« 男に暴力を振るわれたら。 | トップページ | もう少しで、ネット販売のHPが完成。 »

殴る側の論理

 暴力を振るう人が、決まって言う論理がある。論理というより、屁理屈とでも行ったほうがいいかも知れない。

「怒らせたお前が悪い」

 というものだ。理由があって殴るのだから、と。殴られる側は、だから怖くていやでも「そっか、私が悪いのだ。」と思い込まされてしまう。もういやだと思っていても、あやまられると、また戻ってしまう。そんな繰り返しをする人がどれだけ多いことか。

 出ていけっ!!もう、離婚だ!!とすぐ怒鳴る男がいる。妻は、物を投げられたり、殴られたり、30年も我慢し続けてきた。そして、今、とうとう家を出ようと決心している。そしたら、夫は、「自分には離婚する気はない。私は一生こいつの面倒を見ようと思っている。」

と言ってのけた。びっくりした。「面倒を見る。」これは、経済的に俺が食わせている、という思いから出る言葉だ。本気で、一旦家を出てみたら。そしたら、男はどれだけ自分が妻の世話になってきたかがわかるだろう。本当にそう思う。

 殴る側は、それによって殴られた人がどれだけつらく惨めな思いをするか、それに想像力を働かせることが出来ない。

 殴られるだけでなく、妻に対してして、皮肉やいやみばかり言う人もいる。言われて気持ちがいいはずがない。不愉快だし、情けないし。

「一緒にいて、心がやすらげる」「一緒にいるとホッとする」そんな人と一緒にいたい。

私が、夫と出会ったとき、この人のそばにいると、私は絶対になぐられない。皮肉も言われない。私のことを見守ってくれる、という大きな安心感があった。

 子育てだって、ぐちぐちと文句ばかりだったり、しかられてばかりで過ごさなければならない子どもはしんどい。親たちは、しつけだというけれど、しつける前に楽しく安らいで家で過ごせること。それがどれだけ子どもの心をほっとさせ、豊かにさせるか、ということに気づかなければならない。

 夏休み明けの診療と、大変な量の宿題と、本当にしんどい日を何とかクリアしました。左手の抜糸も無事終了。しかし、痛みは続いています。これは、長い間、ギブス固定をしていたための腱の痛みだそうです。まだ時間がかかりそうです。

 それよりも、右手の親指が腱鞘炎になってしまいました。仕事と、パソコンのしすぎかも知れません。肘の辺りから、ずっと腱の痛みがあって、親指は飛び上がるほど痛みます。あわてて、サロンパスのシップで様子を見ています。やれやれです。

 これから、アキハバラ塾の追い込みです。

 それから、北海道の匿名様。匿名はいいのですが、質問をされるのでしたら、せめてメールアドレスくらい書いてください。個人的なことは、私は読んでも、アップしないことが出来ます。そんなときには、私は個人的にお返事をします。ただ「匿名」だけでは、お返事のしようがありません。それから、お尋ねのビデオは、私は全く関与していません。何かの間違いだと思います。したがって、お尋ねの件については、私は何にも知らないとしかいえません。というのが事情です。アドレスがないし、間違いの質問だし、で、アップしませんでした。ご了承くださいね。

広島ブログ

|

« 男に暴力を振るわれたら。 | トップページ | もう少しで、ネット販売のHPが完成。 »

コメント

先生のブログを読んで元気がでました。
夫の暴力で家を出た私。夫から謝罪のTEL等あるけど今のところ戻る気持ちはゼロ。これから2人目の子ども出産予定です。子ども2人抱えて別居していくことに不安はあるけど前向きな気持ちで頑張ろうと思う!
※ひさまつ産婦人科医院でお世話になってます。素敵なドクター・スタッフばかりです(^O^)ドクターの手話もバッチリです。“ありがとう”の気持ちいっぱいです。

投稿: あいこ | 2008年8月21日 (木) 15時01分

多いんですよね。
土地柄男性偏重で「女性に人権はない!」と放言し恥じない人が多いこと。たいていの家で「男を産め」のプレッシャー。
女性を奴隷や産む機械扱いし失礼という認識すらない人たち…
親世代の態度は子どもも学びます。
最近は暴力的な言動の女性もいます。他人に失礼という自覚もない…
殴られる方が悪い→いじめられる方が悪い→刺される方が悪い→被害者に人権はない…まだそういう考え方の人が多いです。
先生の性教育にしても、他人や弱い立場の人を尊重してからこそたくさんの知識が生きるのですよね。
他人に配慮し、自分も社会も豊かになる生き方をしたいです。

投稿: みもざ | 2008年8月21日 (木) 18時22分

こんにちは。
実は私も夫の暴力で離婚しました。
と言ってもそれほどひどい暴力でもなく、日常的なものでもありませんでしたが、それでも女性として、人間として我慢できるものではありません。

楽しい会話にしようと冗談を言っても、きれる、怒る。
言い方が悪いのかと反省もしましたが、相手の機嫌が悪ければ怒ることに気がつきました。
そうなると、自然と会話もなくなっていきます。

ある日相手が怒って、食器などわざと大きな音をたてながら壊されたとき、こんな人と一緒にいても楽しくない。
今までは無駄な日々だったけど、過去のことは仕方ない、これからを大事にしょう。
相手の顔色をうかがったり、びくびくせずに生きていこうと家を飛び出しました。

1度・2度と手をあげると、ブレーキがきかなくなるような気がします。

弱い相手に暴力をふるう人間は、最低だと私は思います。
先生のブログで、自分は悪くないと気がついてくれる女性が増えればいいですね。
幸いにも私には仕事があったので、決心したらすぐに行動をおこせました。
子供さんを抱えている女性や専業主婦だった方には、やはり公の援助が必要だと思います。
弱い立場の方々にやさしい、思いやりのある政治が必要ですね。


話しは変わって、なすびのお料理つくってみました。簡単でおいしい料理も教えていただきありがとうございます。


投稿: いつも見ています | 2008年8月21日 (木) 22時33分

うっ、まさにうちの父親も同じ事言ってましたsweat01
子供の頃、母親が殺されるんじゃないかと、夜中も心配で目が離せなかったことも。。。
でも母親も、「言葉の暴力」を行使してたので、ただひたすら耐えてるっていうイメージはなかったのですが。
子供としては離婚して欲しかったです。
親に離婚して欲しいなんて、ヘンな子供ですよねcoldsweats01

投稿: べべ | 2008年8月22日 (金) 10時56分

私は子育てに関して日々悶々と(?)しています。

『しつける前に楽しく安らいで家で過ごせること。それがどれだけ子どもの心をほっとさせ、豊かにさせるか』

そうなんです、頭では分かっているんですが、どうしてもガミガミやっちゃうんです(T-T)
私は結局弱いものいじめしてるだけなんだよねってよく思います。

でも、親がくよくよ悩んでてばかりじゃ子どもにも伝わっちゃうから、少しでも楽しく過ごせるよう、日々少しずつでも成長できるようにがんばります(^ヘ^)v

投稿: うさこ | 2008年8月22日 (金) 13時45分

あいこ様
本当!?びっくりしました。それは大変だったね。大丈夫ですか。私に協力できることは、しますからね。何かあれば、どうぞ連絡してくださいね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月23日 (土) 01時09分

みもざさま
そのとおりです。そのために、私に何が出来るかを考え続けています。コメント、ありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月23日 (土) 01時11分

いつも見ていますさま
お久しぶりです。そうだったのですか。しんどい思いをされたのですね。その経験が、これまで頂いていたコメントの裏づけになっていたのですね。よくわかりました。どうぞ、これからもよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月23日 (土) 01時13分

べべさま
そうだったのですね。子どもにとって、両親の不仲はしんどいものです。でも、仲悪のまま、日々、落ち着かないよりも、いっそ離婚してもらって、平穏な毎日を過ごしたいという子どもたちの思いも当たり前なのではないでしょうか。周りの人たちは、子どもたちのために我慢しなさいとよく言いますが。それは、子どもにとっても悲しいことなのではないかしら。そう思います。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月23日 (土) 01時18分

うさこさま
そう、あはは、そういった私だって、時にはがみがみやっていましたよ。でも、これまでのうさこ様のコメントなどを読んでいると、結構明るく子育てを楽しんでいらっしゃるようだから。それでいいのではないですか?それはそうと、8月31日に岸和田市で講演するのですが。以前にブログに書いたのですが。来ていただけますか?よろしければ、聞いてくださるとうれしいです。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月23日 (土) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/42229771

この記事へのトラックバック一覧です: 殴る側の論理:

« 男に暴力を振るわれたら。 | トップページ | もう少しで、ネット販売のHPが完成。 »