありました。どれもかわいかったのですが、結局これを買いました。「舞妓さんのリップクリーム」これは沢山買って、スタッフにひとつずつお土産にしました。

2008_11150010もうひとつは「舞妓さんの花香水」。クリーム状になった練り香水です。これの「夏みかん」のを買いました。自分で使おうと思います。耳の後ろにちょっとつけます。私は柑橘系の香りが好きなので、うれしいです。

 どこに行ってもほとんど観光が出来ない代わりに何か駅でもどこででも、ちょっとした物を買うのが好きです。それも、いつまでたっても、かわいいものが好きです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディズニーランドで食べたものです。

 バタバタしていてアップしていなかったのですが。ディズニーランドのホテルで母性衛生学会があってもう一週間か経ちました。朝、昼、午後と忙しかったその前の日、東京にいる娘が会いに来てくれました。

 そして、ちっょと学会を抜け出して、ディスにーランドに行きました。シーは時間が無理で行けませんでした。娘には、「時間がないので、どこに行くか、どこで何を食べるか、すべて任せるからね」といいました。娘は、本を買って研究していたようです。

 効率よく、大急ぎで回ったのですが。そこで食べたものです。

2008_11090001 ワッフルです。左が娘が頼んだミートソースとチーズの。ミッキーマウスの耳にチーズが入っています。右が私用のメープルシロップのです。耳にもメープルシロップがたっぷり入っています。もちろん、二人で分け合って食べました。

外のテーブルで食べていたら、すずめがやって来ました。

足元に来て、口をあけて催促します。ワッフルを小さくして落とすと、ぱくっと空中キャッチして食べます。そしてまた、口をあけて催促です。こんなに人になれたすずめは初2008_11090003めてです。かわいいものです。

アリスの不思議の国のアリスのレストランで、ハートのハンバーグと、ホールケーキを頼みました。ケーキには、「ハッピー アンバースデイ」と書いてあります。お誕生日ではない人用のケーキなのだそうです。二人で平らげました。

いずれも、込んでる時間を避けていきましたので、すぐに食べることが出来ました。食べ物もメルヘンの世界でした。

2008_11090012
コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北陸線特急に女性専用シートが出来ていました。

 今金沢での講演を終えての帰り道です。やはり金沢は遠いです。4時過ぎに会場を出て、広島駅に帰りつくのは、午後10時近くになります。

 今日の講演は石川県教職員組合の養護教諭部会の研修会でした。石川県の小・中学校の保健室の先生たちです。県教組の組織率は83%だそうで、びっくりしました。全国的に見ても、高率です。

 性教育の必要性について、一生懸命話したと思います。もちろん、先生たちは、日ごろ生徒たちに接していてよく分かっている人たちです。気心が知れている人たちですので、気持ちよく話すことが出来ました。

 ところで、福井や石川に行くときには、いつも京都から、または時には大阪から、北陸本線の特急の雷鳥かサンダーバードに乗ります。

この線の列車内で大変悲惨な事件が起こりました。若い女性が乗っている隣に男性がすわり、そして声を出すと殺すぞと脅し、トイレに連れ込んでレイプするという事件です。他の乗客も、分かっていたのですが、怖くて何もいえなかったと、知らん振りするしかなかったということでした。

 今日乗ってみると、女性専用シートが作ってありました。丸ごと1車両が女性専用と言うことでなく、各車両の前4列のみが女性専用です。それと、各車両にSOSのボタンが作られていました。私でも、夜遅い新幹線で、指定席でも、ひとつの箱に私一人と言うことがあって、ここで「金をだせ」なんてこられたらアウトだね、なんて気味が悪いこともありました。

列車の中、単に痴漢だけでなく、いろいろな犯罪に用心しなければならない時代になってしまいました。

2008_11130001_2 2008_11130002_2                    

講演の会場の前が城址公園で、紅葉がきれいでしたので、撮りました。行く途中の山の紅葉はまだでした。でも、遠くの山には雪があってそれはまたきれいでした。

2008_11130003_4 昨日報告し忘れましたが、京都の清水寺は今日から紅葉のライトアップです。昨夜は一歩違いで見ることが出来ませんでした。いつも私は何でも一歩違いです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん患者さんと筑紫哲也さんと。

 今夜は京都のホテルにいる。明日の木曜日は、金沢で講演のため、診療を終えてここまでやってきた。広島から金沢往復、日帰りだと少しつらすぎるので。

 また、例によって、ホテルで駅弁を一人ぼそぼそと食べた。前、京都の駅で何もお弁当がなく、ひどい目にあったことがあるので、広島駅で買ってきたお弁当だ。

 今日お昼時間に、あの患者さんが入院している病院に行った。きっと筑紫哲也さんが亡くなってショックを受けているだろうと思ったので。この前、峰岸徹さんが亡くなったときもそうだったので。案の定、すっかりうつ状態となっている。やはり昨夜の追悼番組をはじめから終わりまで見たのだそうだ。

彼女は頑張って、今4クール目の抗がん剤の治療を終えたところだ。すっかり食欲もなくなって、お昼も一口も食べなかったと。これから5クール目を始めるまでにしばらく休みがあるので、また食欲が出てきたら、何か食べに行こうね、と約束してきた。

 彼女も筑紫さんの大ファンで、あのニュース番組は欠かさず見ていたと。そして、「まあ、筑紫さんが癌じゃと。」と、気の毒に思っていたと。そしたら、今度は自分がこうなってしまったと。でも、3月に余命3ヶ月といわれていたのに、11月まで頑張って生きちゃったんじゃねえ。私も言った。筑紫さんは、ずっと笑顔じゃったねえ。いろんな人にいろいろな笑顔をされていたよ。すごい人じゃねえ、と。

 私は、あの筑紫さんがどのように「死」を受け入れられたのか、それが知りたい。今日の毎日新聞には、筑紫さんをインタビューした人の記事があった。それによると、「結局生きている間に、どれだけ楽しむか、ではないかと思う」と言われたようだ。病を得た後も、何にでも興味津々で、笑顔で人と会話をしていたあの姿は、結局すべてを楽しもうと思われた、それ故だったのだろう。

 最後まで緩和ケア病棟を拒否して、治療を希望していたという、その姿に涙し、同時に勇気ももらった。闘病記を書かれていたようなので、きっとそれが出版されるだろう。絶対読もうと思う。

 彼女は、今日はうつで「もう、死んでもいいやと思うようになった」と言っていたのだが、抗がん剤の効果があるし、どこがいけないという訳でもない。6コースの抗がん剤を希望を持って頑張ってもらいたい。そんな話しをしてきた。

 それにしても。京都まで来たのに、紅葉のひとつも見ず、京料理のひとつも食べず。金沢でも講演だけの時間しかなく、せめて兼六園くらい行ってみたいと思ってもかなわず。いえ、そんな愚痴を言ってはいけない。呼んで下さるところがあるというのは、とてもありがたいことなのだから。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私のランチ事情・そごう地下の天丼と平和公園の橋のたもとのイタリアン

久々に食べ物のご報告を。

そごうの10階には銀座てんぷらの天一があります。少し豪華なてんぷらや釜飯などの定食が食べられます。その天一が地下二階の惣菜売り場に、お店を出しています。そこで「天丼が食べられるよ。」と教えてもらいました。てんぷらは暮に年越しそばとして買ったことがあっても、そこで食べられるなんて全然知りませんでした。

 お店の右に小さな6人だけが座れるカウンターがあります。

2008_11020011 私は、かき揚げが大好きなので、かき揚げ天丼を頼みました。その場でてんぷらを揚げてくれます。熱々でかりっと香ばしいかき揚げに、天つゆ、ゆずの皮が乗せてあっていい香りです。とてもおいしく戴きました。840円です。

隣では、アナゴの天丼を頼んでおられました。アナゴのてんぷら二個に、しし唐やナスなどの野菜も。そして、お漬物が、私の安いのは広島菜だけですが、それには、ナスの漬物もついていました。1050円です。

いちばん豪華なのは、1200円で、海老、いか、かき揚げ、野菜がどっさり乗って、赤出し付きです。(私ではなく、人が食べていたのです。)

 平和公園の元安橋の、本通り方面に行く東のたもとに、おしゃれなお店が出来ました。気にはなっていたのですが、どんなお店なのが知りませんでした。そしたら、結構ちゃんとしたイタリアンだという話しを聞きました。で、行って見ました。Caffe Ponteというイタリアンのカフェレストランです。ランチタイムは11時から15時まで。外はテントで、もう少し寒そうですが、建物の中に入ると暖かです。

 ランチは二種。1200円と1900円のコースです。もちろん、私は1200円のを頼みました。

2008_11020002 まず、おしゃれな器に、スープとパンとサラダが来ます。ほかほかのパンの下にはオリーブオイルが隠れていました。

パスタは三種類から選びます。私は、キノコのトマトソースのパスタです。

これに、後コーヒーが出ます。

2008_11020003 1900円のは、この1200円のコースに、前菜の盛り合わせと手作りデザートが付きます。デザートは、大きなお皿に沢山の種類が載っていて、とても豪華でした。(もちろん、人が食べていたのを横目で見ただけです。)

いつか、大切なお客さんでもあったときに、この1900円のコースを食べましょう。店内からは、川と、平和公園の緑とそろそろ紅葉が見えて、とてもきれいです。

ついでに、今日は私は昨夜の残り物でお弁当です。

2008_11110001 インゲン豆のてんぷらと、キノコと海老とたまねぎでかき揚げをしました。かいわれ大根は味ポンにつけて、あとはベランダのトマトと、柿とりんごと梅干です。夕飯が沢山残ったら、お弁当にします。子どもや夫に作るのでなく、自分が食べるのですから、本当に気楽なものです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

筑紫哲也さんが亡くなって。

 筑紫哲也さんが亡くなって。呆然としている。大切な人が次々と亡くなっていく。あの、大切なことをずばりと、でも、決して聞く人が不愉快にならないように、しっかり主張された姿は貴重だったと思う。

 時々テレビ画面で帽子の姿を見て、抗がん剤を頑張っていらっしゃるのだろう、でもきっとまた、元気になって復活してくださると思っていたのだが。

 広島にはよく来ていただいた。8.6には必ずと言っていいほど来てくださって、そして平和公園から中継してくださった。広島カープが好きで、市民球場にもよく赤い帽子をかぶって来ていただいた。

 今日のフジテレビで、広島出身の武藤さんが話していた。6月に筑紫さんが表彰された、その会でお会いして、広島カープの市民球場も、移転することになって、新しいのができるのです。今度新しくなったら、ぜひ来てくださいね、と言ったと。そしたら、「さあ、いけるかなあ」といわれた、と。そのときには、きっと死を覚悟していらっしたのだろう。

 私は、1986年7月28日に筑紫さんと対談をした。当時、朝日ジャーナルの編集長でいらっして、「元気印の女たち」というシリーズを掲載されていた。第一回が吉永小百合さん、二回目が猪口邦子さん、全39回の最後が瀬戸内寂聴さん、最後から二番目が土井たか子さん、他に矢野顕子さん、五輪真弓さん、山田詠美さんというようなそうそうたるメンバーの中の一人に、どうしたことか私もいた。

 その頃は、初めての本、「さらば悲しみの性」が評判になって、あちこちのテレビに出たりしていたので、興味を持っていただいたのかも知れない。

 真夜中の病院の診察室、それもお産の当番で、陣痛室には産婦さんがいて、その経過をみながらの対談だった。他に中村記者とカメラマンと。お茶の一杯も出さないで、とても失礼な状況で、それでも一生懸命に話しを聞いてくださって。何しろ、感性のやわらかい人だった。かつ真っ直ぐな人だった。

 以来、これまで、筑紫さんのファンで来た。

 貴重なジャーナリストを失った。決して彼の後を継ぐ人は現れないであろう。胸が痛い。日本がどんどん悪くなっていくような気がする。

2008_11100006


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

大崎上島での講演

 大崎上島町の講演は、町民の方が思いのほか沢山来て下さってありがたいことでした。この時期、そして今日は、島内で沢山の行事があって、どれだけ来ていただけるか分からないと主催の教育委員会の方も心配なさっていたのですが、150人を越える人たちでした。皆様熱心に聴いてくださいました。「人権講演会」として私へ声をかけてくださったのですが、性教育も人権教育も平和教育も私はつながっていると思っています。すべて「いのち」がテーマなのですから。

2008_11090020 中でも、86歳と85才のご夫婦です。後で私のところに尋ねてきてくださいました。「まあ、いい話で、もっと沢山の人に聞いてもらいたかった」と言ってくださいました。

 ご夫婦は、私の大学の後輩のドクター、浜中和子さんのご両親です。浜中さんは尾道の皮膚科のドクターであり、かつ自らが乳がんの患者さんでもあって、乳腺疾患の患者の会「のぞみの会」の代表として頑張っています。「のぞみを胸に」という著書も書かれています。そのご両親にお会いして、感無量でもありました。お願いして、写真を取らせていただきました。ブログに載せることも了解していただきました。86歳で、かくしゃくとして、まだ浜中先生の医療事務の手伝いをしている、車の運転もしているといわれます。本当にうれしいことでした。

 フェリーで瀬戸内海を行くのは、海好きの私としては、とてもうれしかったのですが、でも、あいにくと雨。どんよりとして、海の色も灰色で、残念でした。

2008_11090025 それに、海の上は、とても寒くて、写真を撮るのにも震えそうで、早々に車の中に入り、こもっていました。

 県内でのお話しは、まだ庄原や向原や廿日市などが残っています。遠方の方もそうなのですが、でも、お近くの方たちに話を聞いてもらって、理解していただくのは、本当にありがたいことです。こんな機会を大切にして、頑張っていこうと思います。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母性衛生学会を終えました。

 ふうっ!今日の診療をやっと終えました。しんどかったです。

 昨日の最終の飛行機で広島く空港へ。車で家まで帰ると、もうぐったりです。連れ合いは、疲れているのなら「やまとの湯」へ行こう、というのですが、とても車を運転するだけの元気がなく、パスです。そして、眠りました。

 昨日は、モーニングセミナーのあと、ばたばたと荷物をしてチェックアウト。お昼を食べる暇もなく、ランチョンセミナーへ。前夜の特訓のかいがあってか、とてもいい劇が出来たと思います。その後、青森の蓮尾先生が、劇の練習の時撮った写真と、劇中のキーワードを使って、それはすばらしい講演をされました。

F1000062_2 本当はこんなスナップ写真(私は、真ん中あたりの紺色のセーラー服です。ミニスカートが隠れていてざんねん)でなく、劇と講演のビデオが撮ってあるので、それをU’TUBで流して、多くの人に見て戴きたいのですが。でも、反対派の人たちに悪用されてはいけない、と止められました。確かに、そのとおりです。ちなみに、台本も演出も、出演者もみんな全国の産婦人科の医師です。

その後、急いで遅いお昼を食べて、市民公開講座でした。多くの浦安市民のみなさま、学会の参加者の方たちに聞いていただきました。私は、「今、親から子に何を伝えるか」をテーマに、性教育の必要性を目一杯話しをしました。私の後は、岡山の上村先生が、メールに見る若者の状況を中心に話されました。

 某テレビ局がずっと撮影していました。もし、放映されるようになったら、皆様にお知らせしますね。

 それにしても、性教育が衰退して。そして、今日の診療でもです。20代の働く女性、二人とも、二回の中絶をしています。それも、同じ男性との間での妊娠です。男性に対して、「避妊を」と言い出せない女性がやっぱり少なからずいるのです。私は、そんな人には、ピルを勧めます。でも、一人は、「彼氏が副作用があるから、ピルを飲むなと言う」といいます。それなら、二回も中絶をさせるな!と思うのです。もう一人は、彼は、結婚する気はないと。でも、避妊のない性交をして、二回の中絶です。妊娠しても産ませることが出来ないのなら、コンドームくらい、使うのが義務だと私は思うのです。

 こんなことは、社会に出ると、誰も教育してくれません。彼ら、彼女たちが学生時代にどんな教育を受けていたのか。こんな当たり前のことが分からないままに、性を実行している、さびしいことです。性教育は、決して、子どもたちの今のためにだけでなく、一生の問題として取り組まなければならないと思うのです。

 明日、9日午後1時半から、大崎上島文化センターにて、大崎上島教育委員会主催で、「生きる底力を子どもたちに!」とのタイトルで講演をします。お近くの方、いらっして下さればうれしいです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

低用量ピルは何歳までのんでもいいのか。

 母性衛生学会は、ディズニーランドのシェラトン・ベイ・ホテルをほぼ貸切の状態で行われています。私の部屋からの景色です。中庭のやしの木、その向こうに広がる海、まるで異国に来たような気がします。総登録者数2274人、大きな学会になりました。

2008_11060022 昨夜は、1時まで今日のモーニングセミナーの打ち合わせ、ランチョンセミナーでする歌劇の練習でした。その後、寝ようと思ったら、疲れすぎなのでしょう。眠れません。3時になっても眠れないので、冷蔵庫からチューハイを出して飲んで、そのおかげでしょうか、やっと眠りました。でも、今朝、モーニングセミナーは、7時半から。6時半には起きて、準備です。寝不足と疲れで、アタマが痛みます。

モーニングセミナーでは、低用量ピル、OCについて、150人の参加者が8つに分かれて話し合い、質問を出し合い、それぞれのテーブルに配置された私たちがお答えするという形で始まりました。その中で、全体に広げたほうがいい質問を、最後に青森の蓮尾先生と群馬の家坂先生がお答えするというものでした。蓮尾先生は、弘前で、月に3000人もの人に低用量ピルを出していると、その効果もあってか、青森の十代の人工中絶がぐっと減ったという逸話をお持ちです。家坂先生も、月に2000人にお出しになっていると。ですから、その先生たちのお答えは、実に説得力のあるものでした。

 その中のいくつかのお答えについて。OCは何歳くらいまでのんでもいいのか、というのでは、大体50くらいまでなのだけれど、54歳まで飲んだ方、また60まで飲んだ方もおありだということでした。一旦飲み始めて、月経の量や痛みなどが楽になると、なかなかやめがたいのも事実です。

 私のところでも、やはり50才くらいまでお出ししています。私のところでも、50過ぎの妊娠は結構あります。それも、どうしても発見が遅れ勝ちになります。月経が不順でもかまわないし、後で考えればつわりだったのが、更年期の体調不良と思ったりして、はっと気づいたときにはお腹が動き出した、と。全国的にみても、50代は、中期中絶の率が高くなります。

もう少しお話ししたいのですが、もうランチョンセミナーの準備に行かなければなりません。また、時間を見て、お話ししますね。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ディズニーシーのホテルミラコスタで。

 3日のお休みの日、レセプトを全部終了して、それからのことです。以前から、私はミシンをほしいと思っていました。もう、子どもが小さいときに使っていたミシンは、娘が東京に持って行ってしまいました。それ以来、ミシンなしで過ごして来ました。それでも別に生活に困ることはなかったのですが、でも、ネットを初めてから、皆様がいろいろと手作りをしていらっしゃるのを見て、もううらやましくって。ミシンがほしい、ほしい、と思い続けて来ました。

 で、その日、ミシンのお店に行きました。実は、その数日前に、新聞でミシンがお安いという宣伝があって、そこに電話で問い合わせて、行く約束をしていました。で、たずねていくと、そこには沢山のミシンがありました。そして、私が買おうと思っていたの、要するにお安いのは、あまりにちゃちで機能的にとても劣るというのが分かりました。それは、そうです。ちゃんとお金を出せばいろいろな機能がついたのが、沢山あるわけで。で、どうせ買うのなら、ちゃんとしたのを買うべきだと思ったのです。

 でも、こんなのを買って、一体、何を作るの?子どもが小さいときなら、スカートなどを作って親子で楽しみもしたけれど、もうそんな用もないし。それでなくとも忙しいのに。したいことは、一杯あるのに。などと、激しく葛藤して、で、結局やめました。なんにも買わないで帰りました。やっぱりもうこれ以上手を広げるのはやめよう。何かを作りたかったら、また、編み物をしよう、と、思いながら。

 昨日、東京に来る飛行機の中で、帽子作りを初めました。

 その後、廿日市の私の古い友人というか、先輩のところに、往診に行きました。いつも、YMCAの訪問看護にお願いして、点滴などをしてもらっていて、私は時々、往診をしています。カラダが不自由ななりに、お元気で、久々にお会いして、うれしかったです。

 そして夜から「やまとの湯」です。結局、どこにも行かなかったけれど、そのようなことがいろいろとできて、有意義な連休を過ごすことが出来ました。

 さて、昨夜は、千葉安浦に無事到着。ディズニーシーの中にあるホテルミラコスタのスイートルームに直行です。そこは、もちろん私が泊まったわけでなく、仲間のドクターが借りて、そこでこれからの打ち合わせなどをしたのです。仲間たちがいろいろと食べ物を用意してくれていました。私も三次のワイナリーのワインをあらかじめ送っておきました。

2008_11060002 2008_11060001 ミラコスタのロビーと天井です。まるで異国に来たような気がしました。スイートルームなんて、これから決して入れないだろうお部屋で、モーニングセミナーやランチョンセミナーでの歌劇などの打ち合わせもそこそこに、まあ、おいしいチーズやパスタなどを戴きました。

そうしてたら、なんだか、外で音楽が聞こえて来ました。こんな真夜中にです。

2008_11060003 なんと、ディズニーシーでのパレートです。7日からクリスマスバージョンのパレードをする、その練習だったのです。音楽も、花火も、イルミネーションも、本番そのままに、ミッキーやドナルドたちが船の上で踊っています。まあ、素敵なパレードでした。こんなパレードをホテルの部屋から見ることが出来るなんて。

 夢のようなひと時のあと、自分のホテルに戻りました。チェックインが午前1時です。

 また、学会の報告をしますね。と言っても、かなりフル回転ですので、いつパソコンを開けることができるかわかりません。二千人を越える看護師や助産師や医師が集まっています。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今から千葉に行きます。

今、広島空港です。診療がすんで、車を飛ばしてやって来ました。今から羽田に行きます。今日から、千葉で「母性衛生学会」が開かれています。それに参加します。

 朝7時からのモーニングセミナー、お昼のランチョンセミナー(女子高校生になるお芝居もします。)市民公開講座と、フル回転する予定です。

 今日も、ついたらすぐに打ち合わせの予定です。

 今日の仕事は、とてもしんどかったです。しんどい患者さんを相手に、ぐっと我慢の子で対応するのは、本当にストレスがたまります。車を運転しながらも、その患者さんのことでアタマが一杯でした。

 またホテルに落ち着いたら、続きを書きますね。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休中にしたこと。修学旅行生と被爆者の話を聞きました。

 ここのところ、シリーズを書いていたので、近況がご無沙汰になっていました。11月2.3.のお休みは、2日に講演をいれていたのが、日の変更になって、結局私にとって思わぬ連休になりました。ラッキーです。

 まず1日土曜日の夜のことです。今年の5月に講演に行った、北見の留辺蕊高校の二年生が修学旅行で広島にやって来ました。そこで、生徒たちにホテルまで会いに行きました。ホテルで、生徒たちは、被爆者の池田精子さんの語り部のお話を聞きます。私は二年前に池田さんの話を聞いたことがあります。もう一度、生徒たちと一緒に話しを聞きました。

2008_11020006 女学校の一年生、12才で被爆した池田さんのお話は壮絶です。全身、ひどいやけどでとても助からないといわれていたのが、ご両親の献身的な看病があってか、奇跡的に命は助かりました。ケロイドの顔は、15回もの手術を受けています。今、このような被爆者の語りべもだんだんと少なくなっています。この日の朝早く、北見を出、飛行機を乗り継いで広島にやってきた生徒たちは、疲れていたでしょうが、食い入るように池田さんの話を聞いていました。

どうぞ、生徒たちには、この話しをこれからの人生を生きるうえでの糧にしてもらったら、と思いました。広島に一泊して、次の日は、大久野島に行き、毒ガス製造の検証をするといいます。あの戦争を、加害と被害の両面から学ぶということです。ちょうど、航空自衛隊の幕僚長の論文のニュースを聞きました。彼は、一体これまでこの戦争の何を学んだのか、と思います。

 池田さんの話は、私にも重く響きました。大腸の癌を切除されたとのこと、どうぞ、いつまでもお元気で、多くの人にお話しをしていただきたいと思いました。

 2日の午前中は、急遽kei.先生の教室に入れていただき、ビデマイヤのレッスンです。私の好きなピンク系の作品です。

2008_11020014 カーネーションと菊と、ピンクのライスフラワーで作りました。持って帰って、クリニックの受付のカウンターに飾りました。

月初めは、恒例の保険のレセプトがあります。午後は、クリニックにこもって、レセプトと格闘です。みんな、いろいろとピクニックなんぞに行っているのだろうなあ、なんて思いながら。でも、これをしないと、うちのクリニックにはお金が入りませんので、仕方ありません。連休中にすべて片付けておくように、との事務長からのお達しでした。頑張って、孤独に仕事をいたしました。

3日のことについて、また明日お話しします。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢の方の産婦人科医療(6)かゆみ、オムツ、終わりに当たって。

 閉経後に、性器に頑固なかゆみが起こることもあります。性器は、若い人でも、カンジダと言う真菌(カビの一種)が膣や外陰の皮膚に住み着いてかゆみが起こることがあります。また、蒸れたりしての単純な皮膚炎でかゆくなることもあります。このカンジダがいるか否かによって、お薬が真反対に異なります。ですから、それを慎重に見極めて治療しなければなりません。

 高齢の方の場合、このようにカンジダの有無に加えて、ホルモンが出なくなったための膣炎や皮膚炎で、また白斑症といって、色素が抜けて行く炎症の一種の場合などがあります。

 いずれにしても、しつこいようですが、一人で悩むのでなく、病院で相談なさってください。お一人お一人の原因や症状によって、適切な治療で楽になりますからね。

 さらに、寝たきりのお年寄りの場合。オムツをしている方に、悪臭がする、変なおりものがある、という介護をなさっている方からの相談があることがあります。私は、ご近所の内科の病院からそのような連絡を戴くと、ナースと共に、往診に行きます。病院までこられない場合は、当然、往診が必要になりますから。

 病院のベットの上で、診察、がん検診、おりものの検査などをします。ほとんどの方がオムツですので、排泄物から、大腸菌などの菌が膣内に入り込んでしまって、そのための膣炎を起こしていらっしゃいます。このようなときには、抗生物質の膣錠を使います。

 このように、女性の高齢の方には、いろいろと構造上、またホルモンの変化によって、しんどいことが起こりがちなのです。それらをちゃんと心に留めておかなければ、と思います。初めに言いましたように、産婦人科にはどんな方が来てもいいのです。決して若い人だけが来るところではありません。また、お年寄りの性器にかかわることを見下すような意識を持ってもいけないと思います。

 ご本人は、とてもつらいのです。つらいのを快適にして差し上げる、これも大切な医療であると思います。

 時には、産婦人科医の態度がよろしくないこともあります。私のところに、子宮が下がると悩んでこられた方で、ある大きな病院で「年だから、仕方がないですよ。立ってて下がるのだったら、寝ていたらいいではないですか。」といわれたと、涙ぐまれた方がありました。ドクターが、そのとおりの言い方をされたのか否かは分かりません。でも、ご本人はそう受け止められたのですね。そんな話しを聞くと、医療者といえども、完璧な人間ではないと。自分のコトバで傷ついた人がいるということを気づくことによって成長していくのだと、だから、それをどう知らせたらいいのか、とそれを考えます。それはまた、私自身への警告として受け止めなければ、と思います。

 高齢の方の産婦人科医療について、シリーズで書かせていただきました。このような、これまであまり言われていないことを、高齢の方自身にも、また、お若い方にも理解していただければ、そして少しでも高齢の方の人生が楽しくなるためのお役に立てれば、幸いです。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢の方の産婦人科医療(5)尿漏れには主に二つのタイプが。

 高齢の方に多い訴えの一つに「尿が漏れる」と言うのがあります。いろいろなタイプがありますが、とくにお年の方の場合、咳やくしゃみなどおなかに力が入ったとき、思わずもれてしまう「腹圧性尿失禁」と、おしっこをしたいと思ったら、すぐにトイレに行かないと間に合わない「切迫性尿失禁」の二つが多いものです。(このほかにも、心因性や、からだに障がいがあるための尿漏れなどもあります)

 この二つの尿漏れについてお話します。まず「腹圧性の尿失禁」。これは、咳、くしゃみ、急に走る、重たいものを持ち上げるなど、おなかに力が入ったときにもれてしまいます。出産の経験のある人やお年よりに多く見られます。原因としては、骨盤の底にある筋肉が緩んでしまって、少しの圧力で膀胱の出口が開いてしまうために起こります。治療としては、軽い人は、骨盤底筋体操で筋肉を鍛えます。前回お話しした「キーゲル運動」が基本になります。肛門をぎゅっと締める運動ですね。これに、いろいろな格好を組み合わせます。たとえば仰向けでする、四つんばいになってする、寝た姿勢で足をまげ、お尻をもちあげながらする、などです。

 軽い人は、この運動でずいぶん改善します。重症の方は手術をすると楽になります。手術は、今主流になっているのは、膀胱の出口の部分をテープで吊り上げて固定するものです。これは、お腹を切る必要もなく、高い効果上げることから、ずいぶん普及してきています。が、まだその手術をしてくれる病院が限られているのが難点です。

 もうひとつ、尿意があると、すぐに出てしまう、トイレが間に合わない、下着をおろそうとするのも間に合わないで出てしまう、という「切迫性尿失禁」についてのお話しです。この原因は、自分の意思ではなく、膀胱が勝手に収縮してしまったり、膀胱の容量が小さくなった場合に起こります。

 治療としては、手術は望めません。これについては、ずいぶんいろいろなお薬が出ています。結構、効果がありますので、これを飲みながら、「膀胱訓練」をします。膀胱訓練というのは、排尿、尿失禁の状態をまず詳しく記録します。そして、一回の排尿量と排尿の間隔を知り、その量と時間を少しずつ増加・延長するように努力するものです。要するに、出来るだけ尿を我慢することによって、膀胱の容量を増やしたり、膀胱が勝手に収縮しないように、訓練を、というわけです。

 この尿漏れで、密かに悩んでいる女性がとても多いといわれます。実は、生理用のナプキンが、高齢の女性の尿漏れ用にかなり使われているのでは、というデータもありました。そして、今、生理用でなく、尿漏れ専用のナプキンも出来ています。血液と、尿では、吸収のしかたや、においへの配慮などが異なるからです。また、この悩みの方への説明や、体操の仕方を図解しているパンフレットも沢山出ています。

 私のクリニックでは、このような悩みの方にこれらのパンフレットと、尿漏れ用のナプキンのサンプルをお渡ししています。

2008_11020013  こんな症状の人は沢山いるのですから、一人で悩まないで、どうぞ病院で相談して下さい。とくに高齢の方は、我慢してしまいます。このようなことは、人にしゃべるのははしたないとして育ってこられたからでもありましょう。

 次回は、高齢の方について、最後に申し上げたいことをお話しします。

 


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高齢の方の産婦人科医療(4)子宮が下がる。

「子宮が下がる」というのは、昔から広く知られていたことと思います。年齢がかさむと、膣から子宮が下がってきて、ひどくなると、まるで男性のようにボッコリとぶら下がってしまいます。

 そこまでひどくなくとも、少しだけでも外に出てくると、それが挟まった感じで、不快感があります。または、こすれて出血したり、痛みが起こることもあります。

 また、子宮と共に、膀胱や直腸も一緒に下がってきて、排尿や排便も難しくなったりもします。

 こうなる人のほとんどがお産を経験しています。また、多産の人に多いといわれますが、このごろのように、少人数しか産んでいなくとも、こうなってしまう方もあります。

 こんなことは、あまり大っぴらに人にもいえず、まさに「人知れず」悩んでいらっしゃいます。病院に来るまでに相当月日がたっている方がお多いのです。

 この症状は、膣の周囲を囲んでいる筋肉が年齢と共に緩んでしまったために起こります。治療としては、やはり一義的には、手術が一番ですね。下から子宮を切除して、膣の補強を行います。この補強をしないと、子宮がなくとも、膀胱や直腸が下がってきてしまいますので。

 でも、手術がいやだ、他に合併症があってそのために麻酔をかけづらい、スケジュールが(お連れ合いの介護をしなければならなかったりで)取りにくい、という方には、ペッサリーといって、丸いわっかになったものを膣にいれて、支えます。ただ、これはあまり長期に入れていると、膣が傷ついて、おりものや出血が起こることがあります。今は、硬いペッサリーだけでなく、ソフトペッサリーといって、比較的柔らかくて幅広く、膣を傷つけにくいものも使われています。これらには、いろいろなサイズがあって、お一人ずつ、どのサイズのを使うか、ためしながら決めていきます。

 それから、ペッサリーを入れていても、そのうち改善して、いらなくなる方もあります。このような方には、再発しないために、何よりも「運動」をお勧めします。

 診察をしながら、「肛門をきゅっと締めてみてください。」と申し上げます。緩めてみて、もう一度締めてみて、と、何回か試みていただきます。肛門の周囲の筋肉と、膣の周囲の筋肉は、8の字につながっています。ですから、肛門を閉めると、膣の筋肉も締まるというわけです。きゅっと締めてもらうと、下がり気味の子宮や膣壁がすっと上に上がります。

 そうです、どなたも、予防のためにもこの運動をしてください。これは、座っていても、立っていても、寝ていてもできますね。気づく度にこの運動をすることによって、かなりの方が改善しています。この運動は、「キーゲル運動」と言って、産後にも進められる運動なのです。

 実は、このようなことを多くの年配の方にお伝えしたいのですが、このネットでこのようなことを書いても、年配の方はなかなかネットなどはなさいません。どうか、皆様の身近な方、お母様たちに、さりげなく、こんなことが書いてあったよ、ということででもお伝えいただければうれしいです。

 明日は、これも密かに悩んでいる方が多い「尿もれ」についてお話しますね。


コスモス薬局のHPの中に私の「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »