« メタボ健診のペナルティー、罰則 | トップページ | 水耕栽培のトマト »

後期高齢者医療制度付録ーメタボ健診ーお腹の測られ方。

 腹の周りを測ることの問題は、身長、体重を一切無視していることにある。これまで、肥満指数として使われてきたBMI 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)でも、またその簡易法として使われている (身長ー体重)×0.9にしても、すべて身長、体重と関係している。

 先日、自分は健診で腹周りから肥満といわれた、と言った男性は、身長は高く、まったくお腹の出ていない、筋骨たくましい男性であった。私の夫は、やはり身長は高く、まったくビールものまず、だから腹も出ていない。身長177センチ体重70キロ。そのBMIはちょうど22.3の標準である。でも、へその高さの腹囲は88センチある。昔から空手や柔道で体を鍛えており、今でも熱心に鍛えているので、腹筋などの筋肉がたくましい。お腹の皮下脂肪はなく、直接薄い皮膚をつまめるだけだ。

 だから、おかしい。せめてごちゃごちゃ言われないように防衛するには、せいぜいお腹周りを測られるときにお腹を引っ込めること。私は、普通にしているときと引っ込めたときは8センチ違ったと以前書いた。

 ところが、数日前の朝日新聞の天声人語を読んで、吹き出した。お腹を測るとき、みんな力を入れて引っ込める。そこで、「ハイッ、もういいですよ」、といわれて力を緩め、お腹も出たところですばやく測るのだそうだ。ご用心、ご用心。もういいですよ、といわれても、メジャーが離れるまでは我慢して引っ込め続けておくことだ。まさか、こんな測り方まで厚生省通達で伝授したわけではないだろうな!!

 私たちは、測られるときにお腹を引っ込めるという、こんなばかばかしいことで防衛するしか手がないという、悲しい事態だと申し上げておこう。

広島ブログ

|

« メタボ健診のペナルティー、罰則 | トップページ | 水耕栽培のトマト »

コメント

よしじゃあ、「ハイッ、もういいですよ」と言われたら
さらに力を込めよう。裏の裏の裏をかくのだ!

僕は一昨年くらいにひどく太っていたのですが、
子供を抱っこしてて、「この子の体重の何倍もの肉が・・・」
と恐ろしいことに気付いて減量しました。

すると、原因不明の股のかゆみがすっかり消えて、
身体の調子も随分楽になりました。
誤差はあるけど適性体重ですね。

投稿: yukiiro | 2008年6月30日 (月) 19時58分

わけのわからない規準もさることながら、
本当に国民の健康増進が目的なら、
健康管理していない人に罰を与えるような意地悪なことをするんじゃなく、
ちゃんと自分で健康管理をしている人の保険料が安くなるようにとかした方が、
よほど効果的なような気がするんです。

投稿: 六郎 | 2008年6月30日 (月) 22時54分

本当に、身長差など考えない単純な基準。
男性85センチ以上 女性90センチ以上の腹囲でメタボと判定されてしまいます。

背の高い人は、よほどやせ細ってないと当てはまってしまいそうです。
BMIは、2段階目の判定で使われます。

本当は、保険者ではなく国や自治体が、国民や住民のために行うべきことではないのでしょうか。
それを無理矢理保険者の義務し、ペナルティまでかけるのはおかしいと思います。

保険者にペナルティがかかれば(5年後の実施率により補助金カット)、きちんと保健指導まで受けた人についても、保険料が上がる可能性があります。

さらには、この制度のためにまたどれだけ税金が使われることか。
社会保険支払基金・国民健康保険団体連合会など支払代行機関のシステム構築の補助などです。

しかし、聞くところによると一部の支払代行機関のシステムがうまく稼働してなくて、まだ請求しても支払いがないらしいとのことです。

後期高齢者医療制度と同じく、こちらもバタバタしているようですね。

後期高齢者医療制度も、問題点がたくさんあるのに、だんだん喉元過ぎれば熱さを忘れるの状態になってしまうのではと心配です。

投稿: いつも見ています | 2008年7月 1日 (火) 05時42分

ほいじゃあ・・・
うちのだんなも身長180じゃから・・・

体脂肪計じゃ体脂肪14%でもひっかかってしまいますね

”メタボ予備軍”って・・・

投稿: はるめ | 2008年7月 1日 (火) 21時10分

実は私の住んでいる市では、去年メタボ指導されたたじゃないですか?!

それで痩せた私と同世代の女性
ご本人さんは痩せたコトを喜んでおられました。
・・・だけども、本人さんには言えないけど
ものすごくお顔がやつれておられたんです

顔色もよくなく・・・
しわも増え・・・

なんか?!専門の栄養士さんがついての指導で不思議でした

だから・・・
この制度はありがためいわくかもしれません

投稿: 匿名です | 2008年7月 1日 (火) 21時15分

yukiiroさま
そうなのですか。yukiiroさまが太っていたなんて、想像できませんね。どうやって成功したのでしょう。教えてください。そう、出版記念会、ありがとうございます。そのときにでも。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年7月 4日 (金) 08時01分

六郎さま
いつもブログ、楽しく読ませていただいています。いえ、この後期高齢者医療制度、それに組み込まれているメタボ健診、こんなの国民の健康を考えて作られた物ではありません。いかに国民のために金をださないようにするか、いかに国民から金をむしりとるか、その発想で作られたものです。金のコントロールが政治なのですね。無駄遣いはぞろぞろと指摘されているにもかかわらず、です。これからもよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年7月 4日 (金) 08時07分

いつも見ていますさま
ありがとうございます。コメント、とてもうれしいです。現場でおなかを計るっている知りあいの保健師さんは、もう、引っかかる人続出で、それらの人たちすべてに保健指導なんて、とてもできない、とぼやいていました。これは、現場からの声が、そのうち上がるでしょうか。これからもよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年7月 4日 (金) 08時15分

はるめさま
そう、身長ムシですから。きっと引っかかると思いますよ。そしたら、その場で、どうしろというんじゃぐらい、一人ひとりが声を出すといいのですがね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年7月 4日 (金) 08時16分

匿名さま
そうですね。若い人ならともかく、ある程度年を重ねると、体重の減少は、そのままやつれとして顔にでてしまいます。それはかぐ子してやせないといけませんね。そこまで行政は気をまわしてはくれませんから。コメント、ありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年7月 4日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/41694018

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度付録ーメタボ健診ーお腹の測られ方。:

« メタボ健診のペナルティー、罰則 | トップページ | 水耕栽培のトマト »