« 姓教協全国大会(5)他にどんな講座があったか | トップページ | 今日はこれから東京です。 »

性教協全国大会(付録)とても腹が立ったこと。

 名古屋での性教協全国大会での発表はうまく行って、ひと段落なのだけれど。どうにもあったまに来たことがあって。あんまり腹がたってショックだったので、すぐにはとても書く気がしなかったのだけれど。頭にこびり付いてつらいので、ここに書いてしまおう、と。

 名古屋では、大荷物を持って、とても重くて、それも地下鉄などのほとんどの駅はバリアフリーになっていないので。エレベーターにもエスカレーターにものらず、えっちらおっちら荷物を持って行き来するのがとても大変でした。暑くて、汗びっしょりになるし。腰がまた痛くなってしまって。今、前かがみになるのもとてもつらいのです。

 で、ホテルから会場に行くのに、タクシーに乗ったのです。地下鉄でいけることは知っていたのだけれど、もう、あの階段を上り下りするのがつらすぎたので。

 タクシーの運転手さんは、とても温厚でやさしくて、丁寧な人でした。そして、私に言われたのですよ。

「おめでたのようでいらっしゃいますので、ゆっくり参りますね。」

だそうです!!私は、一瞬何のことがわからなかったのだけれど、はっと気づきましたね。そして、強く言いました。「いえ、違います!!」「ですから、どうぞ、早く行ってってください!!」

もう、あったまに来て、よほど私の年を言おうかと思ったけれど、黙っていました。しっつれいな!!私は、その日、胸に赤いビーズの刺繍のあるとても豪華な黒のジャンバースカートを着ていました。この日に備えて、選んだ新しい着衣です。

 それを着ていて、あんなことを言われたので、それはショックでした。会場に着いたら、着替えようか、頭の中をぐるぐる回ります。でも、それは着るもののせいではないかも知れない。やっぱり私の体系がいけないのよね。ここのところ、忙しさにかまけて、フラフープもサボっているし。本当に本気でダイエットをしなければ。

 でも、いくらていねいな人でも、あんなプライベートなことを口に出してはいけないと思います。あなたのおなかば出ていますね。といわれたことなのですから。もう、本当に失礼な。今思い出しても、むかむかとはらが立ちます。

 一人だけ先に帰る私を、広島のほかのメンバーが名古屋駅まで送ってくれました。

20080802172138_2 新幹線に乗るまで少し時間があったので、みんなでお茶をしました。これは、「ムロン」といいます。メロンを器にして、丸くくりぬいたメロンとほかいろいろな果物が入っていて、それを透明なゼリーで固めてありました。つめたーく冷やしてあって、ほっとするおいしいスイーツでした。

 それでも、帰りもまだ私の憂鬱は晴れませんでした。あのタクシーの運転手さんの大きなお世話のあの言葉がこれからも私を苦しめ続けるでしょう。

 以上、全国大会の報告を終わります。

広島ブログ

|

« 姓教協全国大会(5)他にどんな講座があったか | トップページ | 今日はこれから東京です。 »

コメント

先生!お気持ちはよく分かりますが
ジャンパースカートは
よほど細い人で、ウエストをキュっと絞ってない限り
妊婦服に見えなくはないです

それよりも…
それくらい若く見えたって事の方が
「すごい!!」と思いますが

投稿: のりたま | 2008年8月 4日 (月) 21時44分

関西生活経験があるワタクシに言わせていただければ、それは明らかな褒め言葉だと思います。

善し悪しは別として、シンプルな文化的差異のだと思います。

投稿: Rinnat | 2008年8月 5日 (火) 00時27分

ヤッパり、河野先生はただものではありませんね。
世間一般還暦あたりの年齢で妊婦さんに間違われるなんて。
普通ではありえません。
私も診察の際、ジャンパースカートや最近のヒラヒラブラウスで紛らわしい人には念のため妊娠の可能性を聞きます。
でも年齢的にありえない人には聞きません。
だからこの件は河野先生の若さを象徴するトピックスだと思います。
先日の帽子のお写真なんてまるで女優のようでしたよ。

投稿: のぞみ | 2008年8月 5日 (火) 00時28分

ごめんなさい・・・
笑ってしまいました。
私なんて年から年中「3人目?!」と聞かれておりますが(涙)
お互いこの夏、がんばりましょう!

投稿: つゆまめ | 2008年8月 5日 (火) 09時19分

ウフフ・・初コメです。
↑コメのつゆまめさん同様、わたしも若い頃からよく間違われていました~(笑)
最近の傑作は数年前大山に登ったときのこと。下山途中だったのですが、下から登ってこられた中高年グループのおばさんがお腹を見て
「まぁ!アナタ!すばらしい!」と感激しておっしゃったのです。
わたしはそのときナンのことか分からず「ありがとう!がんばってください!」とか言ってすれ違ったのですが、あれはよく考えたら妊婦なのに山に登ったのね!という感激だったらしい。。
ふん。50才のわたしが妊娠するわけがないじゃん。

先生、若く見られたというよりも妊婦と間違われるほうがよほどショックですよねぇ・・お察しいたします。あ~、わたしもダイエットしなくちゃ・・

投稿: じゃこ | 2008年8月 5日 (火) 11時24分

「ムロン食べます?」「無論だ。」
と、言わざるをえません。

投稿: yukiiro | 2008年8月 5日 (火) 18時36分

そのお話の締めくくりが、「ムロン」というところが、流石、河野先生です。
そういうお茶目さが若さの秘訣なんでしょうね。
わたしもダイエットせねば・・・
何年、この言葉言ってるんだろう!?

投稿: うり坊 | 2008年8月 5日 (火) 20時26分

のりたまさま
遅ればせながら、コメントありがとうこざいます。そうなのですね。ジャンバースカートってそういうものなのですね。つい、おなかの線が出ない服を選んでしまいます。それが逆効果だったのでしょう。これから気をつけます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月 7日 (木) 17時11分

Rinnatさま
慰めていただいてありがとうございます。でも、お言葉ですが、そんなほめ言葉なんて、あるもののなのですかねえ。なんか、しんじられなーい、です。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月 7日 (木) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/42059838

この記事へのトラックバック一覧です: 性教協全国大会(付録)とても腹が立ったこと。:

« 姓教協全国大会(5)他にどんな講座があったか | トップページ | 今日はこれから東京です。 »