« モンゴルのテムレーンさんとひさまつ産婦人科 | トップページ | 東京にいます。 »

いい子ほど大変なことになるということ

 昨日は、夕方ひさまつ産婦人科での診療を終えて廿日市の医師会に行った。そこでは、小児の心身医学の研究会が毎月一回開かれている。小児科のドクターや精神科のドクター、心理療法士、学校の教師等が集まっての研究会だ。私は、そこで「産婦人科からみた最近の思春期模様」のタイトルで話をした。

 5年前にこの会で話をしたことがある。その後もずっとこの研究会が続いていて、もう110回を越えている。すごいと思う。毎月毎月、これだけ継続して行うというのは、並々ならぬ努力、それも中心になって会を運営するドクターと、毎回出席して勉強をする方達の双方が、本当にすごいと思う。

 私の話、5年前に話した時と今では何かが変わっているだろうか、から始めた。そう、確かに変わっている。決定的に違うのは、性行動の低年齢化、これはあきらかだ。今や、中学生の妊娠は珍しくもない。ロリコン相手の小学生の売春だって、私の所にもあるし、他のドクターの報告もある。

 このような中で、特に対応が困難だった患者さんの例を挙げての報告を行った。なぜそうなるのか、そして、その対応は実際どうしたのかなど。現場は大変で、頭を抱えることもしばしばだ。具体的なことはこのネット上では書けないけれど、でもはっきりしているのは、大変なことになってしまうのは、一部の突っ張りさんや家庭的に問題のある子ではないということだ。

 例えば人工中絶が間にあわなくて、初めてクリニックに来た時に、もう産むしかない、となってしまう子。これは、「大変なことになってしまった」と一人抱え込んで、悩んでいるうち、時が経ってしまったということだ。それまで、行動にいろいろと問題のあった子は、友人について来てもらってでも、早くに病院に来ることが出来る。怒られることを覚悟で、「お母ちゃん」とSOSを求める事だってできる。でも、それまで何事もなく、すくすくと育った子。勉強だってちゃんとするし、別に親を困らせることもない、いわゆる「いい子」ほど大変な事態になるということを大人は知るべきだと。

 みなさん大人達は、うちの子は大丈夫と、何の根拠もなくそう思っている。でも、その「うちのこ」は、ちゃんとした知識もないままに、容易に行動を取るのだと言うことも知らないといけない。性教育が後ろ向きになって、そして相変わらず子どもたちの廻りには、いっぱい正しくない性情報が溢れていて、それらに翻弄されているということをも知らないといけない。

 こんな話をした。また、いつか機会を見て、もうすこし詳しく話しをしたい。

 

|

« モンゴルのテムレーンさんとひさまつ産婦人科 | トップページ | 東京にいます。 »

コメント

いい子ほど大変…。
本当にその通りだと思います!

大人が「いい子」の枠にはめてしまうことも
SOSを発することができなくなってしまう
一因なのかもしれませんね。

教員時代には、子どもをめぐる問題は、
どんな子どもにも起こりうる可能性があり、
「うちの子に限って…。」
は通用しないと分かっていたはずなのに、
我が子のこととなると
やっぱり「まさか!」
と思ってしまいそう。

まだまだ発展途上母ですね。

先生か発信のメッセージにはいつも
ハッとさせられることばかりです。

ありがとうございます!

P.S.

先日は素敵なご縁をいただき、
ありがとうございました!
遅くなりましたが、
昨日のブログで報告させていただきました。

コメント欄を借りてのご挨拶、
失礼とは思いながらも、
心からの感謝の気持ちをお伝えしたくて
取り急ぎお礼まで…。


投稿: セラピスト☆マリリン | 2008年3月 7日 (金) 21時13分

コメント失礼いたします。
いわゆるいい子、がこの記事のような事態を生むと問題が大きくなりやすい点として、問題発生時の対処ノウハウの蓄積不足と、今まで積み重ねてきた信用の喪失を恐れ、問題解決を先送りしてしまうことがあるのではないでしょうか。
いい子、であれば怒られることに慣れていない上に、いい子、という信用も大きく築いた分、崩壊のダメージも大きいでしょうから。
家の子に限って、と考える親御さんには、こうした問題は誰の身にも起こり得ることであることを理解してもらわないと、教育をといっても先に進めないのように思います。
数ある「望まぬ妊娠」という失敗体験をいかに全員で共有化し、知識として蓄積していくかも重要ですね。正しい現状認識こそが新たな失敗を防ぐ第一歩ではないでしょうか。

ただ、いい子ほど危ない。という書き方には少々のご配慮を賜りたいと思います。というのも、このような書き方が独り歩きして、ごく普通の真面目な人を傷つける事があるからです。「真面目な人ほどかえって危ない。」という謂われの無いレッテルを貼られる事がありますから。

あと、小学生買春をする男性についてですが、本当に成人女性に興味を示さない専業ロリコン男性だけが行うのでしょうか?
時折耳にする東南アジアへの年少者買春ツアーの参加者など、ごく普通の家庭を持つ「いい大人」が多数であるように聞いています。もちろん年少者買春という性的搾取(虐待)容認する訳ではないですが、ロリコン男性を全て犯罪者若しくは予備軍扱いするのはいかがなものか、とも思います。

投稿: めかちゅーん | 2008年3月 8日 (土) 08時45分

コメント失礼いたします。
ひとつ思いついたのですが、小学生買春は刑法177条の強姦罪に当たるのではないでしょうか。
十三歳未満の女性を相手にした場合、合意の有無は関係ないように記憶していますので、小学生と性行為に及んだ時点でアウトのはずだと思いますが。

投稿: めかちゅーん | 2008年3月 9日 (日) 09時03分

セラピスト☆マリリンさま
コメントありがとうございます。
鞘ちゃんのことねよかったですねる私もまこさんのお父様からご連絡を頂いていました。これからも、お二人の世界が広がっていくことを祈っています。お返事遅くなってすみませんでした。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年3月10日 (月) 16時54分

めかちゅーんさま
いろいろとコメントありがとうございます。ただ、私と目かチューンさまの立場は違って、だから思いもいろいろと違うことは当然です。私は、ロリコンというのは、とてもいやなのです。それは、数々の性犯罪の被害にあった子供たちを見てきて、絶対に許せないからです。性というのは、対等な関係の中で交わされてこそ、とおもいます。子供相手だと、一方的な力関係の下に行われます。もちろん、犯罪であります。頭の中で何を想像してもよろしい。頭の中で人を殺すことを想像するだけでは、誰も批判のしようがありません。私は、あくまでも「行動」した人のことを言っているのであって、その意味であなたが擁護しようとしている人たちとは異なります。それから、「いい子」という言い方がまじめな人を傷つけるといわれますが、性行動をとる子は「まじめでない」ことはありません。まじめな子が行動を取る、そういう状況なのですよ。このようなことを言えるまで、コメントをアップしませんでした。遅くなってすみません。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年3月10日 (月) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40414332

この記事へのトラックバック一覧です: いい子ほど大変なことになるということ:

« モンゴルのテムレーンさんとひさまつ産婦人科 | トップページ | 東京にいます。 »