« お茶とお花のレッスン・その他 | トップページ | 京都に行って来ます。 »

若い女性にダイエットはいらない。

 診療をしていて、若い女性のダイエットには、ほとほと困っている。育ち盛りの女性がカロリーが不足すると、体重が減る。すると、アット言う間に無月経となる。または、無排卵となる。2キロ減るともう無月経となる。また、急でなくとも、少しずつずっと長い間かけて減っていった場合でも、そのうち、パタととまってしまう。拒食症、神経性食思不振症まで行かなくとも、このような症状で私の元を訪れる若い女性の多いこと。今日一日だけでも、10人はくだらない。

 ダイエットを意識的にしなくとも、若いうちの激しいスポーツでも、無月経となるし、まだ初潮前の場合には、ずっと月経が来ないままとなる。いまや小学生のダイエットも盛んである。

 拒食症のような場合には、小児科や精神科の領域なので、いくら無月経の訴えであっても、専門に回っていただく。無月経だけで、全身状態にまで影響を及ぼしていない場合には、うちで治療をする。

 しかし、やせたままだと、絶対にちゃんと排卵のある月経は戻ってこない。しっかり食べて、体重が上向いた状態でないと、治療が効果を持たない。これが大変なのだ。だって、せっかくダイエットに成功してやせたのを、また食べろ、体重を増やせというのだから。

 彼女たちは、こぞって食べることに罪悪感を持っている。その彼女たちに話す。なぜ体重が減ると月経が止まってしまうのか、そんな説明をした後、

「自分の体重のことだけでなく、世界に目をむけて御覧なさい。この地球上には、貧しくて、食べたくても食べられない人たち、餓死する人だってたくさんいるんだよ。アフリカとか、アジアの国々とか。あなたは?食べようと思ったら、食べられるんだよね。そういう環境にいるということは、すごく恵まれてることなんだよ。食べることは、罪ではない。人生の喜びなんだから。食べてもいいのよ。ああ、おいしい、ありがたいと感謝して食べなさい。」

 こんなことを言っていると、ほとんどの少女がポロリポロリと涙を流す。

 もちろん、太ることができない人もいる。バレリーナとか、新体操の選手とか。そんな立場の人たちは、健康を守るために、ホルモンの投与が必要となる。治療法は、あくまでも本人が選択することだ。みんなみんな女性は月経がちゃんとあって子供を生みなさい、と、そんな人生を押し付けることはできない。私は、一生こどもは生みません。バレリーナとして生きていきます、と、そんな選択があってもよい。

 だから、私は、彼女たちに迫る、「月経は必要か?と。」「自分はこれからどんな生き方をしようと思うのか」と。そんなことが問われる大変なことなのだ。

 だって、一旦体重が減って無月経となったら、それが元のリズムを取り戻すのに、平均5年から7年かかるといわれているのだから。なくなるのは、アットいう間だけとれど、それを戻すのは、大変なことなのだから。

 世はメタボ、メタボの大合唱。でも、肥満は、中年以降の問題としてほしい。若い人は細いほどいいのではなく、健康な体が一番。健康とは、月経がちゃんとあるということ。ホルモンがめぐっているということも条件の一つであるのだから。

広島ブログ

|

« お茶とお花のレッスン・その他 | トップページ | 京都に行って来ます。 »

コメント

先生、実は私の娘は拒食症です。
ある職業に就きたいのがきっかけで、ダイエットに走り、拒食症になってしまいました。
本を読むと、母親の接し方が悪かったからなってしまう、みたいなことが書いてあるのもあり、自分を責めてしまいます。一生懸命やってきたつもりなのに、これからどうしたものか・・・。
娘は病院(精神科)に掛かってます。私も話を聞きにいこうと思ったりもしますが、経済的な理由と、母親である私に、何を言われるか責められそうで恐いのとで、なかなか足が運べません。
つらいです。

投稿: こつこつ | 2008年4月12日 (土) 22時29分

メタボはあまりにセンセーショナルに取り上げ過ぎですね。

女性のやせすぎは害悪でしかない。ウエスト五十八なんてのがアイドルにいますが、絶対サバを読んでます。女子格闘技選手くらいでしょう。明らかにウエスト六十未満なんて。ただ格闘技選手は体脂肪率が極めて低いから参考にならない。

男性も過度に気にして栄養をとらないと筋肉が衰え、要介護状態になりやすくなります。

あと筋肉がしっかりついてのウエストが太いのなら別に問題ないのですが。

投稿: さとうしゅういち | 2008年4月13日 (日) 00時09分

私は若い頃ダイエットではなくストレスから、今で言う拒食症のようになってしまって、結婚するまで正常だった月経が無月経となり、ずっと不妊症で苦しみました。あちこちの病院を転々とし、そのたびに副作用などでホルモンの状態がますます異常となり、辛い日々でした。とうとう薬を飲まなければ生理もなくなりました。転院してある総合病院に行った時、産婦人科部長の医師が「これは、今までの治療が悪かったからこうなった。しかし、訴えてもらっても困るから、自分が責任をもって診る」と。その通り真摯に診療してくださいました。しかし、それでもダメでした。結婚後そうなったのは、夫の母との同居で、今の時代には考えられないほどのイジメを受けて食べられなくなくなったことに原因がありました。
しかし、外国へ2年間居住するチャンスがあり、そこでストレスもなくなり、薬を飲まなくても生理があるようになりました。そして、結婚20年目に息子を授かったのです。女性の繊細な心身の機能に驚きました。

こつこつさんのお嬢さんが拒食症とのことですが、お母様が原因とはっきりいえないと思います。こつこつさんが自分を責められると娘さんも辛いかもしれません。娘さんのストレスが少しずつなくなって、自然に
なおっていかれるといいのに・・・と思います。

投稿: east | 2008年4月13日 (日) 10時03分

私の知り合いにも拒食症の女性がいますが、見ていて痛々しいほどですね…。
細ければ細いほどいいっていうのは、メディアやファッション雑誌、テレビが作り上げた偶像なんでしょうね。モデルさんは仕事だから特別に気を遣って食事も気をつけているでしょうし。
書店でアルバイトをしているのですが、ダイエット関係の書籍、雑誌の数には驚くほどです。しかも中には間違った医学的知識に基づくものも少なくない(汗)
ファッション雑誌なんか、特にその辺りに気をつけて、無理に痩せることはある意味で不自然で危険なことだ、ということを啓発してくれればいいんですが…。

投稿: みやび | 2008年4月13日 (日) 19時52分

こつこつさま
そうだったのですか。ご心配ですね。でも、お嬢様はすでに治療を受けていらっしゃるのですから、ドクターとご本人におまかせになったほうがいいと思います。それに、あなたが原因ということはありませんよ。私は、たくさんの患者さんを診てきています。皆さん、原因はいろいろです。どうぞ、長い目で見てあげてください。もし、いまも広島に住んでいらっしゃるのなら、クリニックにいらっしゃいませんか。お話しましょう。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月14日 (月) 00時50分

さとうしゅういちさま
いますよ。若い女性に中にはウェスト60センチをきる人がたくさん。筋肉も脂肪もなく、骨に皮膚がくっついているような人たちです。信じられないほどのやせ方の人たちです。ただ、メタボの検診のウェストの計測は、一番細いところではなく、おへその高さですので、一番出っ張ったところですね。果たしてこれに必死になる必要があるのか疑問です。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月14日 (月) 00時56分

eastさま
貴重な体験をお話いただいてありがとうございました。とてもご苦労がおありだったのですね。最終的にお子様に恵まれたということで、ほっとされた方たちもおありでしょう。ありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月14日 (月) 00時58分

みやびさま
テレビでいろいろな国のドラマをみていて、主人公がやせているのは、日本だけです。日本でも、昔の映画やドラマはとても健康そうな女性が主人公なのです。男性も女性も、適度に脂肪が付いていたほうがよいという発想にかえていかなければ、と思うのですが。コメント、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月14日 (月) 01時04分

若い頃、
どうしてあんなに「やせなきゃ」と思ったかというと、
やはり雑誌やテレビ、映画で見る女性達のスタイルが
「普通」だとの思い込みからだったと思います。
とは言っても、
根性のない私ですからダイエットが成功したことは一度もなく、
常に健康的な体型でした。
こういう体型の人を主人公に映画を撮ってくれればよいのに・・・。
もう遅いですが。

でもこの年になると、若いときとは違います。
ちょっと油断をするとすぐにぷよぷよ。
健康のためにダイエット!です。

投稿: Hoch | 2008年4月14日 (月) 15時27分

はじめましてsweat01

私は 無月経になって大分たちます

始めは 友達関係が原因で
なってしまいsweat01それから体重はみるみる痩せていきsweat01
痩せることに快感を覚え

食べる=罪悪感に空回れ同時は38キロになってしまいました。今は、42キロです
しかし、今だ無月経のままで とうとう20になってしまいsweat01

食べることが恵まれているのにと頭ではわかっているのに受け入れられていません。今は、20なのに骨は50ですsweat01

痩せて得るものなどデメリットばかりですね。

一生治らないと思います。
長々とすいませんでした

投稿: みぃ | 2009年8月 2日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40858778

この記事へのトラックバック一覧です: 若い女性にダイエットはいらない。:

« お茶とお花のレッスン・その他 | トップページ | 京都に行って来ます。 »