« 大汗をかいた話。 | トップページ | 岸和田の講演で。 »

自民党の演説に気分がザラザラ。

今日土曜日は、shiozyさんの「妻のために生きる」の原画展の最終日。これまでずっと行くことが出来なかったので、なんとしても今日いかなければ。だから、午前中の診療は一生懸命だった。二時前に何とか診療を終えることが出来て、大急ぎで「ちから」の定番の中華そばミニを食べる。そして、ちょっとだけお土産を買おうと本通の交差点のほうに向かおうとしたら、何やらスピーカーの声が聞こえる。

 見ると、自由民主党の豪華な車が止まっており、その上に人が三人立っている。車の上からは、垂れ幕が。その一つには、衆議院議員岸田文夫氏の名前。よく見ると、車の上の一人は岸田氏だ。そのうちの一人の演説が始まった。「北朝鮮の拉致問題について」と。

 車のまわり、本通には、何人もの若者が自民党の旗を持ち、広報誌とパンフレットを配っている。私は急ぐので、早足で通り過ぎる。アンデルセンに行ったかえり、そこをまた通ろうとしたら、今度は岸田氏の演説だ。今日は、全国の統一行動の日だと。北海道から沖縄まで、全国で自民党の青年部が一斉に行動をしているのだと。そして、また、北朝鮮の拉致問題だ。ちょっとだけ立ち止まったが、やはり時間がないので、立ち去ろうとしたら、一人の青年が、パンフを持って近づいてきた。

 広報誌とパンフを渡されたので、たずねた。

「後期高齢者医療について、何か書いてありますか?」と。そしたら、さあ、と首をひねり、バンフをぱらぱらとめくっている。

「後期高齢者医療の委員会の強行採決の議長をしていたのは、岸田さんでしょう?張本人はこれについて、今どういっているの?」

と聞くも、さあ、だけだ。「年寄りは死ね、というような制度でしょう?」というも、なんにも答えられない若い青年を相手にしてもしょうがないので、パンフ、読んでみるね、と言って立ち去った。

 広報誌は、自由民主という。「原油高から国民生活を守れ」とでかでかと赤で見出しが書かれている。まるで、人ごと。野党の新聞だ。福田内閣は緊急対策を決定したと。中小企業や建設業や農林業に対しての対策が書いてあるが、消費者の視点がない。さまざまな物価が上がって、この上に後期高齢者医療費が天引きされて、生活に困っている人たち、特に高齢の方たちに対しての対策なんて、なんにもない。「石油税」を一時ストップしてでも、物価高に対しての支援をしましょうと、こんなことはいえないのだろうか。

 パンフレットも馬鹿馬鹿しいったらありはしない。青年部の宣伝だけだ。こんなむなしいものをお金をかけて作って、何の効果があるというのだろうか。政策の一つも出ていない。もっとも、今、年金や高齢者医療について語ると、怒りを買うだけだとわかっているからなのかも知れないが。

 民主党の離党騒ぎも、自民党による切り崩しだと。参議院の過半数を取れない与党が、もうじき民主党から何人かを離党をさせるべく、ひそかに動いている、と何回も聞いた。ここに来て、それが実行されたということだろう。あの人たちは、やがて自民党に吸収されて行くのだろうか。これだけぼろぼろになっている自民党に何の魅力があるのだろうか、と、かわいそうになってしまう。

 まあ、似たような人は、まだまだ民主党の中にいるだろうし。本当は自民党から出たいのだけれど、枠がないので、仕方なく、という人たち。そろそろ政界再編で、すっきりさせたほうがいいのかも。

 なんだか、意味のない広報誌とパンフレットをもらって、気分がざらざらしてきた。いそいで自転車で中国新聞社の原画展に行って、カットの原画と原稿をあらためて見た。間に合ってよかった。本当にこのエッセイはよく出来ている。面白い。どうか、本が沢山売れますように。運よく、shiozyさんにもあえて、ラッキーだった。

 今夜は、大阪のホテルに来ている。明日は、岸和田で講演だ。ブログで出会った方たちにも何人か来ていただけるようで、たのしみ。晩御飯は、一人ホテルの部屋で、駅弁をぼそぼそと。駅弁も大分飽きてきたなあ。でも、知らないところで、一人でどこかで御飯をなんて、出来ないもの。仕方ないことなのです!!

広島ブログ

|

« 大汗をかいた話。 | トップページ | 岸和田の講演で。 »

コメント

ホテルで駅弁・・・確かに知らないお店に一人で入る勇気はないですよね。
Shiozyの挿し絵展にも行かれてたのですね。
わたしは3時過ぎに行ったので、河野先生にお会いできなくて残念でしたが、
お忙しい中、お身体お気を付けください。

ちなみに、選挙に行けなかったのは、一度だけ。
自民党、民主党には投票したことのないわたしです。
入れたい人がいない時も選挙には行き、白紙投票で意思表示しています。

投稿: うり坊 | 2008年8月31日 (日) 14時52分

コメントご無沙汰しております。
自民党の無策は新聞でも取り上げておりますが、今日なんかもTV見ておりますと、高村さんがテロ対策支援のための給油活動は日本の重要な役割ですと力説。この方、本心なのでしょうか?

一方公明党への気兼ねと、選挙に向けて定率減税を復活させる動きです。減税は歓迎ですがこの「定率」は金持ち優遇につながる恐れがあるので要注意。

河野先生が言われるように、後期高齢者に対する配慮はみじんも感じられないし、その内喉元を過ぎれば忘れてしまうだろうという腹の内が見えるようです。民主党離党の茶番劇、姫井由美子さんのだらしなさもありますが、自民党のなりふりかまわぬ誘いに乗りたい人たちもかなり居るのだと思います。

郵政造反組ながら、綿貫さんや亀井静香さんのように古巣へ帰れない気の毒?な姿と、人気取りのために復党を認め、大臣にも登用した野田聖子さんを見比べるのではないでしょうか。

民主党の中にも、薄皮1枚で自民党の鎧が見えるような人もいて、民主、自民のどちらでも自分に要職を振ってくれる党にお上手をするのだから、民主党員全てを同じように支持するわけにはいきません。

自民党の三役の二階さんだって、小沢さんと同じ選挙カーから手を振っていたこと覚えていますよね。小泉チルドレンの前例もありますから、次の総選挙は十分に政策や人物を見極める必要を感じます。

連日遠い所に出かけての講演、大変お疲れさまです。どうか体調を崩されることのないようご注意くださいませ。

投稿: 升井紘 | 2008年8月31日 (日) 17時39分

なんかね・・・
先生。後期高齢者医療費の問題
ご近所のおばさんが怒ってた

介護保険をひかれ・・
後期高齢者医療をひかれ・・
「あんたら。。。よう見てみんさい!保険料の他に2つも保険料増えとるけ」
この方はたぶん、国保だったかな?!
市役所は「国が決めたんです。今まで違う名前でお支払いいただいたものの名前がかわったんです」って言われたそうです

私は扶養家族だから保険のことは明細なぞ見たことないからわかりません

だから・・・ホンマはどうなんか?!わかりません

投稿: 匿名 | 2008年9月 1日 (月) 19時39分

うり坊さま
そうですよね。とても貴重な一票ですもの、賢く行使したいですね。でも、入れたい人がいないときって本当に困りますね。私は、棄権も意志表示の方法だとは思うのですが。そう思って、二三回棄権したことがあります。これは、無関心ではなく、意志のある棄権として、です。でも、政治には常に感心を持ち続けたいですね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年9月 4日 (木) 16時19分

升井紘さま
本当に怒りをもって政治をウォッチングし続けたいと思っています。暑い中、農作業大変でしょう。どうぞ、脱水になりませんように、お気をつけくださいませ。いつもコメント、ありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年9月 4日 (木) 16時21分

匿名さま
そうなんですよ。みんな天引きされる額が増えて、その上に物価が上がって大変なのです。それらの庶民の生活に思いをはせることが出来る人に政治家になってほしいですよね。はじめ、編集していなくて、すみませんでした。携帯からアップして、見逃していました。すみませんでした。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年9月 4日 (木) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/42330749

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の演説に気分がザラザラ。:

« 大汗をかいた話。 | トップページ | 岸和田の講演で。 »