« 家庭での性教育(8)あふれる性情報をどうする? | トップページ | 性教育はお休みです。「白熊」です。 »

家庭での性教育(9)息子の部屋にエッチ本が。

Q.9.  息子の部屋でエッチ本を見つけてしまったのですが。

A.9.  子どもが中学生にもなると、部屋に鍵をつけろなどと言い始めたり、親が部屋に入ることをいやがり始めます。それは、思春期のプライバシー意識の芽生えなのですね。

  親としてもっともいけないのは、マスターベーションをしているところを見てしまうということ。これが日本の家庭ではとても多いといわれています。

子どもたちの電話相談のマスターベーションの悩みのトップは、害はないかというもの。(害はありません。自分で自分の性欲を解消する合理的なものでもありますし、大人になっていくプロセスで大切なことでもあります。)そして、二番目に誰かに見られたというものがあります。見られた相手のトップは母親なのですね。見られたらどうなるか、家出したくなった、自殺したくなった、親の顔なんか見るのもいやになたと、ろくなことはありません。

  なぜ見るか。それは大人の側のプライバシー意識の欠如なのです。家族同士といえども、プライバシーはある、こどもといえども、プライバシーはあると。その意識がないのですね。

  私は、親が子どもの部屋に入ってはいけないとは言いません。でも、そこは子どものプライベートな空間なんだという意識で、せめて部屋のノックをして、返事があって初めてドアをあけるという、それくらいのプライバシーの尊重はしなければ、と思うのです。

  そのかわり、親の寝室には絶対に入れない、入るのであれば、誰かが寝室にいるときに、ちゃんとノックをさせて、返事があって開けさせる、それくらいの取り決めをしておくべきでしょう。親がいない間に親の寝室に入って、コンドームを見つけただの、お父さんのエッチビデオを見つけただの、そして、お父さんなんて不潔と嫌う、なんて話しもよくあるのです。それは、こどももの側から親のプライバシーを侵害したということですね。

  まして、思春期にもなればエッチ本のひとつや二つ見たい。でも、見ていることを親には知られたくない。それは成長の過程での当たり前の心理なのだから。知らん顔をしておいてあげなさいと私は、心配して相談に来られた方に言います。

  ただ、エッチ本については一度は迫力もって、女っていうのはこれがすべてだと思ったら大間違いだからね、といっておきたいですね。性的な存在だけではないということを。でも、隠しているものを見つけたときにそれをやってしまうと、彼の面子丸つぶれです。それは、配慮してあげるべきでしょう。

広島ブログ

|

« 家庭での性教育(8)あふれる性情報をどうする? | トップページ | 性教育はお休みです。「白熊」です。 »

コメント

はじめまして。「家庭での性教育」シリーズ は 思春期の娘をもつ母親として とてもよい勉強になっています。若い人向けの本はたくさんある とのことですが、先生のお勧めの本を 是非教えてください。我が家では、これまで包み隠していてしまっていたので、まずは本棚においておこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: は~な | 2008年6月 7日 (土) 05時46分

こんにちは(笑顔)
ヤッター!
広島市現代美術館に岡本太郎「明日の神話」の原画
第一号が岡本太郎記念館現代芸術振興財団より
恒久貸与が決定し、来月初旬には、ぼくたちの目に
触れることが実現しました。
市民レベルでの署名活動をしてき成果が
形として現れ報われました。
本当にうれしいです!(笑顔)
こうのみよこさんとも、この喜びを分かちあいたく
報告させて頂きました。
3/19ブログタイトル「明日の神話とハレー彗星」
の気持ちを考えると、最高の幸せです。
だって東京へは予算の関係で当分行けそうに
なかったんですよ(涙)
でもやっぱり広島には必要なものが来れてよかった
です。安心しました。

投稿: まさくん | 2008年6月 7日 (土) 13時52分

はーなさま
ありがとうございます。もうすぐ、私の性教育関連本のネット販売が立ち上がります。(アキハバラ塾の塾生としてです。)それにご案内しますが、でも、今すぐということであれば。お嬢様がおいくつかにもよるのですが。まず、私の「さらば、悲しみの性」(集英社文庫)と、体についての知識をしっかり身につけていただくにはNHK出版の「Sex&ourBody」の二つでしょうか。または、十月社の「思春期ガイド」もお勧めです。本屋さんになければ、私のクリニックには置いてあります。お送りしてもいいですよ。コメント、ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2008年6月 7日 (土) 21時46分

早速 お勧めの本を教えていただきましてありがとうございます。私も早く読みたいので、アマゾンで注文しました。河野先生の 性教育関連本のネット販売 も楽しみです。これからも どうぞよろしくお願いします。

投稿: は~な | 2008年6月 8日 (日) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/41444446

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭での性教育(9)息子の部屋にエッチ本が。:

« 家庭での性教育(8)あふれる性情報をどうする? | トップページ | 性教育はお休みです。「白熊」です。 »