« 男の編み物。ありがとう、Nくん。 | トップページ | 大汗をかいた話。 »

神奈川相模原での講演・ほか

 相模原での講演は、途中、ドウドウと降る雨で、声が聞こえないのじゃないかというくらいで、大声で話して、くたびれました。

 帰りもひどい雨で、飛行機を変更して、新幹線にして正解でしたが。でも、新幹線もずいぶん遅れました。やはり乗ってる時間が長くて、疲れました。

 遅れることがわかって、新横浜で本屋さんに行き、「芥川賞」の「時が滲む朝」と「直木賞」の「切羽へ」の二冊を買って乗りました。広島に帰り着くまでに「時が滲む朝」を全部読みました。「天安門事件前夜から北京五輪前夜まで 中国民主化勢力の青春と挫折」これを、中国からの留学生が書いたというから、驚きです。中国語で書いたのを翻訳したのでなく、日本語で書いたというですから。

 読みながら、私たちの学生運動の挫折と重ねあわせていました。日本では、この手の小説が出ないなあ、と。団塊の世代、全共闘世代、今、どこに言ってしまったのだろうか、と思いながら。

 淡々とした、でも久々に読み応えのある読み物でした。本当は、「逆臣青木幹夫」を買おうとしていたのですが、これは店頭になく、取り寄せになるということでしたので、あきらめました。娘から、「天安門のあの小説を読みたいから、ママ、買って。ママが読んだ後、今度広島に帰ったときにもらって帰るから」と言われていたので、貧乏な娘のために買ったのですが、読んで良かったです。

 相模原から新横浜に帰る途中の町田まで、娘がやって来ました。そして、私が到着するまでに店を下見して候補を選んでくれていました。結局「タイ料理」を二人で食べました。

20080828162611 生春巻き(ほとんど食べた後で写真を取ったのでちょっとしか残っていません)、ココナッツのトムヤンクン、えびのすり身のふわふわ揚げ、グリーンカレーなどです。これに飲み物と、デザート、ココナッツミルクのアイスクリーム・ピーナッツかけと、タロイモのプリンなど。堪能しました。

 娘とは、食べるとすぐに町田で別れました。1時間と10分だけしか会えませんでしたが、わざわざ来てくれて、荷物も持ってくれて、うれしかったです。

 神奈川県でも、性教育に対してのバッシングがひどくて、(バッシングを中心になってする人が足元にいるのですから)だから、講演のタイトルを工夫したりで、なかなか大変だと聞きました。そんなところに行って講演が出来て、とてもうれしかったです。私に声をかけてくださって感謝です。

広島ブログ

|

« 男の編み物。ありがとう、Nくん。 | トップページ | 大汗をかいた話。 »

コメント

相模原にも行かれたのですね。
息子家族が住んでいますので・・・少し、身近に思っています。
大雨も凄かったみたいですね。
お疲れ様です。
それにしても・・・相模原もバッシングがヒドイとは、知りませんでした。
こちらも、少々ショックです。
女性が、住み良い社会になることが・・・私の願いです。
明日、お会いできることを楽しみにしています。

投稿: さくらこ | 2008年8月30日 (土) 19時28分

さくらこさま
本当に全国どこも大変です。でも、そんなところで講演が出来たので、よかったです。明日は、どうぞよろしくお願いします。もう、大阪まで来ています。お天気がとても変だから、早くに来ておいたほうが安心なのです。頑張ってお話ししますね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年8月30日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/42306559

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川相模原での講演・ほか:

« 男の編み物。ありがとう、Nくん。 | トップページ | 大汗をかいた話。 »