« 高齢者の終末期医療費が医療費を増額させているのではない。 | トップページ | メタボ健診のペナルティー、罰則 »

メタボ健診って??

この4月から、いわゆる「メタボ健診・指導」(特定健診・特定健康指導)が、すべての保険者に義務付けられました。対象は、40歳から74歳までの全員です。何と、後期高齢者の方、75才以上の方はこれからははずされているのですね。

 メタボ健診、お腹の周りを計ることで、医療費が二兆円も減額できると厚労省がもくろんでいると。それも、ペナルティーが付いていると。一体、これは何?もっと詳しく知りたい。ペナルティーて何なのか。こんな思いでいろいろと調べていたら、何ともおかしなことがいろいろと出てきたので、今日はそのご報告をします。

 職場の健診で、または住民健診で、おへその高さでお腹を計って、男は85センチ、女は90センチ以上ある人で

1.空腹時血糖100mg/dl以上 または(空腹でないとき)HbA1c5.2以上

2.中性脂肪150mg/dl以上またはHDL(いわゆる善玉)コレステロール40mg/dl未満

3.血圧130/85それぞれ以上

これらのうち、二つ以上が当てはまるとメタボリックシンドロームと、当てはまるのが一個の人は、予備軍とされます。

そして、ゼロの人には情報提供、予備軍の人には、動機付け支援、メタボとされた人には、積極的支援という指導がされます。

 その指導もおもしろいですよお。たとえば、個別指導であれば、一人20分以上、グループ指導であれば、一回80分以上とか。それも、動機付け支援の人は原則一回の指導ですが、それの評価の時期を設定されます。積極支援の人は3~6ヶ月の指導(内容も詳しく書かれていますが、ここでは略します。)もちろん、評価の時期の設定もされます。

20080629012736 写真が悪くて申し訳ないのですが、たとえばこれは支援用のペーパーです。

無理なく内臓脂肪を減らすために~運動と食事でバランスよく~

腹囲が男性85センチ以上、女性85センチ以上の人は、次の①~⑤の順番に計算して、自分にあった腹囲の減少法を作成してみましょう。

①あなたの腹囲は?①    センチ

②当面目標とする腹囲は?②    センチ

③当面の目標達成までの期間は?

●確実にじっくりコース (①-②  cm)÷0.5cm/月=③   か月

●がんばるコース    (①-②  cm)÷  1cm/月=③   か月

●急いでがんばるコース(①-②  cm)÷  2cm/月=③   か月

④目標達成まで減らさなければならないエネルギー量は?

(①-②    cm)×7000kcal=( ④       kcal)

(④    kcal)÷(③  か月)÷30日=一日あたりに減らすエネルギー    kcal

        * 腹囲1cmを減らす(=体重1kgを減らす)のに、7000kcalが必要

⑤そのエネルギー量はどのように減らしますか?

1日あたりに減らすエネルギー     kcal

     身体活動・運動で      kcal  食事で       kcal

エネルギー量の例(体重80キロの方の消費エネルギー量)

普通歩行10分約25kcal 階段昇降5分約35kcal 軽いジョギング15分約100kcal

ごはん軽く1杯約170kcal カレーライス約760kcal メロンパン約460kcal 生ビール中ジョッキ約200kcal

 このような指導を受けるのですよ!!大の大人が。

そして、何とこれにはペナルティー、罰則が設定されているのです。明日、これについて述べます。それから、このメタボの医学的信頼や健診への疑問、問題点についてもお話します。

広島ブログ

|

« 高齢者の終末期医療費が医療費を増額させているのではない。 | トップページ | メタボ健診のペナルティー、罰則 »

コメント

>このような指導を受けるのですよ!!大の大人が。

専門の方に意見をするようで心苦しいですが・・・
実は大の大人(特に独身男性)の方が、指導が難しい・・話を聞かなくて自分勝手だから!

以前、国家資格を持って、企業で衛生管理者をやっていましたので、色んなところへ行って労働者の健康管理の向上を試みましたが、男ばかりの職場というのは、ブログ記事にでている支援ペーパーのような物からやっていかないと、それ以上の高尚な知識を振りかざしても無駄でした。

病院に来られるのは、それぞれ自分の体調に不安を持ったり、何かしら自分の体を意識している人達ですが、一見健康そうな人達は自分の健康には見向きもしない。

しかし、その反面糖尿病の疾患を苦に自殺した者もいるし、単身で出張していて心筋梗塞であっという間の死に立ち会ったり、あまりの偏食で早期ガンで亡くなったりするという事に直面すると、自分の無能力さが情けなくなります。

女性と男性の自身の健康管理の取組みには、かなり違いが有るというのが自分の実感です。

私自身は、その人の環境によっては、あくまでも初歩からやっていかないといけない人も、いると思っています。

うちの家内を見てみると知識の有る人は、周囲の他人も全てある程度の知識レベルを持っていると、考えることが多いですが、全く初歩的な事を知らなかったりというギャップがある事によく出会います。

長文失礼しました。

投稿: いっちゃん | 2008年6月29日 (日) 12時17分

先日、管理栄養士の先生が言われていたんですが、おへそのお腹周りで測るのは日本だけだんだそうですね。
医療費を二兆円も減額するために、あえてお腹周りで測るようにしたのでは?と感じました。

中高年になってでは、大きな病気にならないと自分の食生活や運動の健康管理をすることはとても大変だと思います。
義両親と同居をしているので毎日二人を見るのですが、義母なんて重度の睡眠時無呼吸症候群になってもちっとも食生活を見直すことすら頭にないようです。義父も毎晩酒を飲み、見事なビール腹です。
そのくせ、最近太り気味の息子(わたしの夫)にはとやかく言っていますが(汗)
早急に義両親に受けてもらいたいものです。
嫁のわたしからはいいませんが(笑)

投稿: ぷりもこ | 2008年6月29日 (日) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/41677734

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ健診って??:

« 高齢者の終末期医療費が医療費を増額させているのではない。 | トップページ | メタボ健診のペナルティー、罰則 »