« 後期高齢者医療制度について「いつも見ています」さんから。 | トップページ | どうにもなさけなくて。しつこくてすみません。 »

山口補選。誰のための国家か。

 ここに来て、後期高齢者医療制度について、連日マスコミが取り上げている。今日から、年金からの天引きがされるようになった、とか、いまだに保険証が届かない人が6万人いるだとか、そんな事ばかり言われていて、本質が見えなくなっている。

 この制度のもっているこわというか、残酷さについてはほとんど報道されていない。今日、国会で議員さんたちに対して厚労省の説明会があったようだ。百人を超える議員さんたちがレクチャーを受けたそうで、そして議員さんもよくわからないと言っていた。では、だれがこんなものを決めたのだろう。

 強行採決をした議員さんたちではなかったか。こんな、国民の生死にかかわるような重要な制度を、よくわからないままに決められては困る。

 私のブログのコメントには、ニュージーランドでは、国民だけでなく、旅行者までみんな無料で、手厚い医療を提供している状況を、お二人の方が述べてくださっている。

 結局は、国家とはなんぞや、政治とはなんなのか、これが問われていることだと思う。国家にとっての国民とは何なのか。我々だって、しっかり税金を払ってきている。その税金がどう使われているのか。その使い道を決めるのは誰なのか。

 その使い道を決める国会議員たちを選ぶのも国民。もう、いい加減、国民も目覚めなければ、と本当にそう思う。

 山口で補選が行われる。そのニュースを見て、うんざりした。自民党の候補や応援に来た大物の政治化たちが、まだ「道路の財源を」と言っていた。山口に行くと、本当に驚く。かなりの田舎でも、立派に舗装された広い道路が延々と続く。これまで、「やっぱり山口じゃねえ。総理大臣を何人も出すと、こんなに道がよくなるんじゃねえ。」と、話してきた。それなのに、候補は、国土交通省の出身だというし、「ノーパン○〇○○〇○」のお店の顧客リストに乗っているというし、そしてこぞって道路、道路だ。

 いくら保守が強い土地柄とは言え、岩国の市長選挙に続いて、今回も自民圧勝なんてことになったら、本当に絶望だと思う。選挙なんてと白けていてはいられない。その選挙で、国民の一票一票で、今の国会の状況が作られ、そして、強行採決の連続で、こんな政治がまかり通っているのだから。やはり選挙権は、大切に行使すべきものと思う。

 

広島ブログ

|

« 後期高齢者医療制度について「いつも見ています」さんから。 | トップページ | どうにもなさけなくて。しつこくてすみません。 »

コメント

おはようございます。
昨夜広島市中区幟町にあります
「世界平和記念聖堂」でアントニー・ガウディ建築
スペイン・バルセロナにそび立つ
「サグラダ・ファミリア」日本人初の主任彫刻家
外尾悦郎氏の講演会へ参加しました。
会場は開始10分前には神聖な場にふさわしく
多くの心清らかな方々で満席となりました。
原爆投下後、戦争で同じように疲弊した心を持つ
ドイツ国民の心ある愛の手によって建築された
「世界平和聖堂」の意味を噛み締めながら
安らかな気持ちにさせ下さる、
エリザベート音大出身 上垣内寿光さんの
ギター演奏2曲、中でも「アルハンブラ宮殿」は
よく聴く曲だったので感銘を受けなした。
ガウディの自然を慈しみ、自らの幼少時の孤立体験
が70才を越え魂が呼び覚まさせられ、建築に没頭し
彼の死後も受け継がれている「人間の本来の姿」
を気付かせて下さる素晴らしい講演会でした。
講演後の質問にも謙虚に応えられ
「今上天皇陛下」のエピソードや日本人の伝統に
裏打ちされた、「江戸の文化」や自国を認め、
家族を愛するところからでなければ「真の平和」
は実現しない内容を、やわらかい口調でおっしゃられました。
世界記念聖堂の建物も大切ですが、そこに集われた
一人ひとりから発せられる、自然から学ぶ
謙虚な「言葉を奏でる」人の心からしか
平和は実現しない「真実」が学べ
「郷土ひろしまに生まれて来て本当によかった!」
と思える経験を参加されてた方と分かち合えた
ことを、是非こうのみよこ先生に報告したく
キーボードを叩いてしまいました。
お忙しい時分、お身体をご自愛下さいませ。「感謝」

投稿: まさくん | 2008年4月16日 (水) 11時39分

河野美代子さんの、いろいろダイアリー読みましたら後期高齢者医療保険に関して、同感のところがあり、コメントさせていただきました。

川柳「天引きの 天とは 誰のことなのか」

後期高齢者医療保険税の年金から“天引き”が始まって、お年寄りから苦情が相次いでいる。今になってそんな苦情を言ってる あなた 自民党か公明党に投票したのでは?
まあそれは置いといて、天引きを広辞苑で引くと「貸金の中からあらかじめ契約期間中の利子を引き去ること」「給料などの総額中から初めに一定の額を引き去ること」とある。私が知りたかったのは“天”とは誰(何)のことなのか?であるのに、辞書もそれには答えてくれなかった。
皆さん“天”が誰(何)なのか、知っている人はいませんか。

投稿: 升井紘の「辛口川柳」 | 2008年4月16日 (水) 19時31分

まさくんさま
素敵な体験のお話ありがとうございました。
お返事が大変大変遅くなってすみませんでした。この一週間かなり目いっぱいでしたので、こんなことに。本当にごめんなさい。これからもこれに懲りずにどうぞよろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2008年4月22日 (火) 17時13分

「辛口川柳」さま
コメント、ありがとうございました。本当に。「天」とは、「お上」のことなのでしょう。今、この時代は、「お上」の言うまま、決して逆らうこともできず、言いなりのなって苦しまなければならない時代なのでしょう。本当にいつの間にかこうなってしまいました。わたしたちが子供のころは、もっと民主主義の素敵な時代になったと教えられたものですが。せっかくのコメント、お返事が遅くなってすみませんでした。どうぞ、これからもよろしくお願いします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2008年4月22日 (火) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40892019

この記事へのトラックバック一覧です: 山口補選。誰のための国家か。:

« 後期高齢者医療制度について「いつも見ています」さんから。 | トップページ | どうにもなさけなくて。しつこくてすみません。 »