« 後期高齢者医療・あらためて悔しさが | トップページ | モンゴルの少女と雛めぐり。 »

パソコンケースを頼まれて。

20080331210013  先日も書いた、全国の性教育にかかわっている産婦人科医のネットワークの集まりに行くと、皆さん、それぞれ自分の自慢のパソコンを机の上において、いろいろと論議する。時には、サッサとパワーポイントで自分のデータを示したりしながら。本当に皆さんめまぐるしいほどにさまざまな最新式のパソコンを買い換えては、使いこなしていらっしゃる。小さいのや薄いのや。私のパソコンなんてもう骨董品だ。

 私は、AirHがどこに行ってもインターネットが使えるのが便利だし、とても小型で持ち運びもやさしいので、なかなか手放せないで来た。しかし、あまりに速度が遅い。私がネットカフェに行っていたのも、居場所がなかったせいもあるのだが、そこのパソコンがとても早くて、さっさと動いてくれるので、それが便利で味を占めたように行っていた。

 が、もう時間の無駄、人生の貴重な時間が無駄なような気がして、結局このたび買い換えたのだ。ようやく今、新しいパソコンを使いこなしかけている。とにかく早く動いてくれるのがうれしい。それに、電源につながないで、バッテリーでも、画面がとても明るいままなのがうれしい。昨日なんぞは、私は、時間がなくって、でもブログを書かなければならなくて、結局、風呂やの脱衣室でブログを書いたのですよ。さっさと書けてとてもうれしかったのだ。これで、今度の会でも、皆さんの前に堂々と新しいパソコンを見せびらかすことができる。

 ところで、先日のそのネットワークの会で、マックのものすごく薄いパソコンを持ってきている先生がいた。とても美しい。みんなでワアワアと言ってそれを見たのだが。その先生が、「河野先生、これのカバーを作って。真っ赤なのがいいなあ。」と言われたのだ。おんなじパソコンを持っている先生が素敵なバックに入れているのを見られたから。

 で、いいですよ。とは言ったのだが、正確なサイズも図らないままに帰ってきて、そして、デザインをうんうんと考えて、結局、出来上がったのがこれ。写真はどうもオレンジっぽいのだが、これは真っ赤のフェルトで、周囲を赤のメタリックの糸で編んだ。

「先生、手をつける?」「いいえ、かばんに入れるから手はいいわ」「ポケットつける?」「ポケットつけたら厚くなるからいらない。ただ、薄いのが入ればそれでいいから」といわれたので、いたってシンプルなただの袋だ。ふたには、三箇所マジックテープをつけた。表にテープを縫い付ける糸が出ないようにするのが結構難しかった。もっといろいろと細工をしたかったけど、このままで。

 さて、気に入ってもらえるだろうか。これから忙しくなるので、あまり好きなこともできなくなるだろう。その前に出来上がってよかった。でも、やっぱり帽子作りの方が気楽で面倒でなくっていいなあと思う。

広島ブログ

|

« 後期高齢者医療・あらためて悔しさが | トップページ | モンゴルの少女と雛めぐり。 »

コメント

AirMacって薄くていいですよね(^ー゜)b
しかも赤いカバーってうらやましい!
わたしも赤は大好きなんですよo(^-^)o

そういえば、ルービック教室今週末からはじまりますよ。

投稿: きのぴーです | 2008年4月 1日 (火) 09時21分

きのぴーさま
ご無沙汰しています。私、文化センターのルービックキューブに申し込もうとしたのですが。4月4日と6月は大丈夫なのですが、5月2日が講演にでかけていて出席できないのです。連休なのですが、2日にするのですか、とたずね、そうだといわれ、そして3回のうちの1回がだめなのなら、とそうなってしまったのです。残念で。金曜日だから大丈夫だと思ってたのに。と、そうなのです。どうもすみません。また、機会がありましたら、よろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年4月 3日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40710897

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンケースを頼まれて。:

« 後期高齢者医療・あらためて悔しさが | トップページ | モンゴルの少女と雛めぐり。 »