« 団子汁定食ほか。 | トップページ | 簡単でおいしい料理。 »

「にがうり」と「ゴーヤ」の違い

 私は35年前、結婚して夫の実家である別府で初めて「苦瓜」なるものを見た。これ、何ですか?ボツボツが付いて気持ち悪いものを見て、驚いてたずねた。それが「にがうり」との出会いである。それまで広島の八百屋さんでは見たことがなかった。全国のスーパーマーケットに出回るようになったのは、それから後のことだ。 

 そのときに義母が作ってくださったのが「オランダ」というもの。変な名前だけれど、うんと後にテレビの料理の番組でこれが出てきて、びっくりした。正式な名前だったのだわ、と。とてもおいしくて、これさえあれば御飯が何膳でも食べられる。作り方を習ってせっせと家でも作っている。

 にがうりかゴーやとたまねぎ、なすびを薄切りにする。それをサラダオイルで炒める。さっと火が通ったら、味噌(母は白味噌を使っていたが、何味噌でも大丈夫)に砂糖とみりんを入れて練ったものをいれ、ざっと混ぜる。またさらに火が通ったら、小麦粉を水で溶いたものをいれ、とろみをつける。これでできあがり。御飯に乗っけて食べる。本当においしくて、私はゴーや料理というと、こればかりを作る。

 今回、里帰りしたときに「ゴーヤ」と「にがうり」が実は少し違うものだと初めて知った。義兄が実物を二つ見せて、このボツボツが小さいのがにがうり。こんなに大きいのがゴーヤと教えて下さった。でも、味や扱いは全く同じでいいと。

 そして、また今回知ったこと。ゴーやをそのままおいておいて熟すと黄色くなる。それを割って食卓に出してあった。中に真っ赤な種がある。その種を食べるのだと。ゴーヤの種を食べるなんて、私は初めて知った。河野はこどもの頃から食べていたのだそうだ。食べてみると、ほんわかと甘い。ちょうど「あけび」のような味がする。すっかり気にいって、一個分の種すべてを私が食べさせていただいた。もちろん、食べるのは周りのやわらかいところだけ。中に硬いペッタンコな種があるので、それは食べられない。

20080814170355 この写真の上のが黄色のゴーやと真っ赤な種。下の右のは、ゴーヤとしょうがの味噌炒め。ゴーヤの薄切りと、しょうがをみじん切りではなく、小さめに切ったのをサラダオイルで炒めて、味噌をみりんで伸ばしたものをざっくりと混ぜる。しょうががあっさりして、少し甘みがあって、これも御飯とよく合う。下の左のは塩もみしてざっと洗ってゴマやかつお節、しょうゆをかけたもの。これもあっさりしてとてもおいしい。

 これらの野菜は義兄と義母が庭で作ったもの。もちろん、無農薬だと。母は料理上手。特に、 地元の野菜の料理と、漬物が天下一品だ。今日も、お盆だからと、「ふくれまんじゅう」と「ちらし寿司」を作ってくださり、私たちも戴き、本家にもお土産に持って行った。

 もう私の母がいない今、帰る度にお袋の味を食べさせてくださって本当にありがたい。本家にご挨拶に行くこと、お墓参りをすることなど一通りのことはしたが、親孝行はなんにも出来なかった。明日には広島に帰ります。

広島ブログ

|

« 団子汁定食ほか。 | トップページ | 簡単でおいしい料理。 »

コメント

おはようございます。忙しい合間を縫って、とにかく別府へお帰りになること。そして、お義母さまの作られた料理を「おいしい!おいしい!」と喜んで、満面の笑み(これは想像)で食べられる、河野さん。
もうそれだけで立派な親孝行です。料理が好きな人は、自分が作った料理を喜んで食べてくれる人がいるほど幸せなことはないのだと思います。(私はいつもそう思って、料理を作っています)
料理は、人に食べてもらうことで初めて成り立っていると思うから、それを喜んで食べてくれる人がいるほど、うれしいことはないのです。
これ以上の親孝行はないのですから、本当に良かったですね。

投稿: eastwaterY | 2008年8月16日 (土) 09時25分

わぁ~~~~
ゴーヤと苦瓜って同じもんじゃとばっかり。
勉強になりました。
種の話も・・・
赤い種は美味しいんだよとは聞いてましたが・・
ホンマに食べれるもんとは・・

σ(・・*)は花かんざしさんに習った
ゴーヤの薄切りをさっと湯通しして、ごま油とラー油とポン酢和えておかかと食べる。これにσ(・・*)オジャコなぞもまぶしてカルシウムいっぱいにして食べます♪
チャンプルーばっかりじゃ飽きちゃいますもんね
ゴーヤの青汁の美味しい飲み方は未だ開発ならずですw

なべしぎのようにして食べるんも美味しそうでやってみますね

投稿: はるめ | 2008年8月16日 (土) 10時37分

河野先生 いつもお世話になっております。
コメントさせていただくのは初めてですが・・
おかげさまで 痛みから開放されました!!
本当にありがとうございます!!
子ども達と夏休みの思い出も作れました♪
なかなかブログを見れない私で
申し訳ありませんが・・・
先生も大変な事になっていて、
びっくりしました!!
そして・・・別府にも運転されていてweep
またまた びっくりです!!
でも、ほっとできる美味しいお料理を食べて
・・・それも親孝行ですよね♪
私は、ゴーヤ料理苦手ですが・・・・
参考にしてみます!!coldsweats01

投稿: ミセスルフト | 2008年8月16日 (土) 12時09分

河野先生
先生のブログを拝見し、さっそくお昼に「オランダ」を作りました。冷蔵庫に母が作ったゴーヤ・ナス・そして外に玉ねぎがありましたので、すぐに作ることができました。とてもおいしいですね。チャンプルーくらいしか知らなかったので、これは新しいレパートリーにします。
 また熟した種、これも食べましたが、食べれることも、さらにおいしいことも知りませんでした。母は、熟した実を食べる人はおるらしいけど、種はたべられんじゃろう、と言いますが、食べれるんですよね。
ありがとうございました。

投稿: さやまま | 2008年8月16日 (土) 13時20分

eastwaterYさま
ありがとうございます。そうなのですが、、、。そろそろ広島を引き上げて河野の里に帰らなければならない時期が来ているようです。それが根底にあるので、なかなか、親不孝者なのです。思い気分で広島に帰って来ました。いつもありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月16日 (土) 23時35分

はるめさま
そうなのですよ。このトシになっても、いろいろと知らないことがあるものです。ゴーヤ、ぜひ試してみてくださいね。おいしいですよ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月16日 (土) 23時36分

ミセスルフトさま
コメントありがとうございます。そう、痛みが落ち着きましたか。良かった!!ブログでお子様たちとの楽しい様子が伝わっていますよ。でも、どうぞ無理をしないでね。おだいじに。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月16日 (土) 23時38分

さやままさま
わあ、もう早速に作られたのですね。どうぞ、量などはご自分で加減して、自分流のお味を作ってくださいませね。コメント、ありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月16日 (土) 23時40分

こんにちは、時々訪問させていただいて読ませていただいています。河野先生のお話は勉強になることがたくさんありますので好きです。
ゴーヤーと苦瓜の違いの件ですが、私にはちょっと賛成しかねるところがあって、すみません、気になって仕方がないのです。どこを調べても、地域によって呼び方が違うという意見しか出てこないのです。
私も実はそう思っていました。
ただ、沖縄産と本土産では種類が違うということは聞いて知っていました。沖縄産のはずんぐりと丸い感じになります。太い感じです。
それに比べて、本土産のは細長く両サイドがとがった感じになっています。
両方を比べると、長いほうはいぼが小さいように思います。ずんぐりの方はいぼが大きいと思います。
これによって呼び方を分けている地方があるのかもしれないと思っているのですが。
沖縄産の方が苦みが少ないのだそうです。

すみません。勝手な意見かもしれませんが、気になって気になって、書いたらすっきりしました。

そうそう、私もゴーヤーは好きですが、変わった食べ方で、ゴーヤのージャム、これは河野先生が食べた赤い種の周りの黄色くなった皮の方を使います。
熟れた皮でも苦みが完全には消えていませんが、結構美味でした。

投稿: トントン | 2008年8月18日 (月) 12時13分

河野先生、こんにちは。
沖縄出身の友人から教わったゴーヤジュースをご紹介します。
ゴーヤを適当にスライスしてジューサーにかけ、絞った汁を製氷皿で凍らせます。そのゴーヤ氷とリンゴやバナナなどお好みのくだものとをミキサーにかけると健康にいいゴーヤジュースの出来上がり。ゴーヤ氷をストックしておくといつでもOKですよ。

投稿: ペア | 2008年8月18日 (月) 21時19分

ゴーヤが取れすぎて 熟れてしまうため 熟れたゴーヤをバナナやりんごジュースとジューサーで割って飲んでます。熟れたゴーヤは苦味がなくって 色もオレンジできれいですよ。ただ 緑の時と栄養素が 変わるのか どなたか教えてください。

投稿: みんみん | 2008年8月20日 (水) 20時58分

トントンさま
ご意見ありがとうございます。そうなのかも知れませんね。種類が違うものを地域によって呼び方を変えているのかも知れません。ただ、大分では、明確に違うものとして分けています。広島では、大分でゴーヤと呼ぶものはお目にかかれず、「苦瓜」と呼ばれているのばかりですが、丸くて、粒の大きいの、ありますか?これからもよろしくお願いします。お返事遅くなってすみませんでした。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月21日 (木) 10時52分

ペアさま
そういう方法があるのですね。ためしてみます。それから、この欄をお借りしてすみません。本当に、衝撃的においしい梨をありがとうございました。スタッフみんなで分けていただきました。感謝です。お忙しいところ、コメントありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月21日 (木) 10時55分

みんみんさま
そうなんだ。私は、黄色くなったのは、種以外はもう食べられないとばかり思っていました。今度試してみますね。ありがとうございました。栄養?わかりません。でも、おいしければいいのでは?河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月21日 (木) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/42178183

この記事へのトラックバック一覧です: 「にがうり」と「ゴーヤ」の違い:

« 団子汁定食ほか。 | トップページ | 簡単でおいしい料理。 »