« あれからそろそろ一年。今さらなのだけれど。 | トップページ | お上の体質。 »

かってにコラボ、私の恥ずかしい「はじめての出産」

 広島ブログのメンバーの方たちのコラボ、今日は「出産」だそうで。産婦人科医36年。数々の感動的なお産に立ち会ってきた私としては、あまりに膨大なテーマで。話し始めたら、千の話もできそう。で、考えましたね。私の恥をさらそうか、と。

 実は、私の出産については、とても恥ずかしいことがあって。あまり大っぴらに言えることではないのですが。

 たくさんの産婦さんが出産する姿を見て来て、それは痛そう。かなり痛そう。自分が妊娠した時に、産む時には、痛くて大騒ぎするような恥だけはさらすまいと固く決心していたのです。でも、一体、どれだけ痛いのか。想像が付きません。「ひどーい下痢をしたときのうめくような痛みの約千倍痛い」と聞いても、そんなの実際はわかりはしない。

 でも、そんな不安を落ち着かせてくれたのは、病院の関係の人ではなく、高校のクラスメートでした。すでに二人の子を産んでいる、出産については先輩です。その彼女が教えてくれました。「痛いよ。それは、すごーく痛い。でもね、絶対に我慢できる。」と。その言葉がとても力強く、私を支えてくれました。

 そして、いよいよ陣痛が。初めは我慢できていたのですが、だんだんと強くなっていくと、それは痛い。しかも長い。一体、いつになったら生まれてくれるのか、と、途方にくれそうなほど、いつまでも続きます。とても我慢ができないほどに強くなった時、私は、ハンドバックの中を探りました。

 私は、生理痛がとても強く、いつも「セデス」が欠かせませんでした。それも、予告なく、突然にガーンと痛みが来ます。ひっくり返りそうなほど痛くて、我慢ができません。大急ぎでセデスを飲むと、本当にケロリと痛みは消え、楽になっていたのです。

 そのセデスがバッグにあるのではないか。妊娠して必要がなくなっても、少しは残っているのではないか、と。そして、あったのです。一袋のセデスが。それを私は夢中で飲みました。陣痛が少しでも軽くならないか、すがるような思いで。

 でも、セデスが陣痛に効くわけがありません。まったく効きません。当時、私は大学病院に勤めていて、そこで出産をしたのですが。セデスを飲んだことは内緒です。でも、その後来てくれた母に、「セデスを飲んだけど効かん」と訴えました。母は、大笑いしました。腹を抱えて笑いました。そして、その話がやがてスタッフにも広まっていました。

「産婦人科の医者が、陣痛にセデスをのんだそうだ」と。

 私だって、産婦さんが痛み止めをくれと言ったら、「効かないからだめ」というでしょう。でも、そのときは、私自身の頭がおかしくなっていたに違いありません。陣痛が来始めて、生まれるまでに72時間もかかったのです。精も根も尽き果てての出産でした。

 初めての出産の思い出は、このセデスと、産んだその夜、お腹がすいて、目の前におむすびが浮かんできて眠れなかったこと。この二つなのです。

 二人目を早産してしまったときの思い出はここに少し。「さくら三題」よろしければ読んでみてください。

広島ブログ

|

« あれからそろそろ一年。今さらなのだけれど。 | トップページ | お上の体質。 »

コメント

72時間ですか・・・想像もできません。私は、私立の病院での出産ですし、時間もかかっていません。
そのせいか長女のときは、朝まで一睡もできませんでした。おなかもすきますよね。私立の病院でしたので、朝がきて、焼きたてのクロワッサンサンドが運ばれてきたときには、久々にバターたっぷりのものが食べれて、感動した記憶ばかりが思い出されます。
でも正直、セデスの気持ちわかります。粉のがいいよねぇと、危ない人のように持ち歩いていた時期もありました(汗)粉派ですか、錠剤派ですか?

投稿: しゅんぼうママ | 2008年4月23日 (水) 19時55分

陣痛のさ中、セデスを飲もうなんて、思いつきもしませんでした(笑)

でも72時間は驚きです!!
40時間でもすでにヘロヘロになってたのに
あと32時間もあるとしたら気を失いそうです^^;
いつ産まれるかなんて誰にもわからないのに
「あと何時間で産まれますかっ!?」と何度もしつこく
助産婦さんに尋ねていたのを思い出しました~。

投稿: トラムmom. | 2008年4月23日 (水) 20時37分

一人目の産後に会陰切開がいたくって痛くて、頼んで痛み止めを出してもらいました。そのときに、陣痛のときにも出してもらえばよかった・・って思ったんだけど、効かないんですねぇ。
3日間も陣痛をこらえるなんて、すごく大変ですね。私は2回とも夜中に陣痛がきて夜が明けるまでには生みおわってました。ほんと、人それぞれですね。

投稿: つゆまめ | 2008年4月23日 (水) 21時47分

笑わせてもらいました!

立場が変われば、
そうなるもんなんですね(笑)

投稿: くんちゃん | 2008年4月23日 (水) 22時49分

実は私は土谷病院で子供を二人出産しました。
初めの子供の時に切迫早産で入院もしたので、河野先生を含む4人の女性の先生方にはとてもお世話になりました。(ちなみに2番目の時には河野先生が去られた後でした)
河野先生のそんな「人間くさい」ところが大好きです。女性の痛み、生きる上での痛みをご存知な先生だからこそ信頼できるのです。
時々ハラハラすることもありますが、河野先生の言動に大いに注目しています。
 頑張ってください! ついていきます!
大昔の新聞で「ゲバルト・ローザ」と書かれていた事、そのものの意味はよくわからないですが、とても強い印象を受けてずっと今に至っています。

投稿: 明奈 | 2008年4月24日 (木) 09時43分

72時間は長いですね・・・。
私は一人目でも3時間足らずでした。
でも一人目は陣痛の痛みで「痛い~!」とか「また(陣痛)キタ~!」とか叫びまくってました(汗)。
しかも娘が骨盤まで降りてきたら今度は「うんこ出る~」と何度も言っていました(汗)。
もちろん出たのはうんこでは無く、かわいい娘でしたが(笑)。
後で思い出すと、かなり恥ずかしいな~と思うので、二人目からは陣痛で痛くても声には出さず耐えていました。
その横で旦那は大いびきでしたが(笑)。


投稿: りんご | 2008年4月24日 (木) 09時57分

わはっ!「陣痛=セデス」が頭にインプットされてしまいました。どうしましょ(笑)
これから陣痛を味わう(?)人には「セデス」を思い出して乗り切ってもらいたいです。

投稿: | 2008年4月24日 (木) 10時13分

せ・・セデスですか?!
私も、先生のそんなところが大好きデス♪

おかげさまで(笑)、私は陣痛知らず。
その節は本当にお世話になりました。
先生が駆けつけて下さった時、
どんなに心強かったか!
うれしくて涙がとまりませんでした。

その夜のこと。
看護士さんが「痛かったらすぐナースコールで呼んで下さいね」。
最初の夜だけは麻酔は大盤振る舞い(?)だから、
がまんせずに・・とのことだったのです。
でも、私は「陣痛のつらさも知らずに生んでしまった」
という自責の念から、
この痛みには耐えてみせる!と妙な決意をしたのでした。

すごく痛かったです・・・。
でも、産みの苦しみに比べたら大したことない、
堪え忍ばねば!と
一晩ガンバリマシタ。

翌朝、看護士さんが
「昨夜一度も呼ばんかったけど、痛みなかったん?」
とおっしゃったので、
悲壮な決意の訳を話したら、
「ばっかじゃん?」と大笑いされました。

「そりゃ、陣痛は苦しいけど、見てみんさい。
 昨日自然分娩した患者さん達、もう歩き回っとるよ。
 でもあなたはまだ痛くて動けんでしょ?
 陣痛はなかった分、そうやってがんばってるんじゃけえ、
 素直に麻酔してもらえば良かったんに!」

そうだったのですか・・・。

もうおそらく妊娠することはないので、
陣痛は永遠の謎のまま残りました。

投稿: Hoch | 2008年4月24日 (木) 11時25分

思わず笑ってしまいました・・・
私も出産まであと2ヶ月をきりました。
一人目の陣痛の痛みをすっかり忘れてしまいましたが、42時間かかったので今回は短くなるといいなと思っています。
それにしても72時間は私が今まで聞いた中で最長記録です。
我が子に会えるのは楽しみですが、陣痛はやっぱり恐怖です。

投稿: いおママ | 2008年4月24日 (木) 13時14分

しゅんぼうママさま
どうしてお産が軽かった人が多いのでしょうね。私、ブログには書かなかったけれど、二人目の陣痛が来たときに、「ああ、この痛みだった。一回目で懲りたはずなのに、どうしてまた妊娠してしまったのだろう」と後悔しましたよ。しゅんぼうママ、もう一人。これからでも頑張れるから、いいですねえ。私も三人はほしかったですよ。ざうぞ、頑張って!河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月25日 (金) 23時44分

トラムmom.さま
うーん、痛みを何とかしたいと思いませんでしたか。私、今でもお腹をこわしてトイレでうめいているとき、お産はこんなものじゃなかったなあ、と思いますよ。コメント、ありがとうございました。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月25日 (金) 23時49分

つゆまめさま
どうしてそんなに早くに生まれたのでしょうね。日ごろ、スポーツで鍛えていたのですか。私、筋肉がなくってふにゃふにゃだからでしょうねえ。それにしても、会陰切開の跡、あれも痛いですよねえ。だから、できるだけ私は切開しないようにしています。コメント、ありがとうございました。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月25日 (金) 23時53分

くんちゃくさま
はい。だって、痛いんですよう。どれほど痛いかわからないでしょう。何しろひどい下痢の千倍なのですから。コメントありがとうございました。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月25日 (金) 23時56分

明奈さま
へえ、土谷病院なのですか。早産しかけて長く入院した方なら、私、きっと覚えていると思いますよ。お名前、知りたいなあ。私、いまだに性格はずっこけですが。頑張ってお仕事を続けています。いつかお会いしたときには、どうぞお声をかけてくださいませ。コメント、ありがとうこざいます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月26日 (土) 00時09分

りんごさま
へえ、りんご様も一人目のお子さんでも、超安産だったのですね。でも、痛かったことでしょう。叫ぶ様子が目に浮かびます。そんな人、いっぱいいるのだから、恥ずかしいことではないですよ。叫べば痛みが薄まるような気がしますものね。コメント、ありがとうございました。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月26日 (土) 00時15分

柿さま
はい、インプットされても結構ですが。でも、さっぱり効かないことは、実証済み。ゆめゆめ鎮痛剤に頼ろうなんて思わないことです。でも、無痛分娩でにこにこしながら産む人は、いまだにうらやましいと思いますよ。コラボ、また参加させてくださいませ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月26日 (土) 00時18分

Hochさま
帝王切開でも、それはやはり大変ですよねえ。痛みを我慢するなんて、あまりそんなところにエネルギーを使わなくってもよかったのに。それでなくとも、子育てではいろいろと苦労するものですからね。しばらくお会いしてませんね。またね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月26日 (土) 00時23分

いおママさま
本日はお疲れさまでした。もう、当分あえないのですね。どうぞ、お気をつけて。また広島に帰ってきたら、お子様にも会わせてくださいね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月26日 (土) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40971599

この記事へのトラックバック一覧です: かってにコラボ、私の恥ずかしい「はじめての出産」:

« あれからそろそろ一年。今さらなのだけれど。 | トップページ | お上の体質。 »